本日は皇太子殿下のお誕生日であります!

□ 皇太子殿下のお誕生日に際しての記者会見の内容
1 会見年月日: 平成19年2月21日
2 会見場所 : 東宮御所
皇太子殿下近影


問1  この1年は皇太子様にとってどのような1年でしたでしょうか。皇室では昨年,秋篠宮家に悠仁様誕生という大きな慶事がありました。ご一家で悠仁様誕生をどのように喜ばれたのか,天皇皇后両陛下や秋篠宮ご夫妻とどのようなやりとりがあったか,率直なお気持ちをお聞かせください。41年ぶりという皇位継承資格を持つ親王の誕生を受けて将来の皇位継承についてどのようにお考えか,また,愛子様のごきょうだいについてのお考えも併せてお尋ねします。

皇太子殿下  この1年を振り返ってみますと,国の内外で様々な出来事がありました。昨年は豪雪その他の自然災害や事故により多くの被害が出ました。今年は雪が少なく暖冬ですけれども,地球温暖化の影響が懸念されます。最近聞いて驚いたことなのですけれども,2040年までには,北極の氷がほぼ溶けてしまうという説も出ているようです。地球規模で起こりつつある温暖化にどう対処していくかが大きな問題だと思います。
 この1年は,特に子どもたちをめぐるいじめや自殺,虐待などの悲しい事件が多く,子どもたちがこのような事件に巻き込まれてしまうことに心が痛みます。子どもたちが安全で健やかに成長できる社会を作ることは大人の責務であると思います。

  国際社会ではイラク情勢や中東和平の問題,北朝鮮をめぐる問題など多くの問題が山積していると思います。いずれの問題も解決に向けて進展が図られることを願っております。

 明るい話題としてはトリノ・オリンピックでの荒川選手の活躍や,WBCでの日本チームの優勝などが挙げられます。

 昨年9月の悠仁親王の誕生を心から喜ばしく思います。御所で,また,秋篠宮邸で,そしてまた,この赤坂御用地を弟夫妻が散歩で連れている折などに会うことがありますけれども,健やかに成長しているようで嬉(うれ)しく思っております。

 愛子の幼稚園の入園は私たちにとって大きな事でした。お陰様で元気に通園しており,幼稚園生活を楽しんでいる様子です。幼稚園の先生方,そしてお友達の皆さんやご家族の皆さんにもとてもよくしていただいており,有り難いことと思います。愛子には今後ともお友達との様々な交流を通して多くのことを学んでいってほしいと思います。昨年11月には「着袴(ちゃっこ)の儀」を無事に終えることができ,ほっとしております。

 雅子にはオランダでの静養などもあり,徐々にではありますけれども,1年前に比べますと,より快方に向かっていると思います。

 私自身としては,皇太子として行うべき活動に積極的に取り組んでまいりました。その中で,この1年を振り返って特に印象に残っているものを一つ挙げるとしますと,メキシコで行われた第4回世界水フォーラムへの出席です。地球温暖化を含めて地球規模での環境問題は,世界的な関心事となっており,その中で水の問題は重要です。これについては,国連では「生命のための水10年」決議や,「水と衛生に関する諮問委員会」の設立などの世界的な組織に加えて,アフリカではアフリカ水閣僚会議が活動を強め,またアジア太平洋地域では,アジア・太平洋水フォーラムが発足するなど,世界の各地で熱心な活動が展開されています。アジア地域は特に水問題の深刻な地域であり,本年12月には,大分県で第1回アジア・太平洋水サミットが開催されます。私もご招待を頂いており,このサミットに出席して,少しでも会議の成功に貢献できればと思っています。

 皇位継承の問題については,私の立場上コメントは差し控えたいと思います。また,愛子のきょうだいについても発言は控えさせていただきます。


問2  雅子さまが療養生活に入られて3年が経ち,去年の秋には,宿泊を伴う地方での公務に出掛けられました。雅子さま自身も「少しずつ快方に向かって過ごしてくることができました」と述べられていますが,現在の雅子さまのご様子や回復ぶり,公務復帰のめどについてお聞かせください。

皇太子殿下  雅子については,天皇皇后両陛下よりご理解とお励ましを頂き,また,多くの国民の皆さんからも温かいお気持ちやお力添えを頂いていることに心から感謝を申し上げます。
 雅子も体調を見ながらできるだけの努力をしており,それに伴い,少しずつ活動の幅が広がり,徐々に快方に向かっておりますが,お医者様が,個々の活動の後に疲れが残ることがあると指摘されているように,活動をどのくらいまとめて行うことができるかその時々で判断せざるをえない状況です。今後大切なことはお医者様のご指導の下,公務であるかどうかを問わずに更に活動の幅を広げていき,そして,個々の活動に自信を深めていくことであると考えます。活動に自信が持てるようになれば,公的な性格のある活動を行う幅もおのずと広がっていくものと思います。

 国民の皆さんにも状況をご理解いただき,長い目で見守っていただきたくお願いいたします。


問3  愛子さまは去年,着袴(ちゃっこ)の儀を迎え,来年は小学校に入学されます。最近の成長ぶりや健康管理,内親王としての今後の教育方針についてお聞かせください。去年の天皇陛下の誕生日会見では,陛下が愛子さまについて「いずれは会う機会も増えて,うち解けて話ができれば」との意向を示されました。両陛下とご一家との,今後の交流の在り方についても,お考えをお聞かせください。


皇太子殿下  愛子はお陰様で幼稚園の生活をとても楽しんでいるようです。また,幼稚園に入り,大きく成長したように見受けられます。園児一人一人を同じように扱うという幼稚園の方針の下で集団生活に溶け込んでいます。この4月から年長組になることを今から楽しみにしています。私たちの教育方針は一昨年のこの会見でも詳しくお話しましたので繰り返しませんが,これが幼稚園の教育方針と合わさって,愛子が名前のとおり,人から愛され人を愛すような人間に育っていってほしいと願っております。
 愛子の健康管理には常に気を配っております。風邪を引くこともありますけれども,これは私自身の幼稚園時代を振り返ってみましてもよく風邪を引いては幼稚園を休んでおりましたので,このようなことを通して,体も丈夫になっていくのだと思います。幸いに大きな病気や怪我(けが)をすることもなく健やかに育っていることを嬉(うれ)しく思っております。

 天皇陛下の愛子に対するお気持ちを大切に受け止めて,これからも両陛下とお会いする機会を作っていきたいと思います。愛子は両陛下のいらっしゃる御所に上がらせていただく前には,畑で作った野菜をとったり,花を摘んで花かごを作ったり,カルタや双六(すごろく),折り紙などご一緒に遊んでいただけるものを用意し,両陛下にお会いすることをいつも大変楽しみにしております。


問4  ご一家は去年の夏,雅子様の静養を兼ねてオランダを訪問されました。皇太子様の私的な外国訪問は異例ですが,オランダ行きを決断された経緯やお気持ちについて詳しくお聞かせください。雅子さまの回復には,なお時間がかかるとの見方もありますが今後もこうした形での外国訪問をお考えになられますか,併せてお聞かせください。

皇太子殿下  外国訪問については,昨年は,3月のメキシコでの世界水フォーラムへの出席や8月のオランダでの静養,そして,9月のトンガ国王陛下のご葬儀への出席などがありました。外国訪問は,日本と諸外国との友好親善の増進や国際会議への出席など重要な活動であると認識しており,今後とも重視していきたいと思います。オランダ訪問については,かねてよりオランダのベアトリックス女王陛下からの有り難いご招待を頂いていたことや,幼稚園の夏休みの期間がオランダ側にとっても都合が良かったこと,両陛下より,温かいご理解を頂いていたこと,さらには,オランダに行くことが雅子の治療上も意味あることというお医者様の意見があったことなどが重なって実現に至りました。オランダ行きは,私たちにとって,オランダ王室の方々と交流でき,また,有意義な体験でした。また,雅子の治療にとっても有益であったと思いますし,愛子にとっても様々な新しい経験をすることができ,良かったと思っています。なお,このような形での外国訪問の計画は,今のところ考えておりません。


問5  羽毛田長官は去年暮れの記者会見で,雅子さまの長期静養を踏まえ,ご夫妻での分担など公務の見直しの必要性について言及し,皇太子様とお話ししたいと述べました。秋篠宮様は去年の記者会見で,天皇陛下の公務の大変さに言及されています。羽毛田長官と公務の見直しについてどのような話をされたのか,皇太子さまが公務についてどのようなお考えをお持ちか,ご自身のライフワークなどへのお気持ちも含めてお聞かせください。

皇太子殿下  すべての公務には,「天皇陛下をお助けしつつ,国民の幸せを願い,国民と苦楽を共にしていく」という皇室のあるべき姿が基礎にあります。その上で,これをどのようにやっていくかについては,今までの公務を大切にしながら,今後,我が国内外の変化によって重要性を増す分野の事柄について,新たな要請がある場合には積極的に考えていきたいと以前にお話をしました。そして,私が当面重視している具体的な分野としては,以下の4つの分野を指摘しました。それらは,環境問題,子どもと高齢者に関する事柄,国際的な文化面での交流と諸外国との友好親善の増進,我が国における産業・技術面での様々な新しい動きについてです。
 我が国内外の変化によって重要性を増す分野の事柄について,あえて一例を申し上げれば,冒頭にも述べました水の問題へのかかわりが挙げられます。私自身の研究分野である水運の問題も水問題の一翼を担うものであり,世界水フォーラムの場において,日本の水運についてのお話ができたことをとても嬉(うれ)しく思っております。水に関して言えば,水運の研究は私の個人的な研究テーマでもありますので,研究を更に今後深めていき,それが公務を果たす上で幾らかでも役立てることができればと思っております。

