所謂「従軍慰安婦=追軍売春婦」問題に関し1993年の「江の談話」を金科玉条にして特亜やその意を受けた走狗どもが我が國を貶めようと画策を続けているが、本日下村官房副長官が午後の記者会見に於いて、「軍の関与はなかった」と明言したようである!

 慰安婦問題、「軍の関与ない」と下村副長官…野党反発

 下村官房副長官は26日夕の記者会見で、いわゆる従軍慰安婦問題について「直接的な軍の関与はなかったと私自身認識している」との考えを示した。

 下村氏は直接、間接的に軍の関与は明らかでなかったというのが、1992年から93年にかけて行われた調査に基づき97年に平林博外政審議室長が行った答弁だったと思う。それに沿って発言している」と述べた。
 同日夜、下村氏は記者団に、発言の意図を「(慰安婦の)強制連行について軍の関与はなかったということを述べたものだ」説明したが、野党側は下村発言を一斉に批判した。

 民主党の鳩山幹事長は記者団に「もっと歴史を勉強してほしい。政府高官が決して言うべきでことではない。強く抗議したい」と述べた。社民党の福島党首「安倍首相は下村副長官を『歴史認識が誤っている』と指導すべきで、下村副長官が改めなければ罷免すべきだ」と語った。



--------------------以上引用-------------------


 ネ申発言キタ━━⊂´⌒つ ゚∀゚)つ━━!!!!

 σ(^^)は今回の下村副長官の発言を全面支持するものである!すでに追軍売春婦を旧軍が関与した「従軍慰安婦」であるという「江の談話」は論拠が崩れ去っているのは明白である!にも関わらず、安倍首相は煎餅に遠慮して「狭義の強制性を裏付ける証拠はなかった。だが江の談話は継承する」などと煮え切らない発言を繰り返し、結果として特亜や反日勢力を利してきた。そのため煮えたぎる怒りのぶつけ所が無かった訳だが、今回の下村発言で溜飲を下げた思いである。

 それにしても天下にバカ振りをさらけ出したのは野党である!特に民主幹事長の鳩ぽっぽ。何が「もっと歴史を勉強してほしい。」だ!巫山戯るな!(#゚Д゚) ゴルア!!
 マジで政権を取る気があるならまず自らが歴史の勉強をし直せ!今のまま戯言を言い続ける以上、民主党が政権を奪取することなぞ半万年あってもあり得ん!

スポンサーサイト
2007.03.26 Mon l 外交問題とか l コメント (1) トラックバック (1) l top
 対等の国家間における外交の基本。それは相互主義である。例えば我が國から首相(=政治上のTOP)が訪問すれば、相手国側からも当然政治上のTOPが我が國を訪問する。また違法な攻撃を受けたら攻撃を仕返す。これは国際法上合法である。
 その意味で2度にわたり北鮮を訪問したコイズミは異常であり、一度も返礼に来ない北鮮は非難されてしかるべきである。

 さて、昨年就任早々の安倍首相がシナ及び南鮮を訪問したのは記憶に新しいところであるが、両国TOPつまり虐殺者胡錦濤脳味噌常春酋長ノムたん我が國を訪問する話はなかなか聞こえてこない。それどころか、先に仲良く訪中しハニーを楽しんだと思われる中川(女)と北側(煎餅)の両幹事長に対し虐殺者胡は自分の訪日日程を示さないばかりか安倍首相の再訪中を要求している。
 そんな舐めきったシナに対し、中川(酒)政調会長が一発かましてくれたようである!

中川・自民政調会長:安倍首相の再訪中前に「胡主席の来日が必要」

 自民党の中川昭一政調会長は24日、金沢市内の講演で「(昨秋の)安倍晋三首相の訪中の後、(中国の)ナンバー1の胡錦濤国家主席が日本に来なければ、日中は対等の関係にならない」と述べ、安倍首相の再訪中の前に胡主席の来日が必要との認識を示した。

 中国首脳としては温家宝首相が4月11日から13日まで来日するが、中川氏は中国の首相はナンバー2だ。首相が来て、胡主席も来て、安倍首相や皇室ときちっと交流していただきたい。それによって初めて対等の日中関係が構築され、スタートラインに立つ強調した。



--------------------以上引用-------------------

 当たり前だけど中川政調会長GJ!ナイ━━ヽ(*・∀・)人(・∀・*)ノ━━ス!!!!

