ご真影

本日13年12月23日は、畏れ多くも今上陛下の御年80歳のご誕生日であります!

 皇室を尊崇する一国民としてこの日をお慶び申し上げると共に、天皇皇后両陛下のご長寿とご多幸、さらにはご皇室の益々のご繁栄を祈念いたします。

 陛下におかれては、この1年も連日のご公務や宮中祭祀、さらにはインド公式ご訪問などご多忙の日々をお過ごされておられますが、地方へのご行幸、殊に東日本大震災の被災者を幾度となく見舞われるなど、常に国民と共にあり、一般国民の生活をご心配下さる深き大御心に、一国民として感謝申し上げます。

 さて陛下におかれては、即位の大礼の際、「日本国憲法を遵守し、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓う」と明言されておられ、1946年11月3日の日本国憲法発布の勅語において「朕は、国民と共に、全力をあげ、相携へて、この憲法を正しく運用し、節度と責任を重んじ、自由と平和とを愛する文化国家を建設するやうに努めたいと思ふ。」と述べられた先帝陛下の想いをしっかと引き継いでおられます。

 しかるに、「特定秘密保護法」をはじめとする軍国主義回帰政策を推し進めるファシスト安倍は、言うに事欠いて憲法改正について「私のライフワークだ。何のために政治家になったのか。何としてもやり遂げたい」などとほざいて憲法遵守という陛下の大御心を完全に無視をしている!かかる暴言、妄言は断固許せん!

 もはや、民主主義を愚弄し憲法を蔑ろにするファシスト安倍一味を打倒することは、立場の違いを超えて日本国民全体の共通課題と言えよう!そしてそれこそが1年前の衆院選そして今夏の参院選で売国ジミンを圧勝させてしまった日本国民が取らねばならない責任である!

 少なくともこれだけは言えよう。陛下の大御心と民意を完全シカトする奸賊ファシスト安倍一味と惨稽、ゴミ賣、犬HKなどの御用マスゴミなどに陛下のお誕生日を寿ぐ資格は断じてない! 
スポンサーサイト
2013.12.23 Mon l 皇室関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/496-ab14c7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)