 ライフワークのご質問がありましたけれども,今も触れましたように,水上交通の歴史の研究は今後とも続けていきたいと思っております。日本のみならず外国にも視野を広げて,人や物の動きを歴史的に研究することによって,現代における新しい動きや交通を媒介とした人と人とのコミュニケーションなどについても理解を深められたらと考えております。

 雅子との公務の分担については,そもそも公務と言いましても個々の活動内容が異なり,公的な性格にも濃淡がありますので,ケース・バイ・ケースで検討して,その検討過程で二人で行うか,私単独か,あるいは雅子単独での活動となるかという答えが自然と出てくると思います。ただ,公務には,ご招待いただく側からの要請があるわけですので,今まで,そのほとんどが私たち二人へのものであることをよく考えて,結論を出していくことが大切だと思います。いずれにしましても,まだ雅子は病気療養中ですので,公務の分担の話は,雅子が回復してからの話だと思います。

 私としては,一日一日を大切にしながら,皇太子として,今行うべき仕事に邁進(まいしん)していく所存です。


<関連質問>

問1  今,殿下が最後におっしゃった,皇太子としての一日一日を邁進(まいしん)していきたいとおっしゃったお言葉がありまして,その前に皇室のあるべき姿として,天皇陛下をお助けしつつ国民と苦楽をともにするというお話しがありまして,殿下ご自身が皇太子という立場の重み,あるいは誇りというものを,これまで昭和陛下,あるいは今上陛下からそういうお話を,皇太子としてのお立場の重みや誇りについてお話をされたことがあるのか,あるいは,ご自身,その重みというのは一番どういうときに感じられるのかということを何か具体的なエピソードを交えてお話しいただければと思いまして,質問させていただきます。

皇太子殿下  私は,幼少のころから昭和天皇のところに今の両陛下とご一緒に上がる機会がいろいろ多くありましたけれども,そのような折に,今の陛下が皇太子としていろいろなことをやっておられる,そういうことを強く感じましたし,それから幸い日常の生活においても,公務によっては成年に達していないと出られないような公務もあるわけですけれども,外国のお客様ですとか,いろいろな方が来られた時に私もご一緒させていただく機会がありまして,そのような折に,今の陛下から皇太子としての在り方というものはこういうものなんだということを,いろいろと小さいころからご一緒することによって学ばせていただいたという感じを強く持っています。
 具体的なエピソードというと,それは難しいですけれども,その折々に今の陛下のなさりようを拝見しながら皇太子というのはやはり天皇陛下をお助けして,そして,いろいろな公務に取り組んでいく,そういったことを今の陛下からお側(そば)にいながら学んできたように思います。


問2  オーストラリアで出版されました「プリンセス・マサコ」という本について,宮内庁と外務省で皇室の方々のご活動やお姿について,明らかに事実と違う部分があり,また妃殿下のご病気についても非礼な記述などがあるとしまして,著者と出版社に対し抗議をされたことをご存知かと思います。両殿下でこの本をお読みになられたことはありますでしょうか。また,この件について思っていらっしゃること,お考えなどがありましたらお話しください。

皇太子殿下  この本については,私は読んでおりませんけれども,内容については,東宮大夫の方からも話を聞いておりますので,大体内容については,把握しているつもりです。ただ,このことについては政府が対応しておりますので,私からそれ以上のことを申し上げることはありません。


問3  3問目の質問の中で愛子様のご様子について,幼稚園に入られてから大きく成長されたと殿下がおっしゃっていたのですが,具体的なエピソードというか,幼稚園に入られてからどういう面でより顕著なご成長が感じられるのか,お聞かせいただきたいのですが。

皇太子殿下  やはり,今までの生活と比べて幼稚園という大きな集団に入って,そこで友達もできて,友達とのお付き合いの中からいろんなことを学んでいるように私には思われます。その中で,特に友達への思いやりみたいなものですね,誰かが休んでいたりするととても心配をしたりとか,誰々がちょっと怪我(けが)をしちゃったけれども大丈夫だっただろうかとか,そういうふうな人に対する思いやり,人のことに対する心配というか,そういうことを折々に私も愛子から聞きまして,成長しているんだなというふうに親としても嬉(うれ)しく思うわけです。


--------------------以上引用-------------------

 ホントはお慶び申し上げるべきところであるが、悲しいことだが素直にそうは言えない。その理由は言わずと知れた皇太子妃殿下の問題である。
 1月31日のエントリでも取り上げたが、皇太子妃殿下におかれては、年が改まっても相変わらずご皇室にとって一番重要な責務である宮中祭祀をサボりまくっておられる。ご病気故に公務を欠席されるのはやむを得まい。かと言って産後間もない秋篠宮妃殿下もご参加されている宮中祭祀、特に歴代諸帝の祭祀を蔑ろににされるとはいかなる了見か!

 宮中祭祀なぞ理解もしようとしないマスゴミ共は、ご皇室も欧州並みに「開かれた王室」にすべきとほざく。しかしその「開かれた王室」として紹介される欧州の王室は実は他国から迎えられたというのが珍しくない。その代表たる英王室にしても、現王朝は元を正せば1714年にステュアート朝断絶により現ドイツのハノーファー選帝侯ゲオルクが国王として迎えられたのを起源としている。
 つまり外国人が王様ということであり、絶対王政の時代ならいざ知らず王朝の存続を図るため、国民と融和するためにも「開かれた王室」を目指さざるを得なかった訳である。
 そのあげくがダイアナ元王太子妃の死亡や王室メンバーの度重なるスキャンダル報道に至ったわけである。
 それでも英王室王位継承権第三位のヘンリー・チャールズ・アルバート・デイヴィッド・マウントバッテン=ウィンザーは、サンドハースト王立陸軍士官学校を卒業し、一近衛騎兵連隊士官としてテロが絶えないイラクに派兵されるから立派なものである。

 無論、陛下が軍の大元帥であられ、皇族男子が陸海軍の軍人となった
明治憲法下と異なり憲法改正の手続き法制定すら覚束ない現在の我が國において、皇族男子が率先して自衛隊に入るという事は考えにくい。 

 であればこそ我が國及び国民の平和と安寧を願う皇室祭祀は極めて重要である。その重要な皇室祭祀をサボり続ける皇太子妃殿下のありようは決して許せるものではない!

 皇太子殿下は今回のご会見において「皇太子というのはやはり天皇陛下をお助けして,そして,いろいろな公務に取り組んでいく」とご発言されておられる。当然と言えば当然である。ならば尚のこと、それを更にお助けするべき皇太子妃殿下の事はどう考えておられるのか。
 いくらご病気といえど、孝明・大正・昭和の歴代諸帝の祭祀にすらまともに出ない人を次期皇后として冊立して良いのか!

 本来なら言祝ぐべき皇太子殿下のご誕生日であるが、ご皇室並びに我が國の将来を考えた時、現皇太子妃殿下がその地位に相応しい人物か今一度問い直すべきである!
スポンサーサイト
2007.02.23 Fri l 皇室関連 l コメント (22) トラックバック (0) l top

コメント

雅子妃は工作員
私は,雅子妃は(本人の意図はともかく)皇室を内部崩壊に導くために送り込まれた工作員である,と思います.
というのは,父親が売国官僚・母方祖父はチッソ.しかも本人もあの通りの人間性.
そうなれば,左翼が「この女を皇室に送り込んで皇室を自壊させよう」と企んでも不思議ではない.
(なお,皇太子殿下に小和田雅子氏を紹介したのはかの高円宮妃.)

昭和天皇陛下は雅子妃に反対され,故後藤田正晴氏も「皇居にむしろ旗が立つ」と反対.
雅子妃はお妃候補から削除.皇太子もそれを了承.
ところが昭和天皇崩御の後またもお妃候補に.
しかも,皇太子殿下と雅子妃の“再会”が極めていかがわしい.
このあたりのことは↓

「Lost and Found」様
http://blog.livedoor.jp/fanny_valentine/archives/50853355.html

「桜花-愛するニッポン」様
http://news-japan.jugem.jp/?eid=282#comments

団藤重光の件も然り.

早い話が,敵は今のような状況になることを期待していたということです.
その計画が今まさに実行されている.

さらに
「なぜ女性・女系天皇ではいけないのか」

特別対談:中川八洋&渡部昇一 『致知』2006年2月号 p.62-p.71 

「新・へっぽこ時事放談」様から
http://hepoko.blog23.fc2.com/blog-entry-133.html


「草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN」様から
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-247.html

>>■この天皇制度自然消滅の革命シナリオは、1993年の皇太子殿下ご成婚の頃から具体化されたようだ。小和田家の家系からして、内親王の誕生しか期待できないと踏んだ。

>>■内閣法制局は、2001年12月の愛子内親王ご誕生と同時に、『文藝春秋』2002年3月号に、「女性天皇容認!内閣法制局が極秘に進める これが『皇室典範』改正草案」という題の論文を載せ狼煙を上げた。

ご成婚と女性・女系天皇への工作は同時期だったわけですよ.
あるいは小和田恒は次期天皇の義父という立場から徳仁天皇をあやつるつもりかもしれません.