 本音をいうと虐殺者胡には我が國に来て欲しくない。国家元首である胡が訪日すれば、陛下が面会せざるを得ない胡の前任者である反日煽動者江沢民は、事もあろうに宮中晩餐会において陛下に対し不敬を働いた過去がある。虐殺者胡が前任者の前例に倣わないという保証はない!

 あれやこれや言っても詮無きことだが、対等な関係と言うのなら次は虐殺者胡我が國に来る番でありそれが外交儀礼の基本である。だがその際には陛下に対し奉り不敬を働かぬよう厳重に申し入れをすべきであろう!
2007.03.25 Sun l 外交問題とか l コメント (0) トラックバック (1) l top
 本日より先月に続いて第6回目の北鮮核問題をめぐる6か国協議が開催されたが、北鮮に対する金融制裁問題については、足下を見透かされたブッシュ政権の全面敗北になってしまったようである。

北朝鮮の口座凍結、全額解除で米朝合意

 北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の米首席代表、クリストファー・ヒル国務次官(東アジア・太平洋担当)は19日朝、第6回協議の開会に先立ち、北京市内で記者会見し、マカオの銀行「バンコ・デルタ・アジア」(BDA)で凍結されている北朝鮮関連口座の資金約2500万ドル(約29億円)を全額返還することで北朝鮮と合意したと発表した。

 北朝鮮の主張を米側が受け入れたことで、6か国協議は、核施設の稼働停止など、4月中旬までの「初期段階措置」の履行に向けた環境が整った。
 6か国協議の日本首席代表を務める佐々江賢一郎・外務省アジア大洋州局長も同日朝、北京市内のホテルで記者団に、「(BDA問題が)一定の解決を見たことによって、(6か国協議が)前に進む環境が醸成された。一定の評価が与えられてしかるべきだ」と歓迎の意向を示す一方、「特に非核化の分野において北朝鮮が約束した通り、初期段階の措置を着実に進めることが重要だ」と述べ、北朝鮮が2月の合意通り核施設停止に向けた措置を取るべきだとの考えを強調した。

 6か国協議は19日午前、北京の釣魚台国賓館で首席代表会合を開いた。前日まで順次開かれた分野別の五つの作業部会での結果について報告を受けた後、今回の協議の進め方を論議した。続く開会式で議長国・中国の武大偉外務次官が「初期段階の措置を期日通り実現する条件が整った」などとあいさつをした後、全体会合が開かれた。北朝鮮首席代表の金桂寛(キム・ケグァン)外務次官も出席した。

 今回の協議では、2月の合意から60日以内の「初期段階」で北朝鮮が取るべき核施設の停止・封印と、国際原子力機関(IAEA)要員による監視・検証や、見返りの重油5万トン支援などの手順を取りまとめるとともに、それに続く「次の段階」での核計画申告や核施設の無能力化に関する議論進展が中心議題となる。



--------------------以上引用-------------------

 かのBDAで蓄えられていた北鮮資金の多くが麻薬取引などの違法活動によって得られた資金である。しかも北鮮の経済活動それ自体が違法活動の見本市そのものであったはずである。
 それが核施設の稼働停止・封印を完全履行のためとは言え、北鮮の要求をほぼ丸飲みしてしまうとは・・・アメリカ政府のヘタレぶりには呆れるばかりである。il||li (つω-`。)il||li ォィォィ…

 しかも北鮮は人道目的の食料援助を軍用に転用した実績があり、今回凍結解除された資金も人道目的に使用するとしているがその通りにホントに使われるのか?またあの専制犯罪国家においてどうやってそれを検証するのか?甚だ疑問である。((*¬д¬))嘘クサィ....

 今のまま北鮮ペースで6か国協議が進行すれば、拉致問題を理由に対北鮮支援を拒否し続ける我が國ヘタレた米ブッシュ政権により梯子を外されかねない状況になるのではないか?
 もしそういう状況に陥ったとしても日本政府には「拉致解決無くして支援無し」の原理原則を固守6か国協議そのものから脱退する気概をもって交渉に当たってほしいものである。
2007.03.19 Mon l 外交問題とか l コメント (2) トラックバック (2) l top
 政府の領土問題への取り組みは北方領土ですらコイズミ内閣の無関心により大きく後退し、尖閣諸島や竹島問題に至ってはシナや南鮮に阿る連中の妨害もあり生温いどころの騒ぎではない! 
 そういう現状であるが、高市北方相が真に有意義な提案をしたようである! 

