皇位継承 時代が求めた女系天皇

 皇室典範に関する有識者会議の報告書がまとまった。
 皇位を継承する資格を女性とその子孫の女系皇族に広げる。皇位継承の順序は男女を問わず、天皇の直系の第1子を優先する。この二つが大きな柱である。
 皇室では、皇太子の次の世代に男子がいない。皇位の継承者を皇室典範が定める男系男子に限れば、やがては天皇になる人がいなくなる恐れがある。
 将来にわたって安定した皇位継承の制度をどうつくるか。それが有識者会議の課題だった。
 その意味で、「女性天皇、女系天皇の容認」と「第1子優先の継承」という結論は妥当だと思う。支持したい。
 天皇制には長い歴史があり、国民の間にもさまざまな意見がある。廃止を望む人もいる。しかし、日本国憲法の下で、象徴天皇制は社会に定着し、国民の大半が支持してきた。
 この象徴天皇制を維持するために皇位継承のあり方を見直すことは、日本にとって重要な問題である。
 有識者会議は「安定した制度」のほかに、二つの基本的な視点を挙げた。
 第一は国民の理解と支持を得られるかどうかだ。天皇の地位について、憲法は「日本国民の総意に基づく」と定めている。敗戦を境に、天皇制はそれまでとは異なるものになったのである。
 第二は伝統を踏まえることである。しかし、一方で有識者会議は、伝統には各時代によって選択されてきた面があり、何を次の時代に引き継ぐかを重視する、と述べた。これも、戦前と戦後で皇室のあり方が大きく変わったことを思えば、適切な考え方だろう。
 戦後、家制度がなくなり、男女の役割の考え方も変わった。皇室のあり方も、そうした社会の変化を無視できまい。
 敗戦までは、皇后以外の側室との間に生まれた男子にも皇位継承が認められてきた。皇室に側室制度がなくなり、ここにも、皇位継承者を男子にこだわり続けるわけにいかない事情がある。
 旧皇族の男子を皇族にして男系を維持すべきだという意見がある。しかし、60年近く一般国民として過ごしてきた人を皇室に迎えても、多くの国民が納得できるとは思えない。
 皇位継承の順は、女性・女系天皇を認めること以上に論議が分かれている。
 きょうだい間で男子を優先すれば、弟が姉より継承順位が先になり、なかなか順位が定まらない。第1子優先ならば養育方針も早く定まりやすい。それが第1子優先とした有識者会議の理由だった。
 とはいえ、今後、皇太子の次の世代に男子が誕生する可能性がないわけではない。政府は来年の通常国会に皇室典範の改正案を提案する方針だが、こうした事情を織り込む工夫は必要だろう。
 天皇が高齢などで退位したり、皇族がみずから皇室を離れたりすることができないか。そうしたことも、この報告書を機に、論議が広がってほしい。

-----------------------以上引用-----------------------

 やはり、反日を持ってなる「朝日(ちょうにち)新聞(朝=朝鮮)」だけの事はある。社説で堂々と毒電波を発しとる。
 まず、女系天皇を「時代」が求めたわけでない。たまたま男子皇族がここ暫く生まれていないだけであり、かつ女系を求めているのは天皇家の権威の失墜を目論む小泉とその一派に過ぎん。
 次に60年前にGHQの策謀により臣下に下った旧皇族の方々を今更皇族復帰させるのは国民が納得できるとは思えないとか抜かしているがこれこそ詭弁であろう。そもそも現在皇太子殿下がおわすのだから問題となるのは今から30年後ぐらいである。つまり1世代は違うわけである。従って、今現在は違和感を生じても30年間も続くわけがない。
 更に旧皇族の方々は神武帝から続く男系男子であり中には昭和帝第1皇女の流れを汲む方もおられるのだ。

 このような小泉一派とそれに荷担するマスゴミ共の策謀を打破せねばならない!
スポンサーサイト
2005.11.30 Wed l マスゴミ l コメント (1) トラックバック (3) l top