20150922_1150_v7NPA3Zv_r.jpg


 先のエントリでも紹介した沖縄県の翁長知事によるスイス・ジュネーブでの国連人権理事会での演説が実現し、沖縄県民の多数が反対する米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設が日米両政府によって進められている現状について「沖縄の人々の自己決定権がないがしろにされている状況を、世界中から関心をもって見てほしい」と英語で2分間訴えた。

(以下、引用)

「辺野古の状況を見てください」国連での沖縄知事声明全文(日本語訳)

 沖縄県の翁長雄志知事は21日午後(日本時間22日未明)、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で名護市辺野古への米軍基地建設に反対する声明を発表した。声明は次の通り。

 ありがとうございます、議長。

 私は、日本国沖縄県の知事、翁長雄志です。

 沖縄の人々の自己決定権がないがしろにされている辺野古の状況を、世界中から関心を持って見てください。

 沖縄県内の米軍基地は、第二次世界大戦後、米軍に強制接収されて出来た基地です。

 沖縄が自ら望んで土地を提供したものではありません。

 沖縄は日本国土の0.6%の面積しかありませんが、在日米軍専用施設の73.8%が存在しています。

 戦後70年間、いまだ米軍基地から派生する事件・事故や環境問題が県民生活に大きな影響を与え続けています。

 このように沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされています。

 自国民の自由、平等、人権、民主主義、そういったものを守れない国が、どうして世界の国々とその価値観を共有できるのでしょうか。

 日本政府は、昨年、沖縄で行われた全ての選挙で示された民意を一顧だにせず、美しい海を埋め立てて辺野古新基地建設作業を強行しようとしています。

 私は、あらゆる手段を使って新基地建設を止める覚悟です。

 今日はこのような説明の場が頂けたことを感謝しております。ありがとうございました。

20150922_0245_B0gUOIuM_r.jpg



(以上、沖縄タイムズより引用)-------------------------------------

 この翁長演説の直後、在ジュネーブ日本政府代表が発言を求め、「日本の安全保障には辺野古移設が不可欠だ」と述べ、住民との対話を行う姿勢を強調したようだが、これの一体どこが「住民との対話を行う姿勢」だと言えるのか?!
henoko2.jpg
57b2c0f13c68aac49f2ca085e0f39e1a.jpg

PK2015092202100045_size0.jpg



 このように、「巨大軍事基地建設」に対する反対運動を暴力で弾圧し、様々な投票結果を無視する凶人安倍一味がどうして「世界の国々とその価値観を共有できる」というのか!

 凶人安倍一味が辺野古の巨大軍事基地建設に反対する多くの市民に対して行っている所業は、六四天安門事件において民主化運動を力で粉砕した共産支那となんら違いは無い!

wikipediaTianasquare.jpg


 このような悪逆非道な凶人安倍一味を「正統なる」日本政府であると我ら主権者たる市民は認めることは断じて出来ない!一刻も早く打倒せねばならないのだ!








スポンサーサイト
2015.09.22 Tue l 政治 l コメント (0) トラックバック (2) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/513-8a31b9f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
https://twitter.com/masanorinaito 私は改憲に反対だが、安倍政権は改憲は困難とみて安保法制を強引に成立させた。 その結果、改憲を必要とする軍事力の行使をめぐって、手かせ足かせをはめたようにみえて、その実、米国に要請されれば、政府見解は崩れ、自衛隊員のリスクが高まる愚法となった。 米国をはじめ世界のメディアが、日本は海外で戦闘行為に参加できるようになったと...
2015.09.22 Tue l 晴耕雨読
悲しい暴力です。 警察の対応にも疑問を感じずにはいられないです。 「テントつぶせ」20人襲撃 辺野古ゲート前騒然 沖縄タイムス 9月21日 「このテントを撤去しろ」「愛国心はないのか」。19日深夜から20日未明にかけて、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で起きたテント襲撃事件。座り込みに反対する男女約20人の集団がテントに押し掛け、怒号が飛び交った。カッターナイフなど...
2015.09.23 Wed l 政治Ⅱ