竹島や尖閣諸島も、領土担当相新設を提案…高市北方相

 高市北方相は17日、日本の領土問題について、「国民世論啓発のために領土問題全体を担当するポストがあってもいい」と述べた。

 北方領土問題に加え、竹島問題や尖閣諸島問題なども所管する「領土問題担当相」を新設すべきだとの考えを示した。都内で開かれた北方領土問題教育者会議全国会議に出席後、記者団の質問に答えた。

 高市氏は「(領土問題に関する)外交交渉は外相が一元的に取り組んでいるが、もう少し幅広い視点があってもいい」と指摘した。

 これに先立ち、高市氏は同会議のあいさつで「学習指導要領でも小学校段階から領土教育について明確にして欲しい」と述べ、領土問題に関する教育の重要性を強調した。



--------------------以上引用-------------------

 高市北方相Go━─━【◎b´∀`人´∀`d◎】━─━oD

 現状打破し、シナや南鮮の如き餓狼どもを牽制するために今回の「領土問題担当相」新設提案には100%同意する!
 また、子供の頃より我が國の領土について関心を持たせるために、学習指導要領を改訂すべしとの意見全くそのとおりである!

 日本政府は今回の提案を生かし今一度、我が國の神聖な領土を夷敵どもより守るための体制作りを図るべきであろう!
2007.03.17 Sat l 外交問題とか l コメント (2) トラックバック (1) l top
所謂「従軍慰安婦」問題に関して、昨日放送の「総理と語る」において安倍首相が「心の傷を負い、大変な苦労をされた方々に心からおわびを申し上げている」と発言されたが、図に乗りすぎている南鮮は未だ外務次官が、「狭義の強制性」を証明する事実は無いとする首相の発言に懸念を表明するなど勝手に猛っているようである。

 単純な精神構造の半万年属国が勝手にホルホルホルする一方、今回の問題の真の首謀者たる「宗主国」シナは、火遊びが過ぎて自らも延焼するのを恐れたのか、はたまた4月に首相の温家宝(おん・かほう)が訪日する所為なのか、火消しに掛かった共産シナの対日宣伝機関たる朝日新聞がいち早く報道したようである。

中国が火消し? 安倍首相の「おわび」を一斉報道

 中国各紙は12日、安倍首相が従軍慰安婦問題で「おわび」をしたと一斉に報じた。温家宝(ウェン・チアパオ)首相の4月の訪日を前に、この問題で中国市民の対日感情がさらに悪化すれば、日中関係の改善を目指す指導部への批判につながりかねないという懸念が中国側にはあるとみられる。安倍首相の発言を強調することで、この問題の火消しをしたいとの思惑もうかがえる。

 この問題では、安倍首相が11日にNHKのインタビューに対し、従軍慰安婦問題で「心からのおわび」を語ったと同日にまず国営の新華社通信が伝え、テレビやラジオも同日夜のニュース番組で報道。翌12日付の中国各紙は、北京の大衆紙が見出しを1面に掲げるなどして大きく報じた。

 一連の報道は安倍首相の先の発言が「アジア諸国の強烈な反発」を招いたと指摘しつつ、11日のインタビューでは「おわび」のほか、93年の河野官房長官談話を「継承していく」と語ったことにも触れている。
 安倍首相が1日に従軍慰安婦問題で「強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実」と述べたことに対しては、李肇星外相が6日に「(同問題は)日本の軍国主義者による重大な犯罪のひとつ」と批判したが、同時に「温首相の訪日は両国の各領域における協力を推し進めるうえで大きな意義がある」とも指摘。中国外務省の秦剛副報道局長も8日、「日本が勇気を持ち、責任ある態度で対応するよう希望する」と述べるなど、日中関係の悪化を避けたいとの姿勢もにじませている。


--------------------以上引用-------------------

 自分で煽っておきながら体制批判など累が己に及びそうになると慌てて火消しかよ!笑止な!カーッ(゚Д゚≡゚д゚)、ペッ

 それにしても朝日新聞め!わざわざ温家宝に「ウェン・チアパオ」などとルビを振るとは!それ自体が売国新聞であることを示してやがる。日本の新聞であればキチンと「おん・かほう」とするべきであろう!