「株式日記と経済展望」様から
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/f498b6d23fc6578c8328b1187d1c605c

極めて危険です.
2007.02.24 Sat l ブルーフォックス@東宮問題解決. URL l 編集
オランダ静養・・・
>両陛下より,温かいご理解を頂いていたこと

よく言うよ~両陛下へは何の相談もなく事後承諾だと陛下の会見でもいわれていましたよね~

自分の好きな事だけやることがやりがいのある公務ですか~鑑賞公務と都内レストラン食べ歩きを認めてくれって言われてもね。

しかも反日の巣窟である国連大学(従軍慰安婦の集会がよく行われる・元副学長はチュチェ思想の大家)でなんの勉強でしょう?
ここまで胡散臭い妃殿下なんて歴代で初めてですよね。

今年はドイツへ行かせろと一騒動するんでしょうね。
でも・・・精神がおかしな人を海外に出すのは日本の恥です。公務・祭祀完全になってから海外への話をすべきです。
2007.02.24 Sat l damedakorea. URL l 編集
【某所より引用しました】
【某所より引用しました】
無題 名前: 名無し [2007/02/28,16:17:03] No.30433
東宮御一家(小和田王朝)廃嫡への国民運動を拡げましょう!

・東宮御一家の提灯記事が掲載されている週刊誌は購入しないようにしましょう。
(コンビニ・書店などで、立ち読みで済ませる:不買運動)

・東宮御一家の提灯記事が掲載されている週刊誌を銀行・美容院・病院などで
見かけたら『気分が悪くなる』と周囲に聞こえるように独り言を呟きましょう。

・ニュースやワイドショーで東宮御一家の事が放送されたら『気分が悪くなる』と
TV局に苦情を申し入れましょう。

・『皇室には敬意を感じるけど東宮御一家は嫌いだ』と周囲の人達に伝えて
賛同者を増やして行きましょう。(特に雅子妃は嫌いだ、と)

・この東宮御一家廃嫡への運動を、他の掲示板にも投稿して多くの人達に呼びかけ
幅広い国民運動に盛り上げましょう。(投稿・ブログ・知人へのメールなど活用)

・皇太子一家の提灯記事を掲載する女性誌に真の国民の声(世論)を届けましょう!
(盆暗・ロイヤルニート・公務しない・祭祀しない・静養ばかり・Etc)

  女性自身  info@jisin.jp
  週刊女性  shukanjosei@mb.shufu.co.jp
  女性セブン josei7@shogakukan.co.jp

以下は私が追記

【宮内庁】
http://www.kunaicho.go.jp/

mailto:information@kunaicho.go.jp

〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1
03-3213-1111(代表)

2007.03.01 Thu l ブルーフォックス@東宮問題解決. URL l 編集
せんべい疑惑…ですか
管理人様,皆様,閑話休題ですが,代理トラックバックです.

「株式日記と経済展望」様から
2006年9月30日
皇太子殿下ー雅子さまー大鳳会ー創価学会ー池田大作の
ネットワークが出来上がっている。皇室典範改正も創価の仕業?
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/0697a47952954ab5d38dc01aadf0c991

「Lost and Found」様から
2007年03月02日
池田大作は帰化した在日朝鮮人と雅子妃創価疑惑
http://blog.livedoor.jp/fanny_valentine/archives/50863545.html

是非検証が必要と思います.
事実であれば最早東宮ご一家はそろって廃嫡しかありません.
2007.03.03 Sat l ブルーフォックス@東宮問題解決. URL l 編集
怒りがおさまりません。

小和田雅子の妹礼子が、女官になるとの事!

まるで、シロアリのごとく東宮を蝕み続ける反日人小和田一家・・・
朝鮮半島にお帰りいただくしかないのでは?
このままだと、皇室は工作員雅子を筆頭に在日人によって、崩壊させられます。
2007.03.04 Sun l りりー. URL l 編集
りりー様はじめまして
りりー様はじめまして
東宮問題を憂うブルーフォックスと申します.

人間性もさることながら,雅子妃の反日性・左翼性は最早皇族として失格です.

最悪の場合は第126代には秋篠宮殿下に即位いただく処置が必要かと思います.

まずはお口直しを兼ねて拙サイトへお越し下さいませ.
http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list
2007.03.04 Sun l ブルーフォックス@東宮問題解決へ保守派は結集すべし!. URL l 編集
チャンネル桜掲示板様から
チャンネル桜掲示板様から
「反日組織、創価学会情報について」
(投稿順)
チャンネル桜掲示板様から
「反日組織、創価学会情報について」
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=744&forum=1

(新着順)
http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=744&forum=1&order=DESC
2007.03.04 Sun l ブルーフォックス@東宮問題解決. URL l 編集
皇后さま腸に出血、ご静養へ 精神的お疲れ原因か
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/koushitsu/42066/

皇后さま腸に出血、ご静養へ 精神的お疲れ原因か
19:04 この記事についてのブログ(2)

 宮内庁は6日、皇后さまに腸からの出血などの症状が確認されたと発表した。精神的なお疲れが原因とみられ、近く静養に入られる。
 記者会見した宮内庁の金沢一郎皇室医務主管によると、皇后さまは最近、口内炎や鼻出血に加え、腸壁から数回の出血がみられたという。

 皇后さまは2月19日夜、風邪で38度台の熱が出たため一部の公務を休んだが、すでに公務に復帰されていた。
 年に1回行われている定期検診で過去2回、表層性胃炎も続けて確認されており、いずれの症状も精神的なお疲れが原因とみられている。
 関係者は、「週刊誌などで相次ぐ皇室バッシングも影響しているようだ」と指摘している。

 腸壁からの出血は潰瘍(かいよう)ではないことから、粘膜を保護する投薬治療を進めており、身体の抵抗力を高めるため静養に入られることになったという。
 今月21日から25日までの5日間、皇居・御所で静養するほか、29日午後から4月2日まで、宮内庁の御料牧場(栃木県)で静養される予定。その後については、体調を考慮して決定するものとみられる。
 ただ今月末、国賓として来日するスウェーデン国王夫妻の歓迎行事には出席されるという。

 皇后さまは平成5年10月、雑誌の批判記事をめぐる心労から倒れ、一時的に声を失われたことがある。また9年7月には、左手などに発疹(はっしん)が出て帯状ヘルペスと診断され、発熱と激しい頭痛のため入院されている。

2007.03.06 Tue l ブルーフォックス@東宮問題解決へ保守派は結集すべし!. URL l 編集
Lost and Found様より
Lost and Found様より

http://blog.livedoor.jp/fanny_valentine/archives/50890617.html

2007年04月06日
美智子さまの恋文の意図するところ
巷の噂で、この本は橋本明氏が2通の美智子皇后陛下の直筆であることを
鑑定し出版したものであるとしている。

この美智子さまの恋文が千代田派の怨念だとする書き様をしている
あるブログがある。

皇居の落書き2
http://blog.goo.ne.jp/nishidauritarou
(URLのみ追記しました))

このブログは東宮夫妻擁護派のブログらしくプロ市民と思われる
主婦だったり、チリあくたと名乗る人がよくコメントを寄せている。
紀子妃殿下が産み分けをしたなどと卑しい憶測も甚だしいことまでコメントを寄せている。

他の記事では、悠仁親王さまが誕生した時は
一日中テレビを切ったとか・・・何かよからぬことが起きそうで
恐ろしいなどと・・・いうに及ばずなコメントのオンパレードである。

日本の祖であり皇室は神道にあり、創価学会委員の娘を貰った皇太子は
将来象徴天皇となる御仁であるのにもかかわらず
、なんという愚かな選択をされたのだろうかと
誠に嘆かわしい限りである。
ここの管理人さんは雅子妃の最も重要である「創価」についての追求を避けており、ご都合主義なお題目ばかり唱えている。

皇室の繁栄、存続は未来の日本を考える上で必要不可欠な物であると
考えるが、

そもそも、戦争で敗戦国となった日本は、教育から初めGHQが介入し
ここまでダメな国となったのである。

なにせ自国の日の丸の掲揚も国家も歌わぬという
日本の美徳も何もかも失くす様ようにと推し進めた結果がこれだ。

最も顕著な形は、民間からのお妃の入内であった。

巷の噂が真相であれば美智子さまが生んだとされるお子さまは
元皇室関係者も含め嫌がおうでもどなたであろうか推測されるところだ。

ここまで皇室を巡っての攻防戦が続くのも、アメリカの皇族撤廃・
崩壊を願ってのことなのだ。

もし、都市伝説が本当であるなら公家の強かさから
民間人の血が混じった天皇がよもや玉座に座ることなどあってはならないことであろう。

美智子皇后陛下に対し私はなんの遺恨も持ち合わせていないことを
前提にお話をさせていただく。

美智子皇后陛下に至っても
ある日、今上天皇陛下のお妃にと乞われた際、フランスに逃避行なされて御出でである。
今日までの美智子皇后陛下のご公務の取り組みようが物語っているが
まさに政府機関に翻弄され茨の道を歩いてきたのだと心が痛む。

