1月19日のエントリ南鮮がF-15Kキムチイーグルの配備を進めている最中別機種も含め同クラスの戦闘攻撃機を20機新規導入する予定という軍事上の常識を全く度外視した馬鹿げた計画を進めていることを取り上げました。

 その南鮮空軍ですがさすがは最高司令官があのノムたんだけあって、キムチイーグルの配備直後に早速1機墜としただけでは気が済まないようで、今度は空軍基地内でマンホールにタイヤを落とすという訳の分からないことをやってくれたようです。

空軍のミスでF-15K翼が破損

空軍のミスで1機=1000億ウォン(約120億円)の最新鋭戦闘機F-15Kの翼が破損、空軍が修理方法について頭を悩ませている。軍消息筋が19日伝えたところによると、今月9日、大邱(テグ)空軍基地でF-15K1戦闘機を移動させる途中、右側のタイヤがマンホールに落ち、右側の翼が破損した。

同事故は、機尾の部分から移動させようとして、胴体を回す過程で発生した模様だ。同筋は「滑走路から格納庫まで表示されている黄色のラインに沿って、戦闘機を動かすべきだったが、ラインをはみ出して動かしていたようだ」とし「翼が完全に折れたかどうかは空軍の保安維持のため確認できない」と述べた。

戦闘機を格納庫に移す過程でタイヤがマンホールに落ちる事故はほぼ起きないというのが軍関係者の説明。空軍側は翼を修理する案をめぐって頭を悩ませているものとされる。米ボーイング社で組み立て、空中で給油を受けながら太平洋を渡ってきた事故機を米国に運べる妙策がないからだ。そのため空軍側はボーイング社に技術者の派遣を要請する案を検討中だという。


--------------------以上引用-------------------

キムチイーグル脱輪キタ━━━。゚+.ヽ(´∀`*)ノ ゚+.゚━━━!!!!

 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \さすがはウリナラクオリティ!最新鋭戦闘機を脱輪させるなんてやる事なす事全て斜め上!(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!
 そもそも戦闘機を移動中にマンホールに落とすっていう事態が有り得ねぇ!キャハハッ!!(ノ∀<*)ノ彡☆お腹痛いw!!!!

 母体となったF-15Eストライクイーグルの空重量が約14.5t、最大離陸重量が約36.7tだからキムチイーグルも同程度と考えると、もしかしてマンホールが割れて落としちゃったとか(w
 ともかく普通の國の空軍基地では考えられない事故である。せっかく国民の血税高い玩具を買って貰ったのだから、新戦闘機導入云々をほざく前に基地内の移動ぐらい安全に出来るようになろうね♪


スポンサーサイト
2007.02.20 Tue l 軍事関係 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

滑走路のラインから離れて移動って・・・
そんなスイスイと陸上を走れる乗り物じゃないってのぐらい分かりそうなもんだが('A`;)

ウリナラクオリティは予想を超えすぎるorz
2007.02.20 Tue l スコル. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/425-8eb87ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)