飯嶋酋長の元、既に「あっち」に逝っちゃっている韓国ですが、「偉大なる大首領様」と戦うための陸軍兵力は削減しまくりで、第3次元寇の尖兵になる決意を固めたようです。

韓国で海空軍増強論 再編促進へ竹島問題利用?

 韓国は、2020年までに軍の再編と近代化を図る国防改革を計画中だが、盧武鉉政権の北朝鮮に対する融和政策を背景に「対北(北朝鮮)戦力強化の時代は終わった。今後は地域内の潜在的脅威に備えるべきだ」とする主張が強まっている。さらに、国防関係者の中には「日本との独島(日本名・竹島)問題で万が一の紛争に備えわが国の海軍、空軍を増強すべきだ」といった声もあがり、竹島問題で“日本脅威論”も出ている。
 竹島周辺での日本の海洋調査計画で両国関係が緊張した後の今年5月、韓国軍の現役将校が軍傘下の新聞「国防日報」に、竹島問題について「われわれは(竹島は韓国領土と)強硬な立場を表明しているが、内心では心配も抱えている。日本は世界最高水準の先端情報や艦艇、戦闘機を有し、われわれは(日本と軍事)衝突時に勝利が確信できないのだ」と述べ、「協議のテーブルでわれわれの代表が堂々と日本と渡り合うために軍事力を担保することが、独島の主権を守る軍の役目」と書いた。
 日本の調査船の出航に備え、韓国側は海洋警察庁の警備艇が周辺海域に待機、韓国海軍も出動準備を進めていた。実際は外交決着が図られたが、韓国ではこれが契機となって日韓軍事力比較が盛んになった。インターネットには「両国海軍が戦闘を行った場合、海軍駆逐艦5隻が撃沈されて2兆ウォン(約2400億円)の被害、1000人の犠牲者が出る」などといった試算まで出る始末。
 日本からは、竹島をめぐる日韓有事など考え難いが、韓国サイドからは愛国心の象徴「独島」への脅威として、「日本の軍事力」が語られることは珍しくない。
 国防に詳しい韓国の野党ハンナラ党の宋永仙議員は、「友好関係の日韓が独島で軍事衝突する可能性はまず低い。だが国家は最悪の事態に備えるべきで、韓国の国防改革では北東アジアの有事を想定した海空軍力の増強が必要だ」と述べる。
 盧武鉉政権は昨秋、15年間で兵力を現在の68万人から陸軍を中心に18万人削減し、約200兆ウォン(約24兆円)をかけて精鋭化する「国防改革2020案」を発表した。これまで対北対応を基本に、陸軍中心だった韓国軍の近代化をはかるものだが、財源や編成をめぐり与野党が衝突、現在は審議は中断している。今後は「独島守備」をめぐる“日本脅威論”が、国防改革論議に加わることも予想されている。

--------------------以上引用-------------------

 別に日本としては韓国なんて「脅威」ともなんとも思っていないんだけどなぁ~。単にウザイだけで。正直竹島問題については何度もσ(^^)も他の人も書いているとおり、「国際司法裁判所」でカタ付けましょって言ってるのに、勝手にファビョッて、しかもシナや北鮮の尖兵になるって。ホント「好きにしてくれ┐(´д`)┌」って感じである。この際、身の程も弁えないほど軍拡に走って北鮮共々「先軍政治」ってヤツで破滅でも何でもしてくれ!ただし俺等を巻き込むな!
スポンサーサイト
2006.06.06 Tue l 外交問題とか l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://stamen.blog6.fc2.com/tb.php/181-133295c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ステイメンの雑記帖-何だかなぁ~ より 別に日本としては韓国なんて「脅威」ともなんとも思っていないんだけどなぁ~。単にウザイだけで。正直竹島問題については何度もσ(^^)も