しかし香淳皇后陛下や梨本宮妃伊都子さま、また、溥傑の弟、愛新覚羅溥傑のお妃となった浩さまの嵯峨公爵家の犠牲を考えれば、
美智子さま入内は晴天の霹靂であったと思われるし
もう、宮家もこれで終わりと嘆かれたいうお気持ちも当然と言えば当然であったと
思われるのである。

民間と歩むというお題目なぞどうでも良いから、宮家は宮家の中で繁栄なされれば一番最善であったと思う。
民間人ときっちり線引きして存続してくださっていたならば
妖しげで下賎な雅子妃のようなお家柄のお人を入内させるという、暴挙に及ぶこともなかったのにと思う。
2007.04.06 Fri l ブルーフォックス@東宮問題解決へ保守派は結集すべし!. URL l 編集
愛子内親王殿下マンセーのS員
【こちら様から引用しました】
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/imgboard.cgi

無題 名前: 名無し [2007/04/09,15:07:54] No.35366 返信
>No.35364
>入園式直後のインタビューで
>「とっっっっっても素晴らしいお嬢様っっっ」と感動していた
>品のいいお婆様は、首都周辺で大変有名な創価学会の幹部さんでしたね・・・

この人そうかそうかだったんですか?
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/09,17:27:32] No.35400
そうか、そうか。
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/09,17:30:01] No.35403
わざわざ「ごく自然で」と強調することが、余計に胡散臭さを助長させることをこのオバンは知らない。
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/09,19:07:23] No.35428
この人ですね。記憶にあります。
あまりに感動した風で、しかもカメラを前にあまりに慣れた風だったので、俳優さんでも雇ったのかと思っていましたが、そうかの仕込でしたか・・・そうか

【当該画像】
http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070409150754.jpg
【念のため魚拓】
http://megalodon.jp/?url=http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/img-box/img20070409150754.jpg&date=20070409220500

2007.04.09 Mon l ブルーフォックス@東宮問題解決. URL l 編集
精神科Q&A 様より
精神科Q&A

【1113】一人の女性のために職場が崩壊しそうです


--------------------------------------------------------------------------------

Q: 今、小さな職場が一人の女性を中心に、崩壊しそうな状態です。
この女性が人格障害ではないか、といろいろと調べるうち思い当たりました。
境界性と同じくくりとされる自己愛性人格障害のチェックリストでは全項目にあてはまっています。
彼女の状態を知って、職場の人たちがうまく対処できないかと差し迫った気持ちでメールを差し上げました。
長くなり申し訳ありません。書けば書くほど彼女のそら恐ろしさがうまく伝わらない気がして…

私は30代の団体職員です。
年齢層の高い会社で、30~50代の女性事務職員数名と60代の管理職数名、さらに高齢の役員兼務者という構成です。
問題の女性は50代で、18歳で学卒後は40代半ばまで勤めた経験はなく箱入り娘→箱入り奥様 だとの本人の話です。

この女性はとてもフレンドリーで第一印象が良く、能弁で、あまり関わりの深くない出入りの人達には、まず最初に顔と名前を覚えて頂けるということを誇りにしているような人です。
高齢者が多いので、彼女の年齢とはいえ女性としての可愛らしさを感じる方が多いのが、私の目からも分かります。
ところが、少し関わりを持ってみると、この印象が大変薄っぺらなことに気付きます。

出入りの人達にまめに声を掛けるのも、導入部はワンパターンで、たいていはその後自分の話になります。延々と自分の有能さを誇張した話で、内部の少し分かっている人が聞くとびっくりするような事実と違うことも事実と織り交ぜながら、都合の良いように作ってしまいます。
少し聞きかじったことは、他人の成果でも全部自分のものにしてしまうとか…
あまりに自然なので本人もそう信じているのではないかと思うほどです。

しかし実際には、勤めた経験がないというだけではないほど一人では何もすることが出来ず、また定型業務を定型どおりに出来ず、それをつねに周りに責任転嫁して怒っています。
仕事上トラブルを解決したいと他の職員が提案したり話を持ちかけるとあからさまに不機嫌になり、感情的に泣いたり怒ったりして話になりません。
あるいは定型どおりにすることをバカにして聞き入れません。

さらに悪いのは、またそれをわざわざ脚色して、詳細を知らない周囲の人達に、驚異的な能弁さで既成事実になるまで語り続けるのです。
職場のいじめをなくすには、ミスを誘発する事務処理システムの改善を、などという具合で、自分のことはすっかり棚に上げてしまい、経営問題を自分が告発しているとさえ思っているようです。

最初に職場の構成を書きましたが、これが今最も深刻な問題で、彼女のおかげで人間関係が悪化し、退職者も次々と出て、いまや小さい会社そのものが存続の危機といって良いような状態なのです。
問題は、管理職のうち、最も現場に近くて人事権もあるA氏です。
もともとイエスマン的なところのあるいわゆる“良い人”なのですが、すっかり彼女に取り込まれてしまい、彼が事実を直接知っていることでさえ、彼女が違うといえば、なぜか違うことになってしまう状態です。

一人ではメール1本も打てない彼女に一日中寄り添って、膝を突き合わせてずーっと一緒に彼女の仕事を代行しています。
「やあ、出来ましたね!やりましたね○○さん、さすが」なんてお世辞まで言いながら、女性(○○さん)の手となり足となって、話し相手にもなっています。
私達が彼女に仕事のことを訊ねると、子供のような(ちょっと説明しにくいのですが)甘えた目で彼女がA氏を見やり、子を守る親鳥のように彼が答えたりします。

一方で、誰にもまして彼女から酷い罵詈雑言を浴びているのもA氏なのです。
自分が気に入るように物事が進まないとき、あるいは自分の評価を否定されそうになり必死の言い訳をしているとき、それはもの凄い形相でA氏を恫喝したりせせら笑ったり、責任転嫁して激しく責め立てます。
そこまで大人の男性が言われたら、たまらず一喝するだろうというような酷い言葉でもA氏はそれに付き合い、また寄り添っているのです。
それを横で見ている他の管理職B氏、C氏などは、私達の訴えも併せて、これはどうも問題だ、と思っています。

最近、あまりに彼女のA氏依存と仕事の不履行が目に余るため管理職同士の会合が何度か持たれたのですが、彼女はそれを察知するとB氏、C氏を敵と呼んで、A氏にあらゆる吹込みをしました。
するとA氏は、あっさりB氏やC氏に否定的になってしまったのです。もしかしたらB氏C氏が彼女を問題視したこと自体、A氏は許せなかったのかもしれません。
最初の構成に書いたトップ(高齢の役職兼務者)や、彼と親しい出入りの人まで巻き込んで、彼女の言葉の操作だけでこれほど、と思うほど職場がばらばらな雰囲気です。

いわゆる自傷行為などはなく、遠目にはむしろ魅力的にさえ見える女性です。
ただ、彼女を直接糾弾して退職した人がいたのですが、その人に全部やらせて自分がしたことにしていた仕事が処理できないこともあり、彼女は激怒し、過重労働のための「うつ病」だとして4ヶ月以上会社を休みました。
いまでもうつ病の薬を服用しているそうで、その時のことをA氏と会社の管理問題だとして訴えてやる、と言っています。

彼女は何かの病気でしょうか?私達はどうしたら平穏な会社に戻れるでしょうか?
アドバイスをよろしくお願い致します。


林: この女性は境界性人格障害でしょう。うつ病ではありません(「うつ病」だといって休んでいるとすれば、それは擬態うつ病(2007年3月、復刊されました)というべきです)。そして、管理職のA氏は「お助けおじさん」にあたり、このままではあなたが危惧されている通り、職場は崩壊するでしょう。(「お助けおじさん」については【0735】、さらには【1111】もご参照ください)

彼女を直接糾弾して退職した人がいた

退職者も次々と出て、

このような人が出てしまう前に、何らかの手を打つべきでした。
が、それをいま指摘してもどうしようもありませんので、いま出来ることを考え実行しなければならないでしょう。それは、まず職場の全員が、問題となっている事実についての共通認識を持つことです。
【0233】などにもお書きしましたが、境界性人格障害の人は、他人を操作する術に長けています。この方の次のような行為がそれにあたります。

最近、あまりに彼女のA氏依存と仕事の不履行が目に余るため管理職同士の会合が何度か持たれたのですが、彼女はそれを察知するとB氏、C氏を敵と呼んで、A氏にあらゆる吹込みをしました。

このようなことは、境界性人格障害の方をめぐる対応では、とてもよくあることです。

そして明らかに、ここで最大の問題はお助けおじさんであるA氏です。一定の力を持つ管理職であるこのA氏が手玉に取られていては、状況の改善は全く期待できません。何よりも最初に、A氏に目を覚ましていただくことが必要です。そうなって初めて、実効ある対策が可能になるでしょう。周囲の方々がいくら説明しても万一A氏がお助けおじさんであり続けるようであれば、もう希望はないと思います。A氏に何とか変わっていただくこと。そこから始める以外に手はありません。



