自民党はコイズミ後の次期総裁選の事前運動真っ最中である。しかし既に安部官房長官の勝ちは見えたということで、多くの国会議員がその勝ち馬の乗らんとして日頃の政治信条もかなぐり捨て、我も我もと躙り寄っていく様は浅ましい限りである。
 そんな中、負け勝負と判っていても立ち向かっている「ドンキホーテ」の一人である谷垣財務大臣が昨日政権構想を発表したのだが・・・

谷垣氏 政権構想の全体像発表

谷垣財務大臣は、先月27日、総裁選挙への立候補を表明するとともに、消費税率を少なくとも10%に引き上げるほか、アジア外交の立て直しを目指すことを政権構想の柱に据える考えを示し、構想全体のとりまとめを進めてきました。
 谷垣氏は、30日記者会見して政権構想の全体像を発表し、新たに、▽公立学校の教育を充実させることや、▽女性が仕事を続けながら、出産や育児がしやすい環境を整備すること、▽さらに働く意欲と能力がある高齢者が、生涯現役で働ける社会づくりを目指すことなどを盛り込みました。
 また、政府が、憲法解釈上認められないとしている、集団的自衛権の行使については、「便宜的な憲法解釈の変更で対応すべきでなく、憲法改正によって対応すべきだ」として、解釈の変更によって認めるべきではないという考えを示しています。
 記者会見で谷垣氏は、皇室典範の改正について、「男系だけで、天皇制を保てるのか、よく考える必要がある」と述べ、女性や、その子どもの女系にも皇位の継承を認める方向で、前向きに検討すべきだという考えを示しました。

--------------------以上引用-------------------

 U゚Д゚U ハァ? 「女系にも皇位の継承を認める方向で、前向きに検討すべき」だと!お前もやはり皇統の断絶を目論む國賊の一味か!

 秋篠宮妃殿下のご出産を間近に控えたこの時期において、又その内容においてもこの発言は相応しくない!やはり時勢が見えないというのも師匠(=加トー紘一)譲り、弟子も所詮は不熟者という訳か!
スポンサーサイト
2006.08.31 Thu l 皇室関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/245-f43429b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)