新年あけましておめでとうございますm(__)m
今年一年が皆さんにとって良き年となりますように・・・

 さて、新年早々イキナリだが、自民党議員及び安倍内閣の閣僚に対する疑惑が浮上しているようである

魚住議員に2000万円提供、NPO認証の便宜受けた団体

 福岡県警が出資法違反容疑で捜査している資産運用コンサルティング会社「エフ・エー・シー」(福岡市)の関連団体「WBEF」が、2006年春、自民党の魚住汎英参院議員(66)=比例代表=に別の団体を介して2000万円を提供した疑いのあることが31日、関係者の話で分かった。

 囲碁セットの代金名目だったが、2000万円の価値はなかったという。魚住議員を巡っては、06年春、WBEFの特定非営利活動法人(NPO法人)認証で内閣府に働きかけ、WBEFから議員側にパーティー券の代金名目で240万円が振り込まれていた。

 関係者によると、魚住議員は06年2月ごろ、東京都の任意団体「インド文化協会」の会長に囲碁セットの売買を持ちかけ、会長がエフ社側に買い取りを求めた。エフ社側は同3月末、代金として協会の口座に2500万円を振り込み、会長はうち2000万円を魚住議員に手渡したという。

 囲碁セットは元自民党副総裁(故人)のサイン入りだが、家宅捜索で押収した県警は特別な価値がある品物ではないと判断している。



-------------------以上引用-------------------

松岡農水相秘書がNPO審査照会 大臣の会見と矛盾

出資法違反容疑で福岡県警の家宅捜索を受けた資産運用コンサルティング会社「エフ・エー・シー」(エフ社)=福岡市=の関連団体「WBEF」のNPO法人申請をめぐって、松岡農林水産相=衆院熊本3区=の秘書から、審査状況について照会を受けたとする内部文書を内閣府が作成していたことがわかった。この文書は、福岡県警にも押収されている模様だ。松岡農水相は、WBEFからパーティー券代100万円を受け取っていた問題が発覚した06年9月の記者会見で、農水相自身も事務所も「関係者に接触したことは全くない」と説明。文書の内容通りなら、公の席で事実と異なった説明をしていたことになる。

 朝日新聞は、松岡農水相側に事実関係について確認を求めたが、回答はなかった。

 エフ社は05年12月、起業家育成などを目的とした任意団体のWBEFをNPO法人に認証するよう内閣府に申請した。

 内部文書(06年3月28日付)は、「特定非営利活動法人WBEFについての対応」との題で、3月13日に「松岡利勝事務所の○○秘書から、当該団体の審査状況について照会があり、審査中と回答。秘書からよろしくお願いしたい旨連絡」(○○は秘書の名字)と、記されている。

 担当部署の内閣府市民活動促進課は、この文書について「課内で内部用に作成した可能性が高いが、いまは確認できない」としている。

 WBEFをめぐっては審査中に、金融業の許可がないのに「100万円払うと、投資教材ビデオが送られ、毎月5万円の配当がある」「知人を紹介すると紹介料がもらえる」と宣伝しているなどの情報が内閣府に寄せられていた。結局、WBEFが認証前にNPO法人をうたった冊子を配っていたことなどから、内閣府は06年6月に不認証を決めた。

 WBEFは、秘書が内閣府に照会したとされる約3カ月前の05年12月1日、松岡農水相側にパーティー券購入代金として100万円を支出したが、収支報告書に記載がなかった

 松岡農水相はこの問題が一部報道で明るみにでた当日の9月29日、閣議後の記者会見で「直接、WBEFとのつながりが私も私の事務所もございません」と説明。何らかの依頼や働きかけをしたり、関係者と接触したりしたことはないかとの質問に対し、「それは全くありません」と答えた。10月10日の衆院予算委員会でも「この組織とは全く面識もなく、一切の関係もございません」と答弁していた。

 WBEFのNPO法人申請をめぐっては、自民党の魚住汎英(ひろひで)参院議員=比例代表=が内閣府に7回にわたって審査状況を問い合わせていたことが分かっているほか、魚住議員に対しエフ社側から2千万円が提供された疑いも浮上している。

 内閣府に電話をしたと文書に記載されていた秘書は、朝日新聞の電話取材に対し、「あとで電話する」と言ったまま、連絡がなかった。また、松岡農水相の事務所側に改めて文書で質問状を送ったが、31日までに回答はなかった。



-------------------以上引用-------------------

 正月早々疑惑拡大キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

 この松岡農水相なる人物日朝友好議員連盟に参加しており更にハンナン事件等にも名前が出て「西のムネオ」とも言われるなどロクでもない人物である。

 立て続けに辞任した本間税調会長佐田行革相といい、防衛庁長官としてはその識見を疑われる久間を任命するなど、安倍内閣の人材登用術の程度の低さには呆れ果てる。
 「美しい国」を目指すのであれば、論功行賞人事を廃し信賞必罰を徹底した上で人事を刷新すべきである!
スポンサーサイト
2007.01.01 Mon l 政治 l コメント (2) トラックバック (2) l top

コメント

新年早々
おめでとうございます。

トラックバックありがとうございます。

早々、きな臭いニュースが。
松岡さんの場合、身体検査が足りなかったと云うことでしょうか。
2007.01.01 Mon l inkyo. URL l 編集
実はもうひとりやばいのも居るらしい
ダークホースがもう一人居るのだとか。
それは環境大臣なのだとか・・・。

私は安倍内閣は閣僚のスキャンダルと、国民生活の改善を考えない方向性で倒れると思っています。

倒れなくても、間違いなく国民にNOと言われますね。
はっきり言いますが改憲どころではないでしょう。
2007.01.06 Sat l 三輪耀山. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/375-88df27d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 本間正明さんに続いて佐田玄一郎、次はいよいよと思ったら先に魚住汎英が出て、ついに真打ちが出た。
2007.01.02 Tue l 溶解する日本
この 魚住とかいう国会議員のツラをした893! 何をやったか 65億円ものの債務超過で自己破産 するわ、 「何とか還元水」で全国区となった松岡農水相とセット でパーティー券を250万円分購入した 特定のボランティア団体をNPO認定するよう、 内閣府に口利き したことが