--------------------------------------------------------------------------------

精神科Q&Aに戻る

ホームページに戻る

2007.04.10 Tue l ブルーフォックス@東宮問題解決. URL l 編集
面白い分析が
こちらの[2007/04/13,17:25:09] No.36057
面白い分析が書かれています.

http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/imgboard.cgi?bbsaction=disp_rep_form&amode=&blood=20070413122006&parent=36014

>> 無題 名前: 名無し [2007/04/13,17:25:09] No.36057
徳仁親王...彼にとって唯一の励みは
将来の天皇の地位が約束されていること。
自分の生まれの地位以外には何の取り柄もないのだ。

これまでの人生で何一つ、身についたものがない。
常に、皇室一家の中でも出来が悪かった。
皇室の中で唯一、車の免許ももっていない。

真面目という割には学業成績も駄目だった。
いわゆる授業のノートをちゃんと取っているけど、
成績は悪いというタイプの人間。

見た目もよくなかった。背も本当に低い。
小柄の多い皇室の中でも、そのルックスの悪さは際立っている。

そして、こういう人は、激しい劣等感とプライドの高さの
両方も持ち合わせていることが多い。

そして、その唯一、プライドを保たせてくれそうなのが
雅子夫人であり、娘の愛子さんだった。
今まで何一つ、成し遂げられなかった徳仁親王にとって
マイホームパパをする(というか、演じる)ことが
唯一、達成感のあることだった。
しかし、そのマイホームパパも、雅子の公務放棄
娘の愛子の発育の面での疑惑で困難が付きまとう。

そして、子供の時代、母親の美智子が宮中で虐められていたので
その図式を単純に、現在の雅子の状態を当てはめて
自分は、家族を守っている偉い夫になったつもりで、それに酔いしれている。
今まで何一つ成し遂げられなかった徳仁親王にとって
家族を守るマイホームパパを演じることは、初めての達成感を感じる出来事なのだ。

そんなわけだから、実のところ
徳仁親王は、真の意味で、妻の雅子や娘の愛子に愛情を感じていない。
もし、愛情を感じているのなら、発育の遅れのある愛子に無理なことをさせないし
わざわざ影武者までたてて、愛子が優秀伝説を広報しない。

つまり、徳仁親王がもっとも愛しているのは
マイホームパパに見える自分なのだ。
>> 無題 名前: 名無し [2007/04/13,18:55:56] No.36063
つまり雅子もナルも自分至上主義ということですね。
愛情ない家で愛子ちゃん、すごく心細いでしょうね。
だからいつもああいう表情でしつけもしてもらえないんだね。
納得。

皇太子でいたいならきちんと公務くらいしてほしい。
2007.04.15 Sun l ブルーフォックス@東宮問題解決. URL l 編集
国連大学公開講座にはしっかり出席
1つは国連大学公開講座

http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/imgboard.cgi?bbsaction=disp_rep_form&amode=&blood=20070413180610&parent=36060
ナルマサ発見! 名前: 名無し [2007/04/13,18:06:10] No.36060 返信
4/11 国連大学公開講座

動画、UPされました。
http://c3.unu.edu/unuvideo/index.cfm?fuseaction=event.home&EventID=127
赤マルの中がナル&マサ。白のパンツスーツだと思います。

http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/imgboard.cgi?bbsaction=disp_rep_form&amode=&blood=20070413024656&parent=35965

やっぱり行ったのか・・・・・。 名前: 名無し [2007/04/13,02:46:56] No.35965 返信
2007年04月11日
今日は国連大学に行って国際司法裁判所の所長の講演会に参加しました。
で、とりあえず講演会は10分くらい始まる気配がまったくなく…
誰待ち?ねぇ、誰待ち?とか思ってたら ( ̄□ ̄;)!!

前の扉から皇太子と雅子さま入ってきちゃったんですけどーー!!!

※残念ながら、写真はありませんでしたので、
2006年10月25日、皇太子夫妻が行ったという国連大学の映像を
キャプってみたんですけど、この中に二人はいるのか?
<動画>
http://c3.unu.edu/unuvideo/index.cfm?fuseaction=event.home&EventID=110
03:56:00あたりで父が登場してくると思います。
2007.04.15 Sun l ブルーフォックス@東宮問題解決. URL l 編集
すべてを”ご病気”のせいにするな
個人攻撃めいた話でなんですが,東宮暴走をあおる手合いを見逃すことはできません.

佐藤聖子さん日記
http://satoseiko.blog14.fc2.com/

ご自分は精神的な病気とのことでそれはお気の毒ですが,気になるのはその中に東宮問題をはじめ政治的な記事がさり気なく書かれていることです.
東宮問題ではかのプロ市民(いや創価かな?)主婦daily_diary

http://blog.livedoor.jp/daily_diary/

同様,一見無関係なサイトを装い,雅子妃を被害者の側に位置づけて東宮批判をつぶそうとする類型の工作と思われます.

久しぶりにかのサイトで東宮の話でエントリがされていたのですが,

http://satoseiko.blog14.fc2.com/blog-entry-587.html#comment

まだ工作をあきらめてはいないようです.

http://satoseiko.blog14.fc2.com/blog-entry-222.html#comment215

ちなみに彼は女性・女系天皇賛成であり加藤紘一絶対支持者であることをこちらのスレッドで書いています.
そこに本質が見えているわけですが.

http://satoseiko.blog14.fc2.com/blog-entry-423.html#comment

他にもところどころ,左系の記事がありますので探してみてください.

さて,
私も今まで書いてきましたが,雅子妃の行動については“ご病気”であられることを考慮し差し引いても説明できないこと,許されないことが数多くあります.それを忘れてはなりません.

そして,こういう隠れ工作員らは雅子妃の問題行動をすべて“ご病気”のせいにし,“ご病気”を考慮し差し引いても説明できないこと,許されないことを突きつけられると,必死にもみ消そうとしたり,話をそらそうとしたり,無視したり,「無礼」などと脅して発言を封じ込めようとしてきたりします.
そうしたやり口は毅然としてはねつけることです.
2007.06.03 Sun l ブルーフォックス@雅子妃殿下そ. URL l 編集
東宮擁護保守派との論戦
先の長野県立こども病院訪問時に,雅子妃は患者の子供に

>>おやつは?

と尋ねていたと報道にありました.
その病院
http://www.pref.nagano.jp/xeisei/kodomo/

http://www.nurse.or.jp/nursing/qualification/nintei/touroku/show_unit.cgi?mode=category&category=%92%B7%96%EC%8C%A7

は重症集中ケア指定のようですね.

それに対してあまりにも無神経ではありませんか?

さらに過去にも

http://www.kunaicho.go.jp/utakai/utakai-h08.html
>>皇太子妃殿下お歌
 もろ手もちてひたすら花の苗植うる知恵おそき子らまなこかがやく

http://www.kunaicho.go.jp/koutaishi/hidenkakaiken-h14.html
>>その点健康に恵まれた子供を持っているということは,そうでない方もたくさんいらっしゃるわけなので,本当に恵まれたことだと思って有り難いことと思っておりますし

「知恵おそき子」「そうでない子」とはあまりにもひどい言い方ではありませんか?

皇室が国民の敬意を失うようなことをしてよいのだろうか,と申し上げたいのです.
自らそういうことをなされておいて,「バッシングはやめて」もないものです.

先にも言いましたが,論点そらしは左翼の卑怯な逃げのやり口です.
左翼の真似をして,保守としてはずかしくありませんか?
2007.06.03 Sun l ブルーフォックス@雅子妃殿下そして東宮を憂う. URL l 編集
東宮擁護&皇室批判型
立て続けにすみません.
6月24日の「長期株式投資」様からですが,東宮を擁護し他のご皇族を批判する勢力の話が出てきました.

2007年6月24日 (日)
皇太子夫妻は国民に範を示すべきだったのに
http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2007/06/post_8f6c.html

【引用開始】
ヤフーの掲示板には、東宮負債を擁護する人々がいます。おそらくこの人たちは「皇室制度の破壊を願っている」と思います。こんな負債を擁護するなんて、創価学会の人達がそうした行動をしているのでしょうか。「犬の糞でも肥料になって役に立つ、皇太子夫妻は産業廃棄物以下だ」と言われて、擁護できるのでしょうか。東宮負債が何の役にも立っていないのは、今までの行動で事実です。憲法1章の会見を狙う「護憲派」には、望ましい存在でもあります。創価学会も一応、「護憲」ですからね。
 皇太子負債は「他山の石」として見るしかありません。高齢の両親に仕事を引き受けず、、弟や他の皇族に仕事を押しつけ、「マイホーム主義」に徹しています。「サヨク」はこうした生活を好むのでしょう。それが証拠に、サヨクで、皇太子夫妻を批判している人は皆無に近いです。たろと蜂の巣や川西玲子を見てくださいね。他の皇族を批判し、東宮負債を擁護していますから。
【引用終了】
とのことで探してみました.