 さてその温家宝(おん・かほう)が訪日時にTV出演し日本国民と直接対話を希望しているようである。

 中国首相、来日時にTV出演へ…日本国民と直接対話

 中国の温家宝首相が4月中旬に来日する際、日本国民と直接対話するタウンミーティング形式のテレビ番組に出演する方向で最終調整している。

 政府筋が10日、明らかにした。温首相が強く希望したもので、日中両政府がテレビ局側に生放送の番組出演を打診している。

 中国の指導者による日本のテレビ番組出演としては、2000年10月に朱鎔基首相(当時)が来日した際、TBS番組で約100人と対話した例がある。

 温首相は、長年着古したコート姿で地方の農村視察を繰り返すなどで、「庶民派」(外務省幹部)として知られる。来日時には、日本国民に直接語りかけることで、対中世論の改善を図る狙いがあるようだ。

 また、温首相は中国首相として初の国会演説を行う方向で調整している。

 日本側も、こうした取り組みを後押ししている。



--------------------以上引用-------------------

 TV出演して国民と一般対話ねぇ~フゥ―( ´,_ゝ`)―ン…
それがNHKとかTBS、TV朝日なんかだと出演者はみんな「宗主国様マンセー!」のプロ市民じゃないのかな(w

 温家宝がホントに度胸があり日本人の対シナ感情を和らげたいのなら、あえて読売系の「たかじんのそこまで言って委員会」ぐらいに出演して保守派論客の集中砲火でも受けるべきだろう。

 そうせず「宗主国様マンセー!」の番組にしか出演しないとすれば、対シナ感情の改善など無駄よ無駄無駄ァ!であろう。

2007.03.12 Mon l 外交問題とか l コメント (2) トラックバック (2) l top
 所謂「従軍慰安婦問題」に関し、特亜による日米離間工作が効いてきた所為か、米下院において国辱的な対日批判決議が可決される恐れが高まっています。
 そういう状況下にありながら、自民党の中川(女)幹事長はバカボンぶりを遺憾なく発揮し、反日派の巣窟であるTV朝日において「慰安婦問題の再調査は必要ない」度し難い発言を行っています。

 そんな八方塞がりの中、やはり我々憂国の士の救世主となるのはローゼン閣下しかおられないようです!

慰安婦決議案、謝罪の必要なし=「日米離間工作」と指摘-麻生外相

 麻生太郎外相は11日午前、フジテレビの番組で、従軍慰安婦問題で米下院に提出された日本政府に対する謝罪要求決議案について「今の段階で謝罪をする必要は特にあるとは思えない」と述べた。安倍晋三首相は既に、決議が採択された場合でも謝罪しない考えを表明している。

 外相は、決議案をめぐる動きに関し「日米(関係)を離間させる有効な手段だ。対日工作、日米離間工作が結構それなりに効果を上げている」として、第三国による対日工作の可能性を指摘司会者が北朝鮮や中国による工作か」と質問したのに対し「もちろんそうでしょう」と述べた。


--------------------以上引用-------------------

 ネ申発言キタ*・゜゚・ヾ(*´Д`*)ノ・゜゚・* !!!!

 さすがはローゼン閣下!GJです。我々憂国の士が思ってネット上で発言してもかなか大きな声には成らないものですが、現職外相が公共の電波でズバッと言ってくれるとここ数日来のモヤモヤしたものが晴れる気がしますね!

 やはりローゼン閣下や中川(酒)政調会長あたりにテレビなどでもっとビシバシ発言していただきたいです。そして現在我が國を取り巻く理不尽極まる状況について、多くの一般国民に知らしめることこそ現状打破への確実な第一歩となると言えるでしょう!
2007.03.11 Sun l 外交問題とか l コメント (1) トラックバック (5) l top
 南鮮の酋長と言えば、「世界に冠たるファンタジスタ」常春酋長ノムたんが有名ですが、それに劣らぬ毒デムパを振りまいているのが金大中前酋長(日本名は豊田大中)です。

 こいつは、現代財閥の5億ドル違法送金を手土産金(-Φ-)ブタ!日と会談し、太陽政策を展開結果的に北鮮の国家犯罪を支援した大悪人ですが、自国民が未だ北鮮により拉致されているにも関わらず、なにより自分のことが最優先のようです。

