日本国憲法14条「法の下の平等」

 少し、日本史の問題となるが、所謂「鎌倉幕府」「室町幕府」における征夷大将軍とその正室を見比べてみると以下の通りとなる。

◎鎌倉幕府
 1.源頼朝     北条(平)政子
 2.源頼家     不明
 3.源実朝     坊門(藤原)信子
 4.藤原頼経    竹御所(源鞠子)
 5.藤原頼嗣    檜皮姫(北条時氏の娘)
 6.宗尊親王    近衞(藤原)宰子
 7.惟康親王    不明
 8.久明親王    惟康親王の娘(実名:不詳)
 9.守邦親王    不明
◎室町幕府
 1.足利(源)尊氏 赤橋(平)登子
 2.足利(源)義詮 渋川(源)幸子
 3.足利(源)義満 日野(藤原)業子
 4.足利(源)義持 日野(藤原)栄子
 5.足利(源)義量 なし
 6.足利(源)義教 日野(藤原)宗子
 7.足利(源)義勝 なし
 8.足利(源)義政 日野(藤原)富子
 9.足利(源)義尚 日野(藤原)勝光の娘(実名:不詳)
10.足利(源)義稙 細川(源)成之の娘(清雲院、実名:不詳)
11.足利(源)義澄 日野(藤原)阿子
12.足利(源)義晴 近衞(藤原)尚通の娘(慶寿院、実名:不詳)
13.足利(源)義輝 近衞(藤原)稙家の娘(実名:不詳)
14.足利(源)義栄 結城氏の娘(実名:不詳)
15.足利(源)義昭 なし
※()書きは「本姓」、現代的な意味での「姓」(苗字)ではなく「氏族」を表すもの。

 これを見れば、嘗ての日本が「夫婦別姓」であったことは一目瞭然である!しかも、一般庶民に所謂「姓」(苗字)が義務づけられたのは、1875年(明治8)に布告された「平民苗字必唱義務令」以降の事であり、しかも「夫婦同姓」に至っては1898年(明治31)制定の『明治民法』まで時代が下るのだ!

 ここまで来ると、疑問が出るはずだが、1875年から98年までの間はどうであったのか?実は1876年(明治9)の太政官指令により『婚姻後の妻の氏は「所生ノ氏」、つまり実家の氏とすること』が定められたのだ!
 1876年当時、夫婦別氏とする理由として以下の3つを太政官法制局が挙げている。
  1.「妻は夫の身分に従うとしても、姓氏と身分は異なる」
  2.「皇后藤原氏であるのに皇后を王氏とするのはおかしい」
  3.「歴史の沿革を無視」

 これを見れば、「夫婦同姓は何億年続く日本の伝統」「別姓を主張する女は不幸になる」としたり顔でほざく凶人安倍一味や莫迦ウヨどもの主張がとんだ「妄想」であることが明白であろう!

莫迦ウヨの妄言1
莫迦ウヨの妄言2

 然るに、先日の最高裁大法廷は、世界で唯一「夫婦同姓」を法的に義務づけている「民法第750条」を合憲と判断したわけだが、その背景には偏狭な価値観を強要する凶人安倍一味の背後で蠢く極右組織「日本会議」と最高裁とのただならぬ関係があるようだ!

日本の常識は世界の非常識

(以下、引用)
なぜ選択的夫婦別姓は最高裁で退けられたのか――シリーズ【草の根保守の蠢動 番外編6】

莫迦ウヨの巣窟

民法733条
1.女は、前婚の解消又は取消しの日から六箇月を経過した後でなければ、再婚をすることができない。
2.女が前婚の解消又は取消の前から懐胎していた場合には、その出産の日から、前項の規定を適用しない。

民法750条
夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。

 16日、この2つの民法の規定に対して、最高裁の判断が下った。

・離婚した男女のうち女性にのみ6ヶ月もの再婚禁止期間を義務づけている民法733条の規定に対しては「違憲」
・婚姻に当たって、夫婦は必ずどちらかの姓(民法上の語用では「氏」)に合わせなければならない「夫婦同姓」を義務づけている民法750条の規定に対しては「合憲」

 極めて鮮やかな対比だ。

 ちなみに、最高裁が法の規定に対し明確に違憲判断を示し、法改正を促すのは戦後10例目。「再婚期間」を定める民法733条問題に関しては、まさに歴史的な判決となった。

 しかしなぜ、夫婦別姓は認められなかったのか?