東宮擁護・他のご皇族を批判する

たろと蜂の巣
福祉国家+皇室批判+社会構造批判+心理学+哲学  ●皇室解体の手引き●
http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/


川西玲子
http://homepage2.nifty.com/sence/colset.html

http://blog.mag2.com/m/log/0000077266/

★川西については他にもないか探しています

もう1つ
皇居の落書き2
http://blog.goo.ne.jp/nishidauritarou

それなのに東宮擁護保守派は東宮批判=皇室批判と思い込んでいるから困ったものですね.
2007.06.24 Sun l ブルーフォックス@雅子妃殿下そ. URL l 編集
他所引用,TBSの番組について
画像タイトル:img20071106131156.jpg -(16 KB)

明日の夜の番組 名前: 名無し [2007/11/06,13:11:56] No.5797 返信
TBSで放送です・・・

「愛子さんがわらった!」ことさらに言われる 女の子って・・・・

「美智子様と雅子様」
紀子様はないのかな・・・・

「知られざる苦悩」
雅子様擁護なのか・・・・

悠仁ちゃん映像がいっぱいあるといいのですけれど・・・
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/06,13:52:22] No.5799
この写真の愛子は、アイプチしてるときだね。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/06,16:57:07] No.5823
知られざる苦悩は紀子様にもあるよね。


>> 無題 名前: 名無し [2007/11/06,19:30:18] No.5842
紀子さまの苦悩は本物の「知られざる苦悩」だから知られてないの。
「泣くのが嫌さに笑い候」ってね。紀子さまは漢ですから。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/06,23:16:59] No.5887
今更「笑った」なんて・・・
愛ちゃん、まるで障がい者のような言われよう
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/06,23:44:22] No.5890
美智子様もアイプチしたら、お若い頃の大きなお目に戻るからしら・・
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/07,00:52:59] No.5895
お世継ぎ悠さまがいらっしゃるのですから
美智子様はお幸せです。かわいい盛りに触れ合える。
これから十年いやもっと、成年式を迎えられるまで
いや悠様のご成婚まで!見届けるくらい
お元気で長生きしていただきたいです。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/07,09:32:25] No.5919
「秋の皇室スペシャル」
 
 http://www.tbs.co.jp/program/koushitsusp_20071017.html


「皇室の近況と天皇家の家族の絆について、
 関係者への取材やインタビューをもとに描くノンフィクション。」

ほんとうに ノンフィクションかな

「この一年、天皇家のお子さま達の健やかなご成長ぶりは注目の的だった。」
そのわりに 報道はすくないですよね。

▼内容
◎ 雅子さまの「いま」
大相撲、バレエ観劇、運動会と、最近、映像でよくお姿を見ることが出来る雅子さま。一方で、予定されていた公務をキャンセルされることもしばしば。
適応障害と診断されておよそ3年。今、雅子さまがどういう状態にあるのかを徹底追跡。現在行われているといわれる「認知行動療法」の世界的権威の分析と、最近のご公務周辺取材を交えて、回復過程の「いま」を伝える。

◎ 雅子さまも興味津々、「動物セラピー」とは?
動物セラピーとは、犬などを使って子供や老人の傷ついた心を癒すもので、ちゃんと「動物介在療法」という正式名称もあるものだ。実は、雅子さまは愛犬のピッピをこの療法に使えるように訓練に参加させている。
その全容と、驚くべき効果を動物セラピーの本場アメリカに飛び、徹底検証。

◎ 本当に凄い!愛子さまの相撲フリークぶり
一家で大相撲観戦され、愛子さまが満面の笑みを浮かべるシーンは記憶に新しいところ。番組は、愛子さまがお好きな「大相撲出世双六」も発見。どこまで大相撲がお好きなのか?その知識は?等々、びっくりの相撲フリークぶりを伝える。

◎ 「愛子さまと机を並べたい」学習院お受験戦線
来春、学習院初等科に進まれる愛子さま。ご学友になれるかも、と願う親御さんも多く、「狭き門」となっている。
そこで、「どんな問題が出るのか」「入学すれば本当に"ご学友"になれるのか」等々、学習院お受験にまつわる素朴な疑問に答える。

◎ 悠仁さま御用達のおもちゃ大捜索
満一歳になられた秋篠宮家の悠仁さま。折々の映像で捉えられたご愛用の「おもちゃ」を大追跡。どこで手にはいるのか、いくらなのか、総力取材。

◎ 美智子さまの「復活」秘話
この夏、14年ぶりにピアノ演奏をカメラの前で披露した美智子さま。録音も許された極めて珍しいこの演奏に、込められた想いを関係者が証言。
さらに、若き日の美智子さまが、やはり心身に不調を来し、「復活」されるまでの知られざるエピソードを、「いまだから語れる」関係者の証言と、新たに発見した秘蔵映像を交えてひもといていく。


なんだ マサコとアイコのことばっかり????

ラテ欄の番組内容には
「スクスクと4人のお孫さま 爆笑感動秘話」
爆笑して感動する・・・どんな秘話なのでしょうか。

「雅子様の体調は?医師も同行の地方公務舞台裏」
舞台裏って
ナルとの公務をブッチして お留守番でホテルの公園を散策してるようすとか?



>> 無題 名前: 名無し [2007/11/07,09:58:26] No.5920
美智子様の本当の孫は「眞子さま、佳子さま、悠仁さま」だよ

愛子は池沼、小和田家の孫だよ
優雅礼節敬愛
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/07,20:05:35] No.5977
テレビ観てたけど凄い雅子マンセーだわw
物は言い様って こういうのなんだろうな
キャンセルした工場に挨拶を…→で何故か左お手振り
頭を下げろ
まぁTBSに言わせりゃ公務ドタキャン&中抜けも次の公務に備えてらしいからなwww
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/07,20:58:16] No.5979
雅子さんマンセー番組で、ガッカリしました。
愛子さん映像も、もうお腹いっぱい。もうイラネ。
秋篠宮ご一家話題が少なすぎる。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/07,21:02:20] No.5982
若き日の現皇后陛下が心身に不調をきたし復活されるまでのエピソードはマジ泣けた。
優しいな・・・陛下(当時の皇太子殿下)
浩宮と腕相撲をする美智子妃・・・温かいな。
しかし、毎度の事ながら天皇陛下はスマートだし皇后陛下は美しい。
浩宮も聡明な子だった。
東宮妃についてはノーコメント。


>> 無題 名前: 名無し [2007/11/07,21:10:17] No.5983
愛子の目つきが時々悪い。横にらみで、怖いよ~
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/07,22:47:28] No.5991
tbsは
「美智子様はこんなに病気してたんだぜ」
「だから まさこぶー もいいだろ」
って感じ?
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/07,23:08:56] No.5992
美智子様のひっそりとした奥日光での真のご静養。
地方公務先で、どの関係者からも「元気そうに見える」雅子。

お辞儀をする「入園前の」徳仁親王。
東宮御所内でさえ両親にがっちり手ツナギされる年長の愛子。

一見、雅子擁護だけど、擁護できてないっちゅうの、、、。


>> 無題 名前: サファイア [2007/11/07,23:26:22] No.5994
朝から楽しみにしていたのですが、とてもガッカリしました。
途中で女子バレーに変えちゃいました。
紀子様と眞子様、佳子様、悠仁様をもっと、もっと映して欲しかった。
紀子様は、ちょっとは映りましたか?
TBSってやっぱりキライだわ。

>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,00:08:24] No.5996
結局 こんなもんかというガッカリな内容でした。

美智子様もこんなに何回も病気で静養してるでしょ。
マサコさまだって 頑張ってる最中だから見守ってあげて。
みたいな。

愛子様 優秀説も
お手本の字をみせて 「すばらしい」だなんてばからしいったら。
墨絵というか ただの墨でのお絵かきも
半紙の端をおさえてるのを 「空間が」どうの・・・って
汚れるのがいやだから とりあえず端っこおさえとこって
手つきにしかみえなかったんですけど。

pasmosuicawp使い分けるバランス感覚って
そもそも 大人と一緒の幼児は料金不要でしょ。
TBS HPの番組内容は
いかにもって感じだったけど
ヤッパリね~

それにしても
今上天皇と皇后陛下
ほんとうに 仲が良くて素敵です。

東宮にはこういうエピソードないよなぁ・・・


>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,00:14:57] No.5997
大野裕先生って愛媛県出身だそうですが
学歴が慶応医学部からしか情報が一切ありません。
小中高はどちらだったかご存知の方いらっしゃいませんか?
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,00:35:49] No.6000
No.5997さん、
愛光中・高校出身です
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,00:39:02] No.6001
沖縄豆記者達のコメント。

「あいこ様が小さい声で「5歳です」といったのがかわいかった。」
そういった子が書いた絵には 
後姿の自分に吹き出しで「え?5歳なの?@@」と。
この「え?」はどういう意味なのかしら。。。

「すごく神聖な感じがした」
やっぱり そう思うんだ・・・と思ったら
その子が書いた絵は 御所の門の絵でした・・・・
ちょっとうけた。

「3人がいつも手をつないで にこにこしてて仲良しだなぁとおもいました。」
といってた子もいた。
その子の絵とともに
子供の絵は「真実」を語るとナレーション。

自分の家の中で いつも手をつないでる家族なんている??
おかしいと思うのは 大人だからなのでしょうかね。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,01:16:20] No.6007
>>No.6000
ありがとうございまーーす!
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,04:09:23] No.6011
途中から見ましたが、思いっきり雅子批判のトーンだと感じました。
見たのは「ご静養」関連でしたが、相次ぐドタキャン、常におそばにはべらしているオーノ医師の存在アピール、わがままによる予定変更の数々・・・・・・など、あらあら、ここまで言っちゃっていいの?という感じでした。さらにその後に続いた美智子様のあまりにもおいたわしくも、けなげなご静養の様子は、そのひたむきさゆえに神々しいまでに美しく、ほっそりと透き通るような美智子様と、ざんばら髪を振り乱している雅子との対比があまりにも鮮明すぎて、番組の意図はあからさまだなあ、と感じたのですが。

