原発マフィア安倍

 あの東日本大震災そして福島第一原発事故から5年1ヶ月、再び日本列島そして日本国民は大地震の脅威にさらされている!

熊本地震被害1

熊本地震被害2

熊本地震被害3

 4月14日夜の「前震」そして16日未明の「本震」と2度にわたる震度7という過去に例を見ない今回の熊本震災だが、その震源域は「別府ー島原地溝帯」に位置する布田川断層・日奈久断層などの活断層群であり、これらは中央構造線断層帯に属すると考えてよい!
中央構造線

 そして、問題なのはこうした中央構造線に直近した位置に、仇臭電力「川内原発」や屍酷電力「伊方原発」が立地しているという恐ろしい事実だ!
川内、伊方原発と中央構造線

 そうした現実を踏まえ、現在稼働中である川内原発1、2号機について、直ちに稼働を停止させるべきとの世論が起きるのは当然至極である!
署名提出

 しかるに、原発マフィアの一味である凶人安倍一味と原発推進委の田中俊一は、そうした国民から湧き上がる危機感を一笑に付して「停止させる必要ないと判断」と称して免震重要棟すら整備されない川内原発の稼働続行を決定したのだ!
バカ1
免震重要棟建設せず

 そもそも、「免震重要棟」は福島第一原発事故を踏まえて改正された原子力規制法、その中の「新規性基準」に設置が義務付けられた重要施設だ!
 しかも凶人安倍一味は世界レベルから見て時代遅れな「新規制基準」を「世界一厳しい」と大絶賛した上で、その基準を満たしているから『安全』と称してきたのではなかったのか!
新規制基準
新規制基準2

 そうした「原理原則」を満たしていないにも拘らず、再稼動を認めたこと自体がそもそも論外なのだが、近傍で「震度7」を2度連続して記録した『大震災』が現に発生した以上、『万が一』を考えて行動するのが政治の役割ではないのか!
 それなのに、凶人安倍一味や原発推進委の田中俊一ら原発マフィアどもは、そうしたことを一切無視している!その姿勢には福島第一原発事故以前の『原発安全神話』にたいする反省や事故の教訓を学びとって生かすという発想が全く見られない!
安倍の名言

 奴らにあるのは『原発で自分たちが儲ける』その1点に尽きるといっても過言ではない!
アベノ本音


 これは、今もなお不自由な「国内難民生活」を強いられている福島第一原発事故の被害者のみならず、「脱原発」を望む多くの国民を愚弄する行為だ!

 いずれにせよ、今回の熊本地震は日本中が「活断層の巣」であり、いつ何時巨大地震に見舞われるかわかったものではないことを改めて示したものだ!
日本中で震度7!

 そんな厄介極まる国土である以上、危険この上のない「原発」は断じて再稼動させるべきではない!それを理解せぬ原発マフィアはまさしく「国賊」であると断じて良いのだ!













 
スポンサーサイト
2016.04.22 Fri l 脱原発 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/753-13adb369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://twitter.com/noiehoie もし政権が、「熊本の地震のような事態に対応するため、憲法変えて基本的人権を一時的に停止できる『緊急事態』を!」という主張と「今のところ、川内原発の運転を停止する必要性は認めない」って主張を並立させるのならば、政権の言ってることは「人権は止めるが原発は止めない」ってことになるw >社虫太郎 ‏いやホントこれは、冗談や言葉...
2016.04.22 Fri l 晴耕雨読