極めて低い経済成長がダラダラと長期間継続中である現在、我が國においてはトヨタに代表される大企業と極一部の者だけが収入を増やす一方、ワーキングプアという嫌な言葉に代表される一生懸命働き詰めても一向に生活が上向かないという「格差社会」が拡大する一方である。
 さらに大企業の多くが史上最高益を何回も更新しながらも日本経団連は平気で「ベアありえない」等と放言する始末である。

 そんな中、内閣府に設置される「重要政策に関する会議」の一つである経済財政諮問会議のメンバーの一人が、正社員の待遇を非正規社員の水準に切り上げるべきなどというトンデモナイ暴論を吐いたようである

労働市場改革:正社員待遇を非正規社員水準へ 八代氏示す

 経済財政諮問会議の民間メンバー八代尚宏・国際基督教大教授は18日、内閣府の労働市場改革などに関するシンポジウムで、正社員と非正規社員の格差是正のため正社員の待遇を非正規社員の水準に合わせる方向での検討も必要との認識を示した。

 八代氏は、低成長のうえ、国際競争にさらされた企業が総人件費を抑制している中、非正規社員の待遇を正社員に合わせるだけでは、「同一労働・同一賃金」の達成は困難と指摘。正規、非正規の待遇を双方からすり寄せることが必要との考えを示した。

 また、八代氏は現在の格差問題が規制緩和の結果生じた、との見方を否定「既得権を持っている大企業の労働者が、(下請け企業の労働者や非正規社員など)弱者をだしにしている面がかなりある」と述べた。

 八代氏は、労働市場流動化のための制度改革「労働ビッグバン」を提唱しており、近く諮問会議の労働市場改革の専門調査会の会長に就任する予定。

--------------------以上引用-------------------

 確かに正社員と非正規労働者の格差は給料や保険等かなり巨大である。しかし「大企業の労働者が、下請け企業の労働者や非正規社員など弱者をだしにしている面がかなりある」という認識は全く違うのではないのか本当は、「大企業の労働者」ではなく「大企業の経営者」がその他大勢の弱者をいじめ抜いているのが実際の所だろう! それを何だ?「格差是正のため正社員の待遇を非正規社員の水準に合わせる」とはどういう事だ?考え方が180°違うだろうが!本来は非正規雇用者を雇用環境を正規労働者に如何に近づけるかが課題なのに、レベルを下に合わせてどうする気だ!

 庶民をどん底まで叩き落としておいて「再チャレンジ」とはどういう事だ!

 つまり国民大多数を貧困層にするのが安倍政権が言う「美しい国」とやらの最終目標なのか?もし違うというのならばこのような暴論を吐く曲学阿世の輩は追い出すべきである! もし此奴が言うことが安倍政権の目指す所と一致しているのであれば、国民大多数を望んで不幸のどん底に落とすような政権など支持する事はできない!
スポンサーサイト
2006.12.20 Wed l 経済 l コメント (0) トラックバック (4) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/357-0243e1dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
7月に出たOECDの日本経済に関するレポートへの、解答の一つなのだろう、経済財政諮問会議の八代サンが昨日こんなコメントを発表している。以下毎日新聞より引用http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/seisaku/news/2
2006.12.21 Thu l ほしあかりをさがせ
労働市場改革:正社員待遇を非正規社員水準へ 八代氏示す 経済財政諮問会議の民間メンバーの八代尚宏・国際基督教大教授は18日、内閣府の労働市場改革などに関するシンポジウムで、正社員と非正規社員の格差是正のため正社員の待遇を非正規社員の水準に合わせる方向での
2006.12.23 Sat l Dogma_and_prejudice
 「美しい国」造りを目指す、我が国日本の自民党安倍政権ですが、その「美しい国」を造るにあたり、最も大きな障害になると思われる「格差社会」を克服する為、首相直轄の諮問機関である「経済財政諮問会議」のカシコイセンセ
2006.12.23 Sat l 或る浪人の手記
毎日新聞 労働市場改革:正社員待遇を非正規社員水準へ 八代氏示す  (引用開始) 経済財政諮問会議の民間メンバーの八代尚宏・国際基督教大教授は18日、内閣府の労働市場改革などに関するシンポジウムで、正社員と非正規社員の格差是正のため正社員の待遇を非正規社