あれって、東宮ヨイショ番組だったんでしょうか。こき下ろし特番としか思えませんでした。猫なで声のナレーションの中身は結構きつかったと思います。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,08:14:03] No.6015
ぶはははははw 笑えたね
「ドス恋 相撲観戦の愛子さま」とかいうタイトルが出てきたときは爆笑した。

担当スタッフは、この掲示板もドス子の事件簿にも目を通してるノリだね、ありゃ。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,08:36:44] No.6017
雅丼&アイボ満載の番組でしたね・・・
最初だけ眞子さま、佳子さま、悠仁さまが映ったけど。
あとは不気味な母娘の映像ばっかり!
眞子さまの肉声が聞けたのだけが、唯一の救いかな?
ナルちゃんも、あれだけしっかり育てられたのに、何で自分の娘はちゃんと育てられないんだろう?
やっぱり、アレレだから?
1番の原因は雅丼だろうけど・・・
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,08:43:44] No.6018
昨日の番組、美智子様の美しさ、人間性の素晴らしさばかりが目だった番組で、良かったですね。ご静養はあっても短期間で回復の努力をしておいでです。
大野医師を2度にも渡って紹介したのは、やはり何か批判の意味があるのではないでしょうか?
「医者が密着しなければならないほどなら、出ることは無いよ」とか・・
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,09:02:22] No.6020
愛子様にはほめごろし(古いけど)だと思うよ。
ひさひと様のご尊顔を拝見しましょう。と愛子様笑ったと差をつけてましたし。

愛子様の習字には笑った。
上手ですねって 右側に書いてるのはお手本だろと 確かに上手なお手本でした。
実際に書いてある写真は 雅子様ががっちり手をつかんでるし。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,09:10:37] No.6022
小和田雅子さんが皇室に入ってからの
皇室のみなさんの苦悩と言ったら・・・・。
「すべての苦悩は雅子に通ず」
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,09:26:02] No.6025
奥日光で静養する皇太子時代の今上と美智子様の話がよかったです。
もっと元気になってほしい、と記者たちが「我々はここにいてはいけないんじゃないか。二人きりにして差し上げよう」と記者全員が帰ってしまったってやつ。
いい話だな。あの時代は記者たちも心があったのだな、と思った。もちろんそういう行動を周囲が自然としてしまう、今上と美智子様のお人柄もあると思います。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,09:32:36] No.6026
私も番組を見て、雅子&愛子様援護の・・・とはとても思えず、苦笑。
番組冒頭の愛子様の運動会の映像でも「お鼻ほじほじ」をナレーションつきで2回もアピールしてたしw
「美智子様の苦悩やご静養と雅子様を比較してみてください。違いますよね。」と番組制作側から言われているように感じたな。
あれを見て雅子様おかわいそうに・・・・と思った人はいるんだろうか。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,10:00:43] No.6028
私は雅子を追っかけしてるカメラマンの雅子マンセーぶりに『嫌気』がさして
速攻で電源を切りました。

雅子の顔はブラウン管で観ても吐き気がします。
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,11:33:06] No.6034
秋篠宮家のおもちゃは、近い人の手作り。って放送がよかったです。
心のこもったおもちゃを一つおそばに置いてのご撮影。
でももっとたくさん見たかったですけどね。
引用です.

http://www.yuko2ch.net/mako/imgbbs3jik/imgboard.cgi?bbsaction=disp_rep_form&amode=&page=1&blood=20071106131156&parent=5797

>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,13:37:03] No.6053
①すばらしい皇后様の今→過去をみてもやっぱりありえなくすばらしい完璧なお嬢様
②その完璧な皇后様でさえ悩み苦しみ病む
っていうのを
①入内時には考えられなかった雅子の今のありえない体たらく
②しかしあらためて冷静に過去を検分してみると、やっぱありえない汚点だらけ
③あの完璧な皇后様でさえ病むんだから雅丼みたくイマイチイマニな女が病むのは当たり前
④生温かく見守れや!

って論理すり替えてない?
まあ全体的には「ダメダコリャ」モードにシフト固定だけど
>> 無題 名前: 名無し [2007/11/08,17:20:12] No.6076
見逃したんだけど、この番組の動画あるかしら?
>> (new) 無題 名前: 名無し [2007/11/08,23:09:40] No.6145
録画していたので、ついさっき見ました。
東宮妃擁護のようで、思いっきりプレッシャーかけてるように思いましたね。
雅子妃はあくまで病気療養中なのだから、病気さえ治れば公務に復帰されるはず!と雅子に念を押しているような・・・
見たくないところは早送りしたので、全部は見てないんですけど。
早送りしたのは大相撲と、徳島の公務。
秋篠宮ご一家と両陛下の東宮時代の静養はしっかり見ました。
美智子さまは素晴らしい母でいらっしゃいますね。
きちんとお辞儀をするナルちゃん、ありがとうを言うナルちゃん。
今の愛子さんより年下のはず。
あれでは愛子さんが恥ずかしい。
というより、親の躾が悪すぎるとみんな思います。
2007.11.08 Thu l ブルーフォックス@雅子妃そして東宮を憂う. URL l 編集
Lost and Found様から厳しいご意見
ブルーフォックス@Lost and Found様から厳しいご意見

http://blog.livedoor.jp/fanny_valentine/archives/cat_50033382.html

2007年12月05日
小和田家と雅子妃にまつわる虚像とその実態
雅子さんの学歴ロンダリング

1976年に、田園調布雙葉小学校卒業。3年後、田園調布雙葉中学校卒業。
1981年に、留学先のボストンのベルモントハイスクールを卒業する。

自力で卒業までこぎつけたのはこのベルモントハイスクールのみと
思われる。
1981~1985年6月までハーバード大学経済学部(17~21歳)
同じく小和田父は1979年~1981年、ハーバード客員教授。
教員子弟のコネ入学枠あり。
1986年10月、外務公務員I種試験に合格(22歳)、
87年4月入省(23歳)。
東大は中退。東大は「中途編入」で、共通一次も通常の二次筆記試験も受けていない。

【外務省キャリア】について~ この当時、父親が上司
向上心旺盛なキャリア志向の女性なら「父親が重役職にある所に縁故採用を望む」だろうか?

当時行われていた外交官試験は、通常の国家公務員一種試験と違い、
コネが物を言う。

東大には学士入学で、外務省にも国Ⅰ無しの2世・3世向け外交官試験を受けて簡単な筆記と面接だけで入省している。 

【当時は「外交官試験」という独自の試験があって、そちらの試験を受けた外交官の子女の中で落ちた人が歴代一人としていないというもの。】

外交官試験が国Ⅰに統合されたのは5年くらい前で、それ以来、2世・3世は1人も受かっていない。

向上心旺盛なキャリア志向の女性が、なぜ父親が重役職にある企業の
縁故採用試験をうけるのか?

1988~1990年、オックスフォード大学に留学。(24~26歳)
外務省からの国費(税金)留学。同期留学者のうち一人だけ、
修士資格を取れずに帰国。

父小和田氏は1988~1989年、OECD(経済協力開発機構・事務局はパリ)
日本政府常駐代表。

本来、皇太子妃としての役割を果たして下さっていれば過去の経歴はどうでもよいわけです。

皇太子妃がキャリアがあり、有能でなければならないという
事はなく、ようは、皇太子妃の役割を受け入れやすい環境で
育った若い女性のほうが、望ましい 。
が、なぜか当人及び擁護派が、役割を果たせない言い訳として
華麗な過去を持ち出すので検証せざるを得ない
東大卒業&ハーバード大卒業の超才媛、というイメージを
売り物にするが
実際には東大は学士入学→中退であり、通常言われてるハーバードではなく、
ハーバード傘下にある女子部のカレッジ。
ハーバードについては父親のコネが大きく働いていたと考えられる。

Judge Hisashi OwadaDistinguished Global Fellow 参照
糠澤和夫・真野輝彦・榊原英資の手助け論文写真参照

また、バリバリのキャリア組みというイメージがあるが
そうではないようである。
新聞や週刊誌などで『親子二代で外交官』というような
見出しで、記事や写真掲載されていた事実をみてますが
「お父上がハーバード客員教授時代」のこと。 教員子弟のコネ枠あり。

ハーバードにはアジア人女子&父親客員教授枠で入学して、
ミスター円に卒論を手伝わせて卒業したとなっているが「出た」
と表現したほうが妥当でしょう。

外務省で仕事をガンガンこなしている女性像を抱いている国民が今も
多くいるのでしょうが、そうではないようです。

実質、彼女の勤務年数は、およそ一年半ぐらいではないだろうか。
北米二課に配属になっていたのも在任中の父小和田氏の計らいと
みたほうが自然で、その当時、仕事面でも当時の同僚の評判は
芳しくない評判も聞こえてきています。

