今年も押し詰まった今日12月30日。長きに渡り独裁体制を築き、自国民すら毒ガスで殺すなどやりたい放題やっていたイラクのサダムフセイン元大統領が処刑された。

フセイン元大統領の死刑執行

 イラクのフセイン元大統領(69)に対し、30日午前6時(日本時間同日正午)前、絞首刑による死刑が執行された。AP通信によると、イラク国営テレビは同日、「犯罪者フセインは絞首刑に処された」と伝えた。4半世紀にわたってイラクを強権政治で支配、統治してきたフセイン元大統領は、イラク戦争後の米軍による拘束から3年を経て、“犯罪者”として69年の生涯を終えた処刑場所などは、いまのところ明らかにされていない。

 イラク国営テレビは、また、フセイン元大統領の義弟2人も処刑されたとするとともに、「サダムの処刑は、イラクの歴史の暗い時代に終止符を打った」と伝えた。同テレビは処刑の模様を撮影したとしており、処刑には米軍関係者や聖職者などが立ち会ったという。

 ただ、フセイン元大統領の死刑執行で、事実上の内戦状態ともいえるイラクの治安情勢は今後、さらに不安定化する可能性もある。エジプトやサウジアラビアなどの周辺のスンニ派アラブ諸国などでは、死刑執行で、イラク国内の宗派抗争やスンニ派過激派のテロが起こるとの懸念が広がっている。

 フセイン元大統領は1937年、イラク北部のティクリート生まれ、79年7月に大統領に就任した。イラン・イラク戦争(80-88年)を経て、90年には隣国のクウェートに侵攻、湾岸戦争(91年)で米軍を中心とする多国籍軍と戦った。イラク戦争後、イラク国内に潜伏していたが、2003年12月、米軍により発見、拘束された。

 04年7月に特別法廷により戦争犯罪容疑で告発されたフセイン元大統領は、1982年にイスラム教シーア派住民ら148人を虐殺した罪で起訴され、今年11月5日、1審で旧政権幹部2人とともに死刑判決を受けた。同元大統領は控訴したが、26日にイラク高等法廷で、棄却され死刑が確定同法廷は30日以内の判決実施を表明していた。



フセイン元大統領の歩み

 イラクのフセイン元大統領の歩みは次の通り。

 1937年4月28日 イラク北部ティクリート近郊の農家に生まれる

 57 バース党に入党

 69・11 68年の軍部とバース党のクーデターで指導的役割を果たし、革命指導評議会(RCC)副議長に就任

 79・7 大統領兼RCC議長に就任

 80-88 イラン・イラク戦争

 90・8・2 クウェートに侵攻

 91・1・17 湾岸戦争開戦(4月停戦)

 2003・3・20 イラク戦争開戦

 4・9 バグダッド陥落、フセイン政権崩壊

 12・13 ティクリート郊外に潜伏中、米軍に拘束される

 04・6・28 連合国暫定当局(CPA)が暫定政府に主権移譲

 7・1 イラク特別法廷が戦争犯罪容疑で告発

 05・1・30 国民議会選挙

 4・28 移行政府発足

 7・17 特別法廷が起訴発表

 10・19 特別法廷(後に高等法廷に名称変更)で初公判

 12・15 連邦議会選挙。イスラム教シーア派統一会派が過半数獲得

 06・5・20 正統政府発足

 11・5 シーア派住民虐殺で死刑判決

 12・26 高等法廷が控訴棄却、死刑確定



-------------------以上引用-------------------

 死刑判決確定から僅か4日で処刑かよ!ハヤイヨョョ。+゚(ノд`*)゚+。ョョヨヨ∃オ
 
 これでイラクのスンニ派がどのような反応を起こすか?アルカイダ等の狂信的テロリストが焚き付けるのか?混迷するイラク情勢が落ち着きを見せる一里塚となりうるのか?世界有数の産油國だけあり今後とも注目すべきであろう!

 しかし裁者の末路というのも無惨なものだな!できれば既知外北鮮の金(-Φ-)ブタ!日シナの独裁者こそこのような目に遭えば良いのだがな!
スポンサーサイト
2006.12.30 Sat l 政治 l コメント (2) トラックバック (3) l top

コメント

TBありがとうございました。イザのほうにも登録なされたようですね。あちらにもブログの姉妹版開設されることを待っています。
この件では、サダム・フセインに同情するつもりはありませんが、東京裁判を思い出し米国のやり方には腹が立ちます。
そんな米国と戦略的同盟を維持せねばならぬ我国にも情けなさがつのります。一日も早い自主防衛権の行使への決断が待たれます。

シナの侵略準備が完成するまえに核武装を含む日本の防衛力整備がなされぬ場合は、東アジアは悲惨な動乱がシナによってもたらされるでしょう。我国の国防力だけがそれを抑止できるのですから、世界史的文明史的視点からしても我国は重要な転回点に立たされていることを自覚した外交軍事政策が為されることを願って止みません。
2006.12.30 Sat l マルコおいちゃん. URL l 編集
イラク国民と北朝鮮国民
こんにちは!
イラク国民は、ありもしない大量破壊兵器を理由に、少なくとも北朝鮮国民より幸せな、裕福な生活を破壊され、生命と財産の危機を強いられるのですから、アメリカの罪は重いですね。

石油が無ければ幸せだったかもしれませんね
2006.12.30 Sat l hinomaru. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/373-87cef539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
イラク政府、フセイン元大統領を処刑 今後、問題になりそうなのは、サダム・フセイン元大統領が本当に死刑されたのかどうか、ということか。
日本時間の今日正午前、現地時間では夜明け前になりますが、 イラクのフセイン元大統...
 梟雄サダム・フセインの死刑が今日執行されたようです。 記事を見る限りではなんら目立った動きはありませんが、ブッシュが言うように死刑執行が改善への分岐点となるのかについては?ですね。こりゃもう多くの人が言うとおりにブッシュ政権の都合の上でそうなだけであっ
2006.12.30 Sat l 溶解する日本