W杯等の国際試合やボクシングの世界タイトルマッチにおいては対戦国の国旗掲揚や国歌斉唱が為される。それに対して起立し敬意を払うのは文明国の国民としては最低限守るべきエチケットである。
 ましてや相手国の国旗を破いたり火を付けて燃やすという行為は相手国を冒涜することでありとても文明国のなす事ではない!
 ところが、本日東京地裁で「そんなことをする必要はない」という驚くべき判決が出たようである。

「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決

 東京都教育委員会が卒業式などの行事で、教職員に国旗に向かっての起立や国歌斉唱を求めているのは、思想と良心の自由を定めた憲法に違反するとして、教職員ら401人が、起立と斉唱の義務がないことの確認のほか、慰謝料の支払いなどを求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は「懲戒処分をしてまで起立させることは行きすぎた措置で違法」として原告側の主張をほぼ全面的に認め、都に1人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じた。

 都教委は平成15年10月、学校の式典での国旗掲揚や国歌斉唱時の起立などを求めた通達を出しており、これまでに通達違反として延べ345人の教職員が懲戒処分を受けた。判決は通達違反を理由にした処分も禁じており、都教委の対応に影響を与えそうだ。

 訴訟では(1)教員らが国旗に向かって起立し、国歌を斉唱する義務があるか(2)都教委の通達は違法か(3)教員らは通達によって精神的損害を受けたか-が主な争点となった。

 難波裁判長は「日の丸、君が代は第二次世界大戦が終わるまで軍国主義思想の精神的支柱だったのは歴史的事実」と述べた上で、反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべきで、起立や斉唱の義務はないと判断した。

 通達については、「合理的な基準を逸脱している」とし、「教職員が起立や斉唱を拒否しても、式典の進行や、国旗と国歌に対する正しい認識を生徒に教えることを阻害するものではない」と述べた。

 難波裁判長はこうした判断の上で、「原告の教職員は義務がないのに起立や斉唱を強要され、精神的損害を受けた」として、都に慰謝料の支払いを命じた。

 都の中村正彦教育長は判決を受け「主張が認められなかったことは大変遺憾。判決内容を確認して今後の対応を検討する」とのコメントを発表した。



 小泉純一郎首相は21日、国旗国歌の強制は違法とした東京地裁の判決に関連し「人間として国旗国歌に敬意を表するというのは法律以前の問題だ」と述べた。

--------------------以上引用-------------------

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工何じゃこの判決は!東京都は即刻控訴すべきである!
 
 そりゃ我が國はどっかの特定アジアと異なり思想信条の自由は認めておるよ。けどね、この原告共は都立学校の教員だろ。つまりは公務員じゃんか!公務員なら日本の象徴たる「日の丸」「君が代」に対し最低限の敬意を払うのは当然じゃん!しかも公立学校の「公式行事」での事だ!それが嫌なら私立の学校にでも行けばよい!それとも何か。コイツらが敬意を払うのはこれとかこれか?

 それに想像するにコイツらは自分達に対しては強要されるのを拒否するが、生徒達には自分の思想を強要しているに違いない!

 今の日本の学校教育においては、教師を選ぶことが不可能である。であれば最低でもコイツらの如き反日教員共の氏名と学校を公表してやるべきであろう!自分の思想信条に揺るぎなしという主義者なら看過して殉じてもらおうじゃん
スポンサーサイト
2006.09.21 Thu l 教育 l コメント (1) トラックバック (3) l top

コメント

全教組に毒されているのでしょうw

この問題で教員が罰金3万などを受けたのが同情を引いたよーにも思います。
私は罰金などは当然の措置だと思いますけどネ。

それよりも熊本の教職員組合の朝鮮への傾倒が深刻ですね~^^;;;;;;;
2006.09.22 Fri l ( ̄-  ̄ ) ンー. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/259-37401a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 なんともはや。東京地裁で、アカ教師が国旗・国家と起立斉唱義務の有無の確認と慰謝料を請求した裁判の判決があり、東京地裁は一)起立斉唱の義務なし-日の丸君が代は戦前軍国主義の象徴であった、反対する権利は公共の福祉に反しない限り保護されるべき→義務なし 二)
 最近は支那・韓国が何を言ってきても、政府はそれなりに対応するようになってきましたので、とは言ってもまだまだ不満はありますが、逆上せずにサラっと受け流し、鼻で嗤えるようになってきました。しかし国内の非常識にはまだ免疫ができていないようで、この記事を読んで
 我が国における政治の腐敗は、経世会支配以前より常に囁かれ続けてきた事であり、一時期においては、経済一流政治三流のエコノミックアニマルなどという、ありがたくない称号まで頂いた程に根深い問題であるとも言えるも
2006.09.24 Sun l 或る浪人の手記