また、機密費の不正がこの辺りからやばくなっていたので
皇室は唯一聖域、当時皇太子妃選びに難航していたため
小和田氏や政治家にとって雅子入内は恰好の隠れ蓑であったと
思われます。

日本外交と外務省
問われなかった“聖域”という本まで出版されています。

ここに書かれていることが本当であるかどうか、私にも
分かりません、メディアの真偽も些か疑問に感じる面もあるからです。

※それよりも、何よりも、皇太子が何故、並み居る皇太子妃候補
から冷遇されたのか・・・その理由の方が重要であるのではないかと
思います。

-----------------引用開始----

 首脳会談による日朝国交正常化交渉の再開という成果をあげながら、拉致被害者の安否情報の伝達で、外務省はまたもその“秘密主義”と“隠蔽体質”を批判されました。公金横領につづく一連の不祥事は、ついこの間のことです。
 どうしてこのような事態が連続して起こるのか。すでに何冊かの本も出版されていますが、たんに規律のゆるみやモラルハザードの問題だけではなく、日本の外交政策と、それを担う外務省のあり方そのものにこそ真の原因があるのではないか、というのが本書の著者の見方です。

 たとえば、5億円を超える機密費を横領した松尾・元要人外国訪問支援室長がその地位についたのは1993年10月でしたが、その直前の8月には、『小和田事務次官の下ですすめられた外務省の機構改革により外交政策の策定・推進を受け持つ総合外交政策局(総政局)が新設され、安保理の常任理事国となることが当面の日本外交最大の課題として設定されていたのです。』

 そして翌年3月、小和田国連大使の登場とともに常任理事国をめざしての工作が活発に展開されることになります。その一つの舞台が、国連で多数の議席を占める、したがって総会での“大票田”となるアフリカ諸国であり、そこがまた鈴木宗男議員の活躍の舞台となったのでした。

 世間を驚倒させた外務省の不祥事は、このように日本の外交政策そのものと構造的に結びついて発生したのです。しかしこのようなとらえ方は、マスコミや論壇でもほとんどなされていません。なぜか。
 最大の理由は、ジャーナリズムも学者も、戦後半世紀一貫して外交政策や外務省のあり方に目をふさいできたからだというのが、著者の意見です。その具体的な事例も本書の中で詳細に述べられています。
 その報道も学者も目をそらしてきた“聖域”に、正面から踏み込んで分析・批判を加えたのが本書です。長く在野にあって、国連と日本外交の動向を追跡してきた新進気鋭の研究者によるこの刺激的な日本外交論・外務省論が、外交に対する国民的な注意と関心を呼び起こすきっかけになればと願っています。

    梅田正己 

-------------引用終わり----------
皇室のお妃候補に小和田雅子さんという女性は
リストにさえ載っておりませんでした。
スペインからエレナ王女が訪日された折に、何故か急遽、鉛筆書きで
小和田雅子さんの名前が書き添えられたのです。

ここで、皆さんが知りたいのは、何故急遽鉛筆で書き添えられたのかという疑問
それにはこういう話があります。

『皇室・家族論』芹沢俊介著 洋泉社発行 112ページより

以下は「岩瀬達哉氏が現代(93年3月号)に寄せた『小和田家の娘』に書いてあったこと、だそうです。

84年に皇太子がプライベートのヨーロッパ旅行に行っている。
フランス・アルザス領、ドイツ国境に近いコルマールという都市を訪れいてる。
(ここまでは、週刊誌にも載っていたらしい)

それに女性を伴っていた。その女性が雅子さん。
雅子さんだということを、皇太子が泊まったホテル(ブリストル・ホテル)のオーナーであり、コルマール市の副市長のリエム氏に確認している。

リエム氏は「黒髪で魅力的な瞳の女性」と言っていた。試しに写真を10数枚見せたら、パッと雅子さんを指差した。

スペイン・エレナ王女のレセプション(1986年10月)で会う2年前にヨーロッパ旅行に同伴が本当なら
雅子さんの行動は「かまとと」的としか評しようがない、と締めくくられています
そうして、皇太子との物語が続いてきたわけです。

これでは、お妃候補の良家の子女の両親たちは、
娘が候補に上がるのも屈辱的だと思ったでしょう。

   【ここにあるのはその事実だけです。
          怒涛の雅子入内への華麗なる陰謀でございます】 

1981-1985年、ハーバード大学時代、プリンセス候補だと友人に漏らす。
1984年、皇太子、プライベートのヨーロッパ旅行。
仏独国境に近いコルマールという都市を訪問。

(ここまでは週刊誌にも記載有り) それに女性を伴っていた。
皇太子が泊まったブリストル・ホテルのオーナーであり
コルマール市の副市長のリエム氏は「黒髪で魅力的な瞳の女性」
と言っていた。

試しに写真を10数枚見せたら、パッと雅子さんを指差した。

      『皇室・家族論』芹沢俊介著 洋泉社発行 112ページより
      『小和田家の娘』現代(93年3月号)岩瀬達哉

1986年10月、外交官試験合格。NHKに出演して全国に顔を売る。
1986年10月、写真週刊誌「FOCUS」10/17号で父娘2代の外交官誕生としてグラビアを飾る。           
※なお、同号にはなぜかトップに浩宮の記事も併せて掲載されている。
10月16日、スペイン・エレナ王女歓迎の茶会に飛び入りで無理やり出席、浩宮と顔合わせ           
※タイプ打ちされた、そのパーティーの出席者名簿に、
“手書きで書き加えられていた”のが、雅子さんであった」
(『小和田雅子さん素顔の29年』より)

1986年11月、日英協会のパーティに出席、浩宮と顔合わせ
1986年12月、東宮御所の年越しパーティーに出席、浩宮と顔合わせ
1987年 1月、再び日英協会のパーティーに出席、浩宮と顔合わせ
1987年 4月、外務省入省
1987年 4月、高円宮邸で浩宮と歓談
1987年10月24日、浩宮、学友(賀陽氏)と一緒に御所に雅子さんを招き夕食を共にする
1987年12月20日、雑誌記者たちに対する雅子の指差し恫喝事件勃発

1987年暮れ~88年早々この頃、昭和天皇、他皇族、宮内庁から水俣病やその他の理由で雅子さんはちょっと、と反対される。

富田宮内庁長官の説得により浩宮、一旦あきらめる →雅子、お后候補からはずれる

1988年9月、雅子、英国・外務省からオックスフォード大学に国費留学
1989年1月、雅子との結婚に反対していた昭和天皇崩御
1989年9月、留学先の英国で日本のテレビ局の取材を受け、「私には関係ないと思っております」
1990年6月、オックスフォードから外務省留学同期7人のうち、ただ1人修士を取れず帰国。北米局北米二課に配属

8月16日、東京・五番町の柳谷謙介・元外務次官宅で再会。この再会劇は、外務省(=小和田の父)の肝いりによるもの。

10月3日、外務省による隠密ワゴン車作戦 「鴨場デート」、山形訪問の天皇両陛下を欺く暴挙。
この後、婚約へ

私のブログ内で、「皇室」というジャンルをクリックすると今までの、
雅子妃のあまり宜しくない記事が掲されて居りますので、よければ
お読みください   


fanny_valentine at 16:42 │コメント(0) │トラックバック(0)
2007.12.06 Thu l ブルーフォックス@Lost+and+Found様から厳しいご意見. URL l 編集
未だに雅子妃に対して脳内お花畑な連中も同罪です
今もって雅子妃に対して脳内お花畑な方々も少なくないようです.
私,以下の3箇所でやりあいましたが,もう何を言っても無駄のようで徒労感を覚えました.

http://www2.cocolog-suruga.com/chunenpower/2007/12/post_0092.html
(特にこちらはれっきとした愛国系なのですが,マサコ真理教としか言いようがありません)

http://wont-be-long.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_eb66.html

http://blog.kansai.com/2593/55

ブロガーでもまだまだこういう人が後を立ちません.
彼ら彼女らも雅正日・金雅子総書記と同罪です.

北朝鮮による日本人拉致も,2002年9月17日,金正日自身が拉致を認めるまでは多くの日本人が「北朝鮮がそんなことをするはずがない」「そんな小説のような話がある分けない」と思っていました.

こういう方々は,皇室版9・17が来ない限り眼を覚まさないのでしょうか.
2008.01.29 Tue l ブルーフォックス@未だに雅子妃に対して脳内お花畑な連中も同罪です. URL l 編集
お詫びと訂正
管理人様いつもお世話になります.
1月29日の拙文の3ブログのうち一番下のblog.kansai.com/のサイトだけ削除いただけないでしょうか?
そちらの管理人様から抗議を受けました.
親記事の趣旨は週刊朝日の捏造について糾したことであり,私の指摘の方が論旨に外れているとのことでした.
修正が無理であれば記事ごと削除していただきたく思います.
お手数ですがよろしくお願いいたします.
また,当該管理人様にはご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます.

2008.02.03 Sun l ブルーフォックス@お詫びと訂正. URL l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009.12.22 Tue l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009.12.22 Tue l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/427-4e0f48e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)