 裁判官の内、女性が3人しかいなかったことも報じられたが、果たしてジェンダーギャップだけが原因なのだろうか?

「離婚期間」は違憲性が認められ、「夫婦同姓義務」については違憲性が認められなかった今回の最高裁の判断については、様々な見方が提示されている。そのうち最も多いのが、女性判事が全員「夫婦同姓義務」について違憲判断を下した点に注目した、「性差」に基づいた見方だろう。

ウジTVの報道

 最高裁大法廷の判事は十五名。そのうち五名が「夫婦同姓義務」に違憲判断を出した。確かに女性判事三名は全員違憲としているが、男性判事二名も違憲判断を示している。また、同じ法廷が「離婚期間」については、性差関係なく多数意見として違憲判断を下している。性差だけでは説明が付かないだろう。

 ここで注目したいのが、日本会議の動きだ。

◎「夫婦別姓阻止」にかける、日本会議の情熱

 最高裁の判断まで、日本会議の影響を考えるのはいささか陰謀論めいているとお叱りを頂戴するかもしれない。しかし、事実として日本会議界隈は、「夫婦別姓阻止」を、領土問題や教科書問題以上と言っていい熱意で長年にわたり取り組んできたのだ。

 まずは、日本会議の公式サイトに装備されたタグクラウドを見ていただきたい。タグクラウドとは、「そのサイトで利用される語句の出現頻度と更新頻度」を、フォントの大小と濃淡で表示する仕組みだ。出現頻度が高い文字は大きく表示され、最近登場した語句は濃く表示される。

日本会議の主張

「ブラジル」が大きく濃く表示されているのは、直近に、ブラジル日本会議の活動内容を紹介する記事が公式サイトに立て続き投稿されたためである。

 この「ブラジル」を除けば、「夫婦別姓」が尖閣諸島や憲法改正などと並んで、高頻度で利用されていることがわかる。事実、彼らの公式サイトにはご丁寧にも、「夫婦別姓」のためだけのコーナーが設けられている。

 そして彼らは、夫婦別姓阻止をネット上で訴えたり、文書を配布したりするだけでなく、極めて熱烈な運動も展開している。

 2010年、日本会議は夫婦別姓阻止の運動を行うフロント団体として「夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民委員会」を結成した。発起人は、櫻井よしこ、長谷川三千子、工藤美代子などなどのおなじみの顔ぶれ。同委員会は200万筆の一般署名を集め国会議員の賛同人も百名を獲得するといった運動成果を短期間に叩き出している。2010年3月に東京ビッグサイトで開催された「夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民大会」には、全国から5000人を超す参加者が集まったという。この大会に登壇した政治家も、亀井静香、平沼赳夫、下村博文、衛藤晟一と、いつもの顔ぶれである。

 この連載の読者ならもうお気づきだろう。

 この運動手法は「元号法制定運動」から彼らが得意とする「国民運動」の手法だ。上述の「国民大会」の運営も、先日詳細にリポートした、「改憲一万人集会」と全く同じ。彼らは、「元号法制定運動」の成功以降、失敗知らずのこの手法で、立法府に圧力をかけ続けているのだ。

 さらに見逃せないのが、日本会議の会長は、歴代、最高裁元長官が就任してきた事実だ。

 日本会議界隈がその成功体験を初めて味わったのは、上述の通り「元号法制定運動」だ。この運動のために当時の界隈が1978年に設立したのが「元号法制化国民会議」。この「国民会議」はのちに、「日本を守る国民会議」と名称を変更し、日本会議の前身の一つとなる。この団体の設立に並々ならぬ情熱を燃やし、初代会長に就任したのは、最高裁長官を退官したばかりの石田和外だった。また、2001年から今年2015年まで、14年間もの長きにわたって、日本会議会長を務めていたのは、元最高裁長官の三好達。三好は今も、「美しい日本の憲法を作る国民の会」の共同代表を務めており、第一線から退いたわけではない。このように、日本会議と最高裁は、人事面で何かとつながりがある点に、留意が必要だろう。このままいけば、今回の大法廷を代表した寺田長官が、退官後、日本会議会長に収まるのも不自然ではない勢いだ。