金大中氏、ら致事件の真相究明求める

金大中(キム・デジュン)前大統領が9日、国家情報院・過去歴史真実究明委員会が調べている「金大中拉致(らち)事件」の真相を早期に究明してくれることを求めた。

チェ・ギョンファン秘書官は記者懇談会を要請し「過去歴史委員会がスタートしてから2年が過ぎたが、7の調査対象のうち唯一金大中拉致事件だけが、結果発表が遅れている」と強調した。同コメントには金前大統領の意向が盛り込まれているものとされる。金大中氏側は先月、共同通信との非公開会見の内容と「DJ拉致事件真相究明のための市民の集い」(代表:韓勝憲弁護士)が過去歴史委員会に提出した意見書を各マスコミに配布している。

金前大統領は、会見で韓国の当時の権力(朴正煕元大統領)が誤ったことをし、日本も適当に処理したものだから、積極的に両国民と世界に発表し謝罪すればそこまでのこと。何故そうしないのか」とした。



--------------------以上引用-------------------

 毒デムパ!ド―ユ─<(´∀゚`ll)>三<(ll´゚∀`)>コト―─ッ!!!

 何が「日本も適当に処理した」だと!ふざけるなキレタ─wヘ√レヾ(。`Д´。)ノwヘ√レv─!!!!!

 国際法を犯し我が國の主権を侵害したのは南鮮政府であろう!言わば我が國は被害者である。それを当時の冷戦状況下で両国関係の悪化を憂慮した我が国政府が配慮して政治決着させ、金大中自身も現職酋長当時一切不問にするとの立場であったのに、今になってこの言いぐさかよ!

 ここ最近の所謂「従軍慰安婦」問題や「日本人拉致」問題に代表されるように、やはり特亜は不倶戴天の怨敵であろう!我が國はこれら特亜との関係を速やかに見直し今こそ「脱亜」を成し遂げるべきである!
2007.03.09 Fri l 外交問題とか l コメント (0) トラックバック (0) l top
ホントは今日のエントリは別の話題にするつもりでした。しかし下記のような情報を知り思わず怒髪天をつく思いです!ハッキリ言って怒り大爆発です!

 天皇陛下は謝罪を/従軍慰安婦問題で米紙

 太平洋戦争中の従軍慰安婦問題に関する安倍晋三首相の発言について、米有力紙ロサンゼルス・タイムズは7日、問題解決に向け、「天皇陛下は自分の家族(昭和天皇)の名において行われた犯罪に対し一歩進んだ謝罪ができる」とする社説を掲載した。

 社説は日本政府に明確な謝罪を求める米下院外交委員会の決議があっても謝罪しないと述べた安倍首相について「中国、韓国との関係改善を目指し首相に就任しながら、日本の右翼勢力による歴史の修正主義にくみして関係を台無しにした」批判した。

 損なわれた日本のイメージと近隣国との関係修復のためには「政治の論争を越え、一番の貢献ができるのは天皇陛下だ」指摘1992年の訪中で「過去」を「深く悲しみとするところ」などと表明した発言より「さらに説得力のある謝罪」が、日本の政治家の発言より意味を持つと主張した。



 元記事

--------------------以上引用-------------------

 大激怒!(^`ω´^)ゆ(-`ω´-)る(・`ω´・)さ(ゝ`ω´-)ん(-`ω´-メ)o!

 特亜とそれに与する輩共によって捏造された「従軍慰安婦」なる虚構我が國を批判することですら許し難いのに、寄りにもよって先帝陛下の尊厳に対し奉り泥を塗り、更には今上陛下に対し奉り一新聞紙風情が謝罪を要求するとは!(^`ω´^)ゆ(-`ω´-)る(・`ω´・)さ(ゝ`ω´-)ん(-`ω´-メ)o!

 もはや悠長な事はしてはおれない!政府は直ちに諸悪の根源たる「江の談話」を廃棄し、全世界に対し我が國の正義を示さなければならない!その結果として、特亜共断交する事態もやむを得ない!

