約1年1ヶ月ぶりに再開された北鮮に関する6か国協議であるが、何の成果を得ることが出来ずに休会になってしまったようである

6カ国協議、具体的成果なく休会 次回日程決まらず

北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議は22日、具体的成果を何ら得られないまま休会した。中国の武大偉外務次官は昨年9月の共同声明履行と核問題の平和的解決を確認し、協議を「できる限り早い機会に再開する」との議長声明を発表したが、次回日程も決まっていない。協議の有効性が問い直される一方、「核保有国」の立場を誇示する北朝鮮への批判がさらに高まりそうだ。

 北朝鮮の金桂寛外務次官によると、米朝の金融制裁協議はニューヨークで1月中旬に開かれる予定で、6カ国協議再開はその動向をにらみながら模索されるとみられる。

 中国はこの日、米朝日韓露の5カ国と個別に協議。6カ国の首席代表者会合も開かれたが、核論議の前提条件として金融制裁解除を求める北朝鮮の歩み寄りはみられなかった。このため、核関連施設の稼働停止や国際原子力機関(IAEA)の査察受け入れなど、共同声明履行のための具体的措置は盛り込まれなかった。非核化や日朝・米朝国交正常化など個別案件を話し合う作業部会の設置も北朝鮮の同意が得られず合意できなかった。

--------------------以上引用-------------------

 制裁が続いた場合には「核抑止力を強化する」という北鮮の主張は本末転倒で盗人猛々しいものと断言せざるを得ない。北鮮がこうまでつけ上がるのは、宗主国たるシナ北鮮の傀儡たるノムたんが居るからではないのか?

 ここまできたらいくら6か国協議を継続しても北鮮の時間稼ぎに使われるだけであろう。であれば国連にもう一回舞台を戻し北鮮の傲慢な態度に非を鳴らし制裁強化を行うべきである!
 とは言っても事務総長があの男ではなぁ~_ノフ○ グッタリ
スポンサーサイト
2006.12.23 Sat l 外交問題とか l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/362-c13c4026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)