さて、今上陛下のご誕生日という慶ばしい日であるが、極めて不快なものに触れなければならない。

 先日紹介し、多くの国民の怒りをかった、反日雑誌「週刊金曜日」主催の「緊急市民集会」とか称した不敬極まる集会に関して、「週刊金曜日」のHPに同誌の公式見解が掲載されていたので以下に転載する。


『週刊金曜日』発 読者のみなさまへ 
 本誌主催の緊急市民集会(11月19日)での皇室パフォーマンスの一部を批判した『週刊新潮』(12月7日号、11月30日発売)の記事を発端とした一連の経過と対応、見解文書をまとめるに至った経緯については、本誌12月22日号で紹介しました。
 以下は、その誌面に掲載した本社の見解表明文書です。

「11・19」緊急市民集会について

 このたび弊社主催の「教育基本法改悪、共謀罪、改憲」をテーマとした「ちょっと待った!」緊急市民集会(11月19日開催)に関し、さまざまなご意見・ご批判を受けましたことについて、下記のとおり見解を表明いたします。

       記

 集会は、教育基本法の改悪や共謀罪の新設、改憲といった潮流に対して反対する立場から、10人の出演者がそれぞれの思いを語ることをメインに開催したものです。その内容については12月1日号の本誌で紹介したとおりです。しかしながら、集会の中で演じられた皇室をめぐるパフォーマンスの一部に「人権上問題あり」と指摘・批判される表現・言動がありました。

 本誌はこれまで、皇室あるいは天皇制の問題について一切タブー視することなく正面から取り上げ、さまざまな意見・論評を載せることで、社会的な議論を深めるべく努力をして参りました。その一方で、人権侵害や差別につながる表現については、これを行なわない方針を貫いてきました。

 しかし、上記のパフォーマンスは、人権およびプライバシー上、一部の表現に行き過ぎや不適切な言動があったことで、誤解や不快の念を生じさせてしまいました。集会主催者として配慮を欠いたことを率直に反省しおわびするとともに、今後開催する集会等の運営には十分に留意をして参ります。

 言論・表現の自由は、民主主義社会の存立・発展のために、他の諸権利に優位するものとされています。弊社は今後も、タブーなき言論・表現活動が民主主義の成熟につながることを確信し、その実現のために努力していく所存です。
 2006年12月13日
                『週刊金曜日』発行人・佐高 信
       編集長・北村 肇

--------------------以上引用-------------------

 「パフォーマンスの『一部』に問題」、「『一部』の表現に行き過ぎや不適切な言動」だと!『一部』だけじゃねぇだろうが!(#゜Д゜)ゴルア

 こんなものが謝罪と言えるのか!この文書の相手が何で「読者の皆様」宛なのか!ご皇室並びに全国民に対する謝罪であるべきであろうが!

 また「タブーなき言論・表現活動が民主主義の成熟につながることを確信」などと書いているが、最低限守られるべき礼儀すら無視しておいて何を抜かすか!民主主義社会のおける「自由」とは「何をやっても構わない」のではない!「自由」にはそれに伴う「責任」がある!

 その意味に於いてもこんなもの、只の狂信的反日サヨク集団による「見解文」の常套句にすぎん!

 あれだけ両陛下やご皇室を愚弄し、我が國並びに国民を馬鹿にしたのだからその罪は万死に値する!
 最低でも責任者の処分を行うと共に、「週刊金曜日」として全国の新聞各紙に謝罪文を掲載しTVを用いて謝罪CMを流すなどして、ご皇室並びに全国民に対し深く謝罪をするべきであろう!
 「
スポンサーサイト
2006.12.23 Sat l 皇室関連 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

そもそも
ステイメン様は謝罪文と受け取っていますが、まずあれは謝罪文ではないのかもしれません。
彼らにとってあの不敬芝居は身内でのパフォーマンスであり、今回はよそ者が紛れ込むと言う想定外の事態が発生してしまい、今まで身内だけで愉しんでいたものが週刊新潮やネット上に流出して一般人にまで叩かれてしまった。
故に、今度からは集会を開く際は外部に流出しないように注意します。
と言っているだけで、
彼らにとって悪いのはタブーを未だに信じ少し触れただけで騒ぎ立てる一般愚民であり、自分達はそんな愚民どもを啓蒙する使命がある。
とでも考えているのではないでしょうか。
2006.12.23 Sat l Kronos. URL l 編集
いえいえ。
啓蒙するつもりもありませんよ。週金には。

連中がやりたいのは、『愚民ども』を高みから見下す事、だけですからね。
2006.12.26 Tue l さざなみ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/364-1aad48ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)