 さらにアメリカ政府、議会、国民に対しても、先の大戦中米軍が行ってきた我が國一般國民への卑劣な殺戮行為に対する公式謝罪を要求すべきであろう!
2007.03.08 Thu l 外交問題とか l コメント (8) トラックバック (7) l top
 今日、3月1日は日本統治下の朝鮮半島において、独立運動に名を借りた大規模暴動が勃発した日である。最終的に暴動は総督府により鎮圧され、以降半島に於いては一般住民が参加した大規模な暴動は沈静化した。
 その暴動を記念して、世に憚ることのない稀代のファンタジスタである酋長ノムたん一席かましてくれたようである!

盧大統領「韓国は歴史的に他国に害を及ぼしたことない」
盧大統領、3・1節記念式で力説


 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は1日午前、ソウル世宗文化会館で開かれた第88周年3・1節(独立運動)記念式に出席、「日本は誤った歴史を美化したり、正当化したりしようと考えず、良心と国際社会で普遍性を認められている先例に従い、誠意を尽くすよう望む」と述べた。

 盧大統領はこの記念式で、国民に対し国力と歴史に対する確信を持ち、北東アジアの平和と繁栄を導かなければならない」力説した。

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は1日午前、ソウル世宗文化会館で開かれた第88周年3・1節(独立運動)記念式に出席、「日本は誤った歴史を美化したり、正当化したりしようとするのではなく、良心と国際社会で普遍性を認められている先例に従い、誠意を尽くすよう望む」と述べた。

 盧大統領はこの記念式で、国民に対し「国力と歴史に対する確信を持ち、北東アジアの平和と繁栄を導かなければならない」と力説した。

 盧大統領は「今年は日本の植民地支配による国権侵奪に対抗し起こった国債補償運動から100年、李儁(イ・ジュン)烈士がオランダ・ハーグで日本帝国主義の侵略像を知らせ、国に殉じてから100周年になる。3・1節の意義がいっそう明確な日」と演説を始めた。

 そして「3・1運動当時、国を挙げて団結、大義名分も正しかったが、成功は納められなかった。世界情勢も、口では民族自決の大義をうたっていたが、現実は力で左右される帝国主義秩序だった」「今や私たちは大韓民国の安全と自尊を守り抜くだけの十分な力量を備え、誰も見下すことのできない強力な国軍を持ち、世界12番目を誇る経済力がこれを裏付けている」と強調した。

 盧大統領は「私たちの国力と歴史の大勢(たいせい)に対し確信を持ち、北東アジアの平和と繁栄を先導しなければならない」歴史的に他国に害を及ぼしたことのない私たちは北東アジアの平和を主導するに値する十分な道徳的名分と資格を持っている」自信を表した。

 続けて「国防改革と戦時作戦統制権の転換を通じ、自主的な防衛力を増し、南北関係も和解と協力の方向へさらに発展させていくべき」とも述べた。

 これと同時に「問題解決の転機となった2月13日の(6カ国協議)合意文書を成功的に履行し、韓半島(朝鮮半島)の平和体制を確固たるものとして定着させ、協力と統合の北東アジア時代を主導していかなければならない」と力説した。



--------------------以上引用-------------------

∧酋∧
< ;‘∀‘> <協力と統合の北東アジア時代を主導するニダ!

 身の程知らずの酋長が大妄言をぶったようであるが、いつも我が國の事となると直ぐにヒートアップしてファビョーンを発症する南鮮人のために少し解説を加えておこう!

 「日本は誤った歴史を美化したり、正当化したりしようとするのではなく、良心と国際社会で普遍性を認められている先例に従い、誠意を尽くすよう望む」とノムたんは喚いたようであるが、我が國が不本意にも朝鮮半島を領有していた時の諸問題に関しては、我が國と南朝鮮との間におい締結された日韓基本条約及びその後の借款等で解決済みである。
 またシナや南北朝鮮が金科玉条の如く持ち出す所謂「河野談話」が、
実は「従軍慰安婦」なるものに関する確たる証拠も無い事を承知しながら、南鮮側から執拗な要求「慰安婦の名誉の問題であり、個人補償は要求しない」との甘言に踊らせれた結果、売国奴江の傭兵が発表したものであることが産経新聞の調べで判明している。

