打ち上げ成功!


 かねてより我が國の國防上の大きな課題となっていた情報収集衛星の4機体制確立だが、本日残っていたレーダー衛星2号機及び次期光学衛星実証機を搭載したH-2Aロケット12号機が打ち上げられ、衛星の軌道投入も無事成功したようである。

 H2Aロケット:12号機打ち上げ成功 IGS搭載

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日午後1時41分、政府の情報収集衛星(IGS)を搭載したH2Aロケット12号機を鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げた。衛星はその後、分離が確認され、打ち上げは成功した。これでIGSは目標の4基態勢となり、天候に左右されずに地上の全地点を1日に1回以上撮影することが可能になった。H2Aは7号機(05年2月)以降、6機連続で打ち上げに成功した。

 IGSは、北朝鮮の軍事関連施設の監視が主任務となる事実上の「偵察衛星」。光学衛星とレーダー衛星の2基1組で情報収集する。2組4基態勢を目指していた政府は、03年3月に1組の打ち上げに成功したが、同11月に残る1組の打ち上げに失敗。昨年9月に光学衛星1基を、今回残るレーダー衛星1基を成功させた。4基態勢が整ったことで、雲の有無にかかわらず、地上のどの地点でも1日に最低1回、撮影できるようになった。

 12号機は発射後、太平洋上を南へ向かって上昇。400~600キロの予定高度に到達後、第2段ロケットから衛星を分離した。分離高度や飛行経路などは、衛星の周回時間や軌道などが特定されると情報収集に支障が出るとして、公表されていない。

 12号機は全長57メートル、重量352トンの2段式ロケット。1段目には、発射時に強力な推進力を得るため、大小の固体ロケットブースターを計6本(総重量216トン)搭載している。打ち上げ費用は112億円。また、同機には性能を向上させた光学衛星の実証衛星も搭載している。

 打ち上げは当初、15日の予定だったが、天候悪化のために3度延期されていた。



--------------------以上引用-------------------

 打ち上げ成功ヤタ━━━━(v^ー°)━━━━━!!!! 
 再三打ち上げが延期してヤキモキしていたが、H-2Aも続けて打ち上げ成功したし、何にせよ良かった!

 ただ、これだけで喜んでばかりは言えない。我が國の宇宙開発予算や人員の少なさと、『宇宙の「平和利用」に関する国会決議』とそれに基づく政府見解が邪魔をしまくっている。
 先の北鮮による核実験シナの大軍拡に対応し我が國の平和と国民の生命財産を守っていくいくために、我が國独自のインテリジェンス体制の確立が急務である!
 そのためにも40年も前の下らん国会決議を一刻も早く無効化し、僧禍の妨害を排除してより高性能な偵察衛星の開発配備とそれを運用できる体制の確立こそ焦眉の急であろう!
スポンサーサイト
2007.02.24 Sat l 宇宙(そら) l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

おっしゃる通り!
ステイメンさん、こんにちは。
なんと40年前の法律だったんですか・・・。
唖然としますね。これじゃあ世界に取り残されるはずです。
しかし、実は、法律を隠れ蓑にして、ひそかに宇宙戦艦ヤマトの建造が進んでいたりして(笑)
2007.02.24 Sat l ナルト. URL l 編集
日本のロケット技術もだんだん安定してきた感じですね~
北だけでなく中共の監視にも一役買って欲しい!
2007.02.25 Sun l sarah. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/429-b470c203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)