「※投票日は、21日(日曜日)。都合がわるい方は期日前投票を!」

26015_495113810564519_295061902_n.jpg



 日本は無論、子ども達の未来や我々一般国民の運命を左右する第23回参院通常選挙の投開票日が徐々に近づいている!

 選挙戦も終盤に移ってきたが、相も変わらず惨稽やゴミ賣、犬HKなどが「売国ジミンの圧倒的優位は変わらず」などと大本営発表を垂れ流し続けている!

 そう、今の日本は政治権力とマスゴミが結託しており、その民主主義が批判と自浄の能力を欠いて、死にいたる病に侵された状態にあると言えるのだ。

 だが、日本が売国ジミンが忌み嫌う主権在民の議会制民主主義国家である以上、この国の行方を決めるのはあくまで主権者たる国民であることは言うまでもない!

 そこで、子ども達の未来と安心・安全な生活を守りたいのならば、

 1.白紙委任となる棄権は絶対にしない!

 2.TPP推進、増税推進、憲法改悪、福祉切り捨て、原発再稼働推進を主張する売国ジミンには絶対に一票を投じない。


 3.同様にその売国ジミンの補完勢力(南妙煎餅、日本慰辛の怪、罠なNOT)にも入れない。


 4.09マニフェスト反故の責任を取らず、福島第一での被曝被害拡大の責任者(奸直人、詭弁番長枝豆、ノダブー)などがいる糞ミンスにも入れない。

 この四原則を徹底すべきであろう!

 さもなくば、日本は戦前の軍国主義回帰を目指す国賊安倍の売国棄民路線に蹂躙され、被曝被害に恐れおののき、貧富の格差が拡大する中で利権とは無関係な一般国民の多くが米帝の尖兵として砂漠に屍をさらす事になるであろう!


995921_220977364716573_311591043_n.jpg

 そんな夢も希望もない、ましてや安心・安全な生活など望むべくもない暗黒の未来を望むのか?!断じてそんな物好きは居まい。少なくとも私は絶対に嫌であるし、家族にもそんな思いをさせたくはない!

 であれば、来るべき参院選の投票日に取るべき行動は自ずと決まってくるはずではないか!

 まずは7月21日(日曜日)には投票所に足を運ぼうではないか!

181333_339328912867709_342604228_n.jpg

 その上で、民主化された戦後日本が大嫌いで、立憲主義をロクに理解出来ない莫迦ウヨに鉄槌を下そう!
スポンサーサイト
2013.07.16 Tue l 政治 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/474-0a158b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)