本日、ついにコイズミ政権に代わり安倍新政権が発足した。

財務相に尾身氏、外相に麻生氏留任
 自民党の安倍晋三総裁は26日午後、衆参両院の首相指名投票で第90代首相に選ばれ、自民、公明両党による連立内閣を発足させた。財務相には森派の尾身幸次氏、官房長官に塩崎恭久氏が就任した。外相には麻生太郎氏が留任。首相が力を入れる教育改革を担当する文部科学相には、伊吹文明氏が就いた。民間からは経済財政担当相に大田弘子氏を起用した。
 自民党総裁選で安倍合同選対の本部長を務めた柳沢伯夫氏、安倍首相実現に主導的な役割を果たした再チャレンジ支援議員連盟の菅義偉、山本有二両氏が入閣。安倍氏を推した森派、丹羽・古賀派からの入閣も目立つなど、総裁選での「論功行賞」の色合いが強い人事になった。

    ◇

 新内閣の顔ぶれは次の通り(敬称略)

総理 安倍晋三(無派閥)

総務・郵政民営化 菅義偉(丹羽・古賀派)

法務 長勢甚遠(森派)

外務 麻生太郎(河野グループ)

財務 尾身幸次(森派)

文部科学 伊吹文明(伊吹派)

厚生労働 柳沢伯夫(丹羽・古賀派)

農林水産 松岡利勝(伊吹派)

経済産業 甘利明(山崎派)

国土交通 冬柴鉄三(公明党)

環境 若林正俊(森派)

官房・拉致 塩崎恭久(丹羽・古賀派)

国家公安 溝手顕正(丹羽・古賀派)

防衛 久間章生(津島派)

沖縄・北方 高市早苗(森派)

金融・再チャレンジ 山本有二(高村派)

経済財政 大田弘子(民間)

行政改革 佐田玄一郎(津島派)

--------------------以上引用-------------------

 まぁ、コイズミ政権の時と違い、全くサプライズが無い(笑。新聞どおりの露骨な論功行賞と言って良かろう。また個人的には国交相がまたもや葬禍の手先だった事に・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・

 けど、いくら論功行賞の結果であったとしても、新政権に求められるのは國民と國家の為の政治、國益を守る政治である。その為に給料分以上の仕事を是非とも期待したいものである。

 一方、日本の新政権誕生は諸外国でも色んな意味で関心を集めているようである。

中韓、安倍新政権を靖国で牽制 憲法改正問題にも注目
 安倍晋三新内閣の発足を受け各国は26日、主要メディアが速報するなど高い関心を示した。特に小泉前政権下で関係が悪化した中国と韓国は、政府当局者らが靖国神社参拝問題で安倍首相に参拝しないよう求めるなど強く牽制した。
 海外ではメディアを中心に安倍首相を「タカ派」とする論評が多く、中韓両国との関係改善に加え、首相が積極的姿勢を示す憲法改正問題への関心も強い。米政府は憲法改正を日本の針路にかかわる問題と受け止めているが、韓国では盧武鉉大統領が苦言を呈するなど警戒感が強まっている。
 中韓との関係改善で注目されるのが小泉前政権下で中断したままの首脳会談の行方。中国外務省の秦剛副報道局長は同日、年内の会談再開について「中国は何度も立場を説明している」と述べ、靖国問題での日本側の譲歩が再開の前提になると強調した。一方、中国は台湾問題などで安倍首相の対応を警戒しており、首相が提唱するアジア外交重視についても「安倍氏が言行を一致させることを期待する」(秦副報道局長)とくぎを刺した。
 盧大統領は安倍首相に祝電を送り、日韓関係を未来志向的に発展させ北東アジアの地域協力を推進させることに期待感を表明。一方、青瓦台(大統領官邸)関係者は聯合ニュースに「われわれが望むのは行動に重きを置くことだ」と述べ、安倍首相に参拝しないよう求めた
 安倍新政権に高い期待感を示すのは米ブッシュ政権だ。小泉前首相の対米重視路線の継承として、イラク、アフガニスタンなど国際的な安全保障上の課題で一層の貢献を期待。対北朝鮮でも首相の強硬姿勢を熟知した上で、核、拉致問題で連携を強めていく考えだ。
 また、漁船員1人が死亡した第31吉進丸銃撃・拿捕(だほ)事件などで関係が微妙な局面にあるロシア・プーチン政権は、北方領土問題を棚上げしたまま経済優先の関係拡大を目指す方針。領土問題では日本側に譲歩を促す姿勢で、当面は安倍政権の出方をうかがうとみられる。
 安倍首相が著書で重要視したインドも新政権発足を歓迎。「政府だけでなくビジネスも含めた日印関係に新たな流れを起こす」(外務省高官)と期待を表明した。

--------------------以上引用-------------------

いやぁ、やっぱ特定アジアや露助の対応は相変わらずだな(藁。やっぱ外交の基本は「近攻遠交」であるから、10億の人口を抱えソフトウェアにも強いインドや、同じシーパワーである米英とはこれからも良好な関係を維持し、ランドパワーたるシナやその属国といった特定アジアや露助と対処していくべきであろう!
スポンサーサイト
2006.09.26 Tue l 政治 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/262-caf8b66f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
うーん、なかなかいい感じかもよ、今度の内閣 で、何故かこの写真で「国章」に気付い...