日銀総裁とかは盛んに日本の景気は「内需」に支えられ回復してきていると強弁しているが、

民間給与:7年連続で減少 景気回復を反映せず

 民間企業に勤める人が04年の1年間に得た平均給与は、439万円と前年を5万1000円(1.1%)下回り、7年連続で減少したことが国税庁の「民間給与実態統計調査」で分かった。景気回復が給与に反映されていない実態を浮き彫りにした。一方、所得税額は前年を3339億円(3.9%)上回り、4年ぶりに増加した。
 調査によると、昨年1年間を通じて民間企業に勤めた給与所得者は前年から13万人(0.3%)減の4453万人で3年連続の減少。給与総額も2兆8529億円(1.4%)減の195兆4110億円。正社員より賃金の安いアルバイト・パートタイマーや転職者の増加などの雇用形態の変化が、これら減少の背景にあるとみられる。
 平均給与の内訳は給料・手当が3万7000円(1.0%)減の370万円、ボーナス(賞与)は1万4000円(2.0%)減の69万円といずれも落ち込んだ。男女別の平均給与は男性が前年比0.6%減の541万円、女性は同0.4%減の274万円だった。
 業種別では化学工業が前年比0.6%増の562万円で8年連続のトップ。金融保険・不動産業、金属機械工業と続き、最下位は農林水産・鉱業の同2.0%増の306万円だった。
 一方、給与所得者で源泉徴収される納税者の割合は前年を1.2ポイント上回る85.5%となり、所得税額も8兆7988億円と増加した。配偶者控除と重複適用されていた配偶者特別控除が04年から見直された影響とみられる。

-----------------以上引用-----------------
 ほら見ろ!これの何処が「個人消費の内需」に支えられた景気回復だ?!要はごく一部n「勝ち組」とトヨタに代表される一部大企業だけが恩恵を受ける今の経済状況を示しているのとちがうか?

スポンサーサイト
2005.09.28 Wed l 経済 l コメント (0) トラックバック (2) l top