 ノムたんが烈士と称えた李儁とは何者か?1907年6月オランダのハーグにおいて開催されていた第二回万国平和会議に当時の大韓帝國皇帝の密使として資格無く参加しようとした愚か者の事である。
 では何故無能な皇帝が密使などを送ったのか?それは1905年に締結された第二次日韓協商において当時の大韓帝國の外交権が我が國に接収されていたため、性懲りもなく西洋列強に事大しその無効を訴えようとしたものである。 
 しかしノムたん並みの脳味噌常春な皇帝の甘すぎる妄想国際社会から完全拒絶により粉砕されファビョーんを発症した李儁は切腹して犬死にしたのである。

 ノムたんは「歴史的に他国に害を及ぼしたことのない私たちは北東アジアの平和を主導するに値する十分な道徳的名分と資格を持っている」偉そうにほざいているが、
 ・一方的に李承晩ラインを設定し無辜の我が國漁民44名を死傷させたのは何処の国か!
 ・どさくさ紛れに我が國の神聖なる国土である竹島を侵略したのは何処の国か!
 ・米軍の尻馬に乗りベトナム戦争に参戦住民に対し米軍以上の残虐行為を働いたのはどこの軍隊か!
 ・その結果、約3万人にも及ぶと言われる韓越混血児問題を引き起こしたのはどこの国だ!
 ・命綱である橋梁を手抜き工事した挙げ句、落橋させパラオ国民に多大なる迷惑をかけたのはどこの国か!

 これら現実を直視できないノムたん及びそのノムたんを酋長に選出した南朝鮮人の罪死してもなお償えるものではない!この際、南北朝鮮一蓮托生で地球上から消滅して欲しいものである!それこそ朝鮮が地球人類に対し出来る唯一無二の貢献であろう!
2007.03.01 Thu l 外交問題とか l コメント (4) トラックバック (1) l top
 バブル時代の残滓であるが「海峡横断プロジェクト」というのがあることをご存じだろうか?
東京湾口、伊勢湾口、紀淡海峡、豊予海峡等を橋梁またはトンネル等で結び付けようという「夢のプロジェクト」である。
 ただ高度成長時代ならいざ知らず、現在の経済財政状況を踏まえる技術的には十分可能であるが、建設する必要性を如何に納税者に説明するかが極めて困難と言わざるを得ず、まさに夢のまま終わる事が見えている計画である。

 しかしそんな「海峡横断プロジェクト」など足下にも及ばないような壮大な計画が南朝鮮で立てられているようである。

韓日海底トンネル建設、議論本格化なるか

 許南植(ホ・ナムシク)釜山市長が韓日海底トンネル建設の妥当性などに関する検討の必要性を公式に提起した。これにより、韓日海底トンネル建設問題に対する賛否両論が再び過熱するものと見られる。

 許南植市長は26日午前、10大政策課題を発表する記者会見を開き、「(釜山の)地政学的環境を考慮した場合、釜山市は韓日海底トンネルの建設問題について、真剣に検討する必要がある」と述べ、韓日海底トンネル問題に言及した。

 この言及について、「韓日海底トンネル建設は、日本側により有利なのではないかという主張がある」との質問が出ると、許南植市長は「釜山では日本との交流や、経済的協力が非常に重要なだけに、(韓日海底トンネル建設の)必要性と妥当性はもちろん、賛否・長短・得失を検討、議論する必要がある。賛否両論があるからといって、議論すらしないのは問題がある」と答えた。

 また、許南植市長は「これまでこの問題について、散発的な議論だけが行われてきたが、その中心的な論点には釜山があり、(韓日海底トンネル建設により)最も大きな影響を受けるのも釜山であるため、釜山市が自ら進んで入念に検討し、議論を行うことは意味があることだと思う」と強調した。



--------------------以上引用-------------------

 日朝トンネルだって!ポカ━━━(○゚Д゚○)━━━ン!

 鉄道トンネルとして世界最長である青函トンネル(53.85㎞)が通過する津軽海峡松前半島白神岬~津軽半島竜飛崎間の巾ですら19.5kmである。
 しかるに対馬海峡は全体巾約200㎞、平均水深90~100m。西水道だけでも最狭部の幅は約50km青函トンネル渡洋部の2.5倍の距離である!

 恐らく天文学的な巨費を投じれば技術的には建設は可能なのかもしれない。しかし人流物流の主流が航空機輸送の時代巨費をかけて建設する意義があるのか?
 また、只でさえ武装スリ団に象徴される南朝鮮人犯罪者の流入に手を焼いている現状及びシナの尖兵として統一朝鮮軍が我が國へ直接侵攻する危険性を考慮するなら日朝トンネルなど百害あって一利なし!
2007.02.27 Tue l 外交問題とか l コメント (1) トラックバック (0) l top
世界に栄えある日章旗!