◎主戦場は国会にうつったが。。。

 今回最高裁が示した判決は読みようによれば、「こういう話は国会で議論して、国会の立法行為として処理してくれ」と解釈できるものだ。事実、最高裁は「違憲とする根拠がない」という見解を示しただけであり、また、選択的夫婦別姓について憲法上の問題があると指摘したわけでもない。今後、必然的に議論の場は国会に移るだろう。

 しかし、上述のように、日本会議は並々ならぬ情熱を傾けて「夫婦別姓阻止」の運動を展開し続けている。そして、連載で指摘したように、日本会議と日本政策研究センターに代表される「一群の人々」は、「憲法改正の目標は、憲法9条ではなく、緊急事態条項と家族条項の追加だ」という主張を強めている。安倍政権がこの意見と共同歩調をとっているのも連載で振り返った通りだ。

 と、すると、国会での議論は難航が予想される。おそらく日本会議界隈は、憲法24条を変えるという彼らの憲法改正目標を視野に含めて、強固な運動を展開してくるだろう。

 16日の最高裁判断で一旦の区切りを見せた「夫婦別姓」議論だが、日本会議界隈のこれまでの運動実態や、家族条項の追加こそ彼らの憲法改正目標である点を踏まえると、今後ますます目が離せないものとなるだろう。

(以上、ハーバービジネスオンラインより引用)--------------------------------

 今回の「違憲訴訟」において原告達が求めたのは、「原則夫婦別姓」ではなく「選択的夫婦別姓」の導入である!そして最高裁判決でも「国会で議論しろ」と責任を丸投げしたものである。

 然るに、衆参両院で圧倒的多数の議席を有する凶人安倍一味の考えは、「選択的夫婦別姓」の導入どころか憲法を改悪し「家族条項」を入れようとしていることだけでも分かるというものだ!

憲法24条改悪

 要は、「天賦人権説」「国民主権」を公然と否定したように、「個人の尊厳」「法の下の平等」を認めず「国家」を優先させて旧大日本帝国憲法への「先祖返り」を目差す凶人安倍や日本会議などの莫迦ウヨどもにとっては、「選択的夫婦別姓」であっても断じて認められないものなのであろう!
天賦人権説否定
国民主権否定

 ならば、どうすべきか?言うまでもなく、凶人安倍一味と奴らの背後で蠢く「日本会議」一派を主権者自身の手で打倒し、衆参両院で与野党再々逆転を実現させるしかない!

 そしてそれこそが、この日本という「歪みきった」国を根本から破壊し、個人が尊重される「真っ当な民主主義国家」として生まれ変わる唯一の方策なのだ!


「Macを買うなら…」でおなじみの、秋葉館オンラインショップ
もちろん話題のiPodも本体を含め関連商品充実!








スポンサーサイト
2015.12.20 Sun l 政治 l コメント (1) トラックバック (2) l top

コメント

いつも同じ結論「アベ政治が続くかぎり、日本は三流国のまま」になりますね。
結局のところ、思想信条、宗教には一切、無関係に、
アベ政治が続くかぎり、日本は三流国(http://bit.ly/third-rate_US)のままだという結論にしかならないのです。

『違憲立法で格差の固定=国家の私物化』
http://ameblo.jp/aya-quae/entry-12107556166.html
にも書きました。もう第一次アベ内閣のときからなので、未成年の息子とともに「やれやれ」と思っていますよ。それで、いい加減にしてくれ…というと「お前らサヨクか!」「売国奴!」「愛国心がないのか!」などと言いがかりをつけられ、困りますね。

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/626-aa4394a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://twitter.com/toriiyoshiki 最高裁の「夫婦同姓」合憲判決について。 これは「夫婦同姓」には一定の合理性があって憲法が定める「婚姻の自由」には反しない、と認定したに留まる。 民法を改正して「夫婦別姓」を導入することを否定したものではない。 …と理解しているのだが、それでOKですか? >ママサン ‏つまりは、現状と何も変わらなくてもOK...
2015.12.20 Sun l 晴耕雨読
いやぁ、驚きましたね、16日の最高裁判決には。 そうです。 今どきの世の中、 夫婦別姓を認めない民法の規定が、 憲法に違反していないというんですから。 夫婦がお互いに結婚前の姓を名乗って、 どこに不都合があるんでしょうかね。 女性が結婚した途端、別人の姓を名乗ることのほうが よっぽど不都合が多いと、 私なんかは思うんですがね。 幼馴染とか昔...