先日の三笠宮寛仁親王殿下のエッセーが明らかになって以来、女帝、女系天皇に関する議論が高まっている中・・・

皇位継承「長子優先」案で調整、簡明さなど重視

 小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)は7日、第15回の会合を開き、月内の報告書とりまとめに向けた議論を行った。
 残された最大の論点である皇位継承順位については、男女を問わず、出生順に継承順位が決まる「長子優先」案で調整することになった。
 この日の会合では、吉川座長が女性・女系天皇の容認などを内容とする報告書の原案を示した。皇位継承順位をめぐっては、長子優先案と、女子の後に弟が生まれた場合、弟を優先する「兄弟姉妹間での男子優先」案の二つが検討された。
 関係者によると、長子優先案について、「分かりやすく、順位が早く定まる」という長所を挙げる声が多かった。皇位継承資格を男系男子に限った現行制度とは大きくかけ離れることについても「おおかたの国民の理解は得られる」との意見が大勢だったという。
 会合終了後、吉川座長は記者団に、「皇位継承順位について結論は出ていないが、(意見は)集約の方向に向かっている」と述べた。三笠宮寛仁さまが、自身が会長を務める福祉団体の会報で女性・女系天皇の容認に疑問を投げかけたことに関しては、「それによってどうということはない」と述べ、有識者会議の議論に影響しないとの考えを示した。
 皇族の範囲に関しては、有識者会議は、女性皇族が結婚後に皇籍を離脱する現行制度を改め、結婚後も皇族にとどまり、宮家の創設を認める方向で調整している。
 有識者会議は月内にもう一度、会合を開いて報告書をまとめ、小泉首相に提出する。首相は7日夕、記者団に、来年の通常国会に皇室典範の改正案を提出する方向で準備を進めていることを明らかにした。

-----------------------以上引用-----------

 只でさえ僅か10人程度の「有識者」とやらで日本の国のあり方を根本から変えようとしているのに、親王殿下の「発言」に対し「どうということはない」とは何事か!一体何様のつもりか!不敬極まる!
 そもそも小泉は何をそんなに急ぐのか?一体どれだけの国民が歴史を理解した上で「女帝」と「女系」の違いを理解しているのか?そういう事をまたもや何らの説明もせずに強行しようとしているのか?
スポンサーサイト
2005.11.08 Tue l 皇室関連 l コメント (0) トラックバック (4) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/86-9297685f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
■有識者会議の目的 有識者会議の議事録を解読した結果ですが、彼らの目的が解りました。 有識者会議の最終目的は、女系を認めさせ「皇族(あるいは皇室)を増やすこと」、言い換えると「皇族利権の確立」にあるということです。 要するに、お金の力や政治力でもって「皇
「皇位継承順位、長子優先で最終調整(皇室典範の有識者会議)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、...
紀宮内親王殿下がご結婚召され、黒田清子さんと名乗るようになった。今日この寿ぐべき事こそ、女系天皇容認論を駆逐する為の鍵となるのだ。
2005.11.15 Tue l 帝國愁報
 今日は寛仁親王殿下が会報に載せられた『ひとり言』をご紹介する。 読売新聞が「三笠宮寛仁さま、女性天皇容認に疑問…会報にエッセー」なる誤報記事を書いたため、いまだに皇位継承の問題点が解っていない人が多い。「初代・神武天皇から連綿として一度の例外も無く、..
2005.11.27 Sun l 悪の教典楽天市場店