どうもコイズミ政権の元で『年中行事』となってしまった感のある『骨太の方針』とやらがまたもや閣議決定されたようである。

骨太の方針:閣議決定、07年度予算から反映させる

 政府は7日、経済財政諮問会議(議長、小泉純一郎首相)がまとめた経済財政運営の基本方針「骨太の方針06」を閣議決定した。小泉政権最後の骨太の方針は、財政健全化を目指す歳出・歳入一体改革が柱で、2011年度の基礎的財政収支(借金と元利払いを除く収支)の黒字化に向けて、11兆4000億~14兆3000億円の歳出を削減する目標を盛り込んだ。07年度予算から反映させる。 11年度の財政収支黒字化に必要な財源は16兆5000億円で、歳出削減で足りない部分は、増税などの増収措置で穴埋めする。09年度の基礎年金の国庫負担割合引き上げのため安定財源の確保が必要と指摘し、消費税率1~2%程度の引き上げと、社会保障目的税化の方向性をにじませた。ただ、税率の上げ幅や時期などの具体的議論は先送りした。
 財政健全化の中長期的な目標として、2010年代半ばまでに、国・地方ともに債務残高の国内総生産(GDP)比を安定的に引き下げることを目指すとした。
 骨太の方針はこのほか、▽徹底した政府のスリム化▽成長力の強化▽国・地方間のバランスのとれた財政再建▽将来世代に負担を先送りしない社会保障制度の構築▽国有財産の売却などによる政府資産圧縮--などの原則を掲げた。

--------------------以上引用-------------------

 まぁ日本の財政を早急に何とかしないといけないってのは分かるし、将来の世代の事や老後(イヤな言葉ではあるが)を考えると財政破綻は困る。ただσ(^^)が一番危惧するのは「徹底した政府のスリム化」により只でさえ少ない防衛費まで削減されてしまうのではないか、ということである。
 特に例の米軍再編に絡む経費負担で、学校の成績だけは優秀な馬鹿共の集団である財務官僚共は、その経費までも通常の防衛費で負担させようと画策している。そんな中、更に削減されようものなら国民の生命財産を夷敵からどのように守護しようというのか!

 極めて残念なことではあるが、我が国は隣人に恵まれていない。海底資源だけでなく領土拡張の野心を隠そうともしないシナと、その歴史的属国である金(-Φ-)ブタ!日が率いる犯罪国家北鮮。さらにはトチ狂ったように軍拡に励み対馬を我がものにせんと企む基地外酋長飯嶋率いる馬韓国。また北方領土を不法占領し続ける露助。こんな蛮族どもに囲まれている日本ってなんて不幸なんだろうか。・゚・(ノД`)・゚・。
 唯一の救いは同盟国たる米国の存在だが、正直言ってあまり当てにしすぎるとシナと手を結びかねん。特に次期政権が民主党政権になったりしたらその恐れは高まる。つまり、結局自分たちの祖国は自分たちの力で何とかしないといけないわけで、そんな祖国存亡の危機に、「プライマリーバランス」など些細なことではないか!

 まずは現在建造中の「あたご」級イージス艦2隻に続くイージス艦の追加建造。次期FXの早期選定。4機しかないE-767の増強とKC-767給油機の早期配備。パトリオットPAC3の早期実戦配備。陸自部隊の兵力増強と西方展開。あと国内の反日組織を取り締まるためのスパイ防止法の早期制定と有事法制の早期確立。これぐらいは今すぐ取りかかるべきではないのか!

 あと重要なのはこの祖国の危機に対し国民一人一人が立ち向かっていく意志が重要ではないだろうか!いくらハードを整備してもそれを使う人間がしっかりしていないとダメである。
スポンサーサイト
2006.07.08 Sat l 軍事関係 l コメント (1) トラックバック (1) l top

コメント

まったくもって
現在の防衛予算に関しては涙が出る限りです。
特に、陸自に至っては人が居ない、装備が無い上に大綱では戦車を600両という無茶苦茶な事を指定されています。片山さつきなんかには、もう、腹がたってしかたありません。
正直、嫌になる限りです。

もし、これが、国民の選んだ政府の選択であるならば、最終的には国民の血で購わねばなりませんが、日本の市民にそんな自覚を求めるというのが無駄なんでしょうかね。
2006.07.09 Sun l うしゃこふ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/207-5247a1c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 基地外北朝鮮のミサイル発射により、ようやく鈍間ながらもその重い腰を上げ、北朝鮮への圧力と呼べる対応を取り始めた日本政府。 本来ならば、北朝鮮の今回の行為は明らかな宣戦布告と言えるものであり、即刻報復措置とし
2006.07.08 Sat l 或る浪人の手記