暫くストップしていた犯罪国家北鮮の核問題をめぐる6カ国協議だが、始まる前から北鮮は我が國に対して「参加資格がない」だの戯言をほざいていたが、会議がスタートした途端かましてくれたようである!

北、核実験再開を示唆 あらゆる制裁解除求める 6カ国協議

 北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議が18日、北京市内の釣魚台迎賓館で1年1カ月ぶりに再開され、全体会合や2国間協議などで、核放棄をうたった昨年9月の共同声明の履行に向け、作業部会設置などが議論された。だが、北朝鮮は核放棄にはあらゆる制裁解除や軽水炉供与などが必要だと主張。そうでなければ核実験を再開する可能性まで示唆する強硬姿勢を示した。金融制裁問題では、米国のヒル国務次官補が会見で、19日に米朝協議が行われることを明らかにした。

 全体会合での各国首席代表による基調演説で、北朝鮮の金桂寛外務次官は「非核化の条件が成熟されていない段階で核兵器問題を議論する場合、核軍縮会議を要求せざるを得ない」と述べた。これは米中露の核保有を逆手にとりつつ、「核保有国」としての立場を誇示するものだ。

 さらに核論議の前提として、金融制裁や国連制裁決議に基づく制裁などの解除、軽水炉提供などを求める一方、各国が制裁圧力を強めれば「核抑止力強化のための措置を取る」と核実験再開の可能性を示唆した。

 中国の武大偉外務次官は、(1)昨年9月の共同声明を実行するための具体的措置(2)これに対応して各国が取るべき初歩段階の措置-を重点的に議論する意向を表明した。

 これを受けて、ヒル氏は「米朝関係正常化を推進する用意はあるが、非核化を達成したときにのみ可能だ」とし、共同声明の履行方法の論議に集中すべきだと主張。作業部会を設置し、数週間から数カ月間の活動計画を策定するよう提案した。

 日本の佐々江賢一郎・外務省アジア大洋州局長は「拉致問題の解決なくして日朝国交正常化はあり得ない。早期解決が重要だ」と述べ、拉致問題も取り上げるべきだと主張。その具体的進展には北朝鮮の「誠意ある姿勢」が必要だとする一方、「進展がない場合、状況はより厳しくなる」と述べた。
--------------------以上引用-------------------

 会議が始まってイキナリ日米に対して要求かよ!呆れて物が言えませんなぁ~┐(´д`)┌ ウンザリ

 しっかし北鮮の要求を簡単にまとめると
  ・核兵器やミサイルはどんどん造る。
  ・犯罪を放任しろ!その代わり資金と食料をよこせ!
  ・拉致問題?何じゃそれは!
 
 全く言いたい放題ではないか!(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!

 こんな犯罪国家、とっととやっておしまいッ!byドロンジョ様 
スポンサーサイト
2006.12.19 Tue l 外交問題とか l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/354-89965a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 去る今月の13日から15日に掛けて、半島北部から我が国に不法入国して来た寄生虫が、我が国の北朝鮮に対する制裁に対して、日朝平壌宣言に反するだなどと、冗談にもならない戯れ言をほざく集会を行っていた事は、以前のエ
2006.12.20 Wed l 或る浪人の手記