日韓の外交交渉により竹島周辺の海洋調査が中止になって1週間。しかし1週間しか経っていないのに奴等の策動が判明したようである。

韓国、7月に竹島近海の日本のEEZ内で海流調査

 日本固有の領土・竹島(島根県)の近海を含む海洋調査問題で、韓国が今年7月に竹島の西部海域で海流調査を予定していることが28日、明らかになった。政府関係者は「調査予定海域は日本の排他的経済水域(EEZ)が含まれている」と指摘している。竹島を不法占拠している韓国側は、これまでも日本の抗議を無視して日本のEEZ内で海洋調査を実施しており、今回も調査を強行する可能性が高い。
 複数の政府・与党幹部によると、韓国の海洋調査院は7月3日から17日まで韓国南東部の蔚山沖合から竹島までの海域で、水温、塩分、海水の流れなど海流の変化を調べる予定になっている。
 韓国が主張するEEZは竹島を組み込む形になっており、竹島を基点とした日本のEEZと重複している。このため、韓国は過去4年間、竹島近海を含む日本のEEZ内で日本の抗議を無視し海洋調査を強行している。 韓国が7月に実施する海流調査について、政府関係者は「EEZに関する日本と韓国の主張が重複するこの海域でも実施される」と指摘している。外務省幹部は「海底の調査ではなくあくまでも海流の調査で海底地形の名称とは関係ない」と説明。しかし、政府の一部からは韓国の海流調査について「海流調査となっているが、海底地形名称問題とも微妙に絡んでくる」(国土交通省幹部)と警戒する声が上がっている。
 竹島近海の海底地形名称をめぐる問題で、日韓両政府は22日の外務次官会談で、韓国がドイツで6月に開かれる国際機関「国際水路機関」(IHO)の「海底地形名称に関する小委員会」に海底地形に関する韓国名提案を行わず、日本も海上保安庁の測量船による海洋調査を中止することで合意した。
 ただ、韓国の柳明桓外交通商省第1次官は海底地形の名称提案を適切な時期に推進するとの考えを示しており、「今後、韓国が海洋調査を繰り返して実施し、データを収集を重ねるのは確実だ」(外務省筋)との指摘が根強く出ている。
 日本は竹島近海を含む海域で昭和50年以降、海洋調査を実施しておらず、「データの精度や新しさの面から、韓国に分があると判断される可能性もある」(海上保安庁関係者)との懸念も出ている。

--------------------以上引用-------------------

 全く韓国は日本が国際法に基づいて正々堂々と調査しようとする際には、武力行使をちらつかせて脅迫してくるくせに、自分たちは馬耳東風でやりたい放題かよ!
 やっぱあんな連中の言うことは全く信用出来ん!やつらがその気なら、がまとまるはずがないからそれ相応の対処をすべきである。但し我々日本人は奴等みたいな火事場泥棒を働く野蛮人ではなく近代文明人であるからやり方は自ずと異なるのは自明の理である。
 つまり、どうせ5月開催のEEZ確定協議は決裂するのは目に見えている。その結果を待って正々堂々と国旗を掲げて国際法に基づいた調査を今度こそ行うべきであろう。その際、奴等が妨害してきたのならその代価を払うのは奴等自身である。
スポンサーサイト
2006.04.29 Sat l 外交問題とか l コメント (0) トラックバック (3) l top