 本日、2月22日は島根県が独自に制定した「竹島の日」である。島根県隠岐郡隠岐の島村に属するこの島は、1954年7月に南朝鮮軍の侵略を受け、以来南鮮が不法占拠を続けている島である。この点において露助が侵略し不法占拠を続けている北方領土と何ら変わりはない筈である。
 しかし日本政府の竹島に対する対応は、北方領土に対するそれと大きく異なってしまっているのが現状のようである!

22日に2度目の「竹島の日」

 日韓両国で主張が異なる竹島(韓国名・独島)の早期領有権確立を目指し島根県が2005年3月に条例を制定してから2度目の「竹島の日」を22日、迎える。条例は竹島問題に対する国民世論の啓発が目的で、県が昨年行った県民意識調査では7割が「関心がある」と回答。2年目の今年は24日に記念行事を行い、さらなる世論喚起を図る。

 記念行事は松江市殿町の県民会館中ホールで開催。同会館であった昨年の行事は、反発を強める韓国側の動向に配慮して参加者を200人あまりに絞ったが、今年は500人規模に拡大する。

 ただ、日韓関係の悪化を懸念する声も根強く参加を要請された外相と農林水産相は20日までに県へ欠席を伝えた。昨年出席のなかった地元選出国会議員は現在調整中だ。

 記念行事は、竹島関連資料の提供者へ感謝状を贈呈する記念式典と、領土問題を考えるフォーラムで構成。フォーラムでは防衛大学校の佐瀬昌盛名誉教授と産経新聞の黒田勝弘ソウル支局長が、領土問題や竹島問題に対する韓国の現状をテーマに講演。続いて、県が設けた竹島問題研究会の座長を務める下條正男拓殖大教授ら2人が、2年間の研究成果を報告する。

 また、記念行事に先立ち、22日から3日間、同市殿町の県立博物館内で竹島関連の写真や地図を展示する竹島資料室を、今春のオープンを前に臨時開設するほか、22、23両日には県庁1階の県民室で、竹島問題の歴史的事実などを解説した啓発ビデオを放送し、機運の醸成を図る。



--------------------以上引用-------------------

ローゼン閣下コネ━━━。゚・(ノд`)・゚。━……‥ ‥ 

 何故、日本政府は竹島奪還に向け動かないのか!このままでは南鮮如きに舐められっぱなしではないか!
 「日韓関係の悪化を懸念」などとこの記事にも書かれているが、このような事平気でやる南鮮が我が國の友邦であろう筈がないではないか!

民主的デモ

爆弾投下!

日本を核攻撃しようぜ!


 今からでも遅くはない!日本政府は日本全体の問題として「竹島問題」を取り上げ、島根県を全面バックアップすべきである!更にテロ国家北鮮支援を一向に止めない南鮮「テロ支援国家」として位置づけ我が國の神聖なる国土である竹島奪還に向け全力を尽くすべきである!
2007.02.22 Thu l 外交問題とか l コメント (3) トラックバック (1) l top
watchers.jpg


 日韓交流の最前線、福岡から情報発信されている「フィオリーナの以心伝心」の管理人の小林少年さんが提唱されている「竹島プロジェクト2007」に参加しました!

 戦後のどさくさに紛れ、南鮮の李承晩軍事独裁政権により強奪された我が國の領土「竹島」を早期に奪還するためにも国民一人一人の運動が重要です。

 憂国の士の皆さん!竹島奪還のため是非立ち上がりましょう!
2007.02.22 Thu l 外交問題とか l コメント (3) トラックバック (3) l top
 昨日のエントリで、6か国協議の合意に関し、我が國と同じく米露両国も当面北鮮への援助は行わないことを表明したことを取り上げましたが、呑気にイタリア訪問を行っている脳内常春酋長ノムたんはその事実に全く気づいていないようです(w

盧大統領「北朝鮮の要望に韓国が応えるべき」

イタリアを訪問中の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は15日、6カ国協議合意に関連し「北朝鮮の要望に韓国が応えて問題を解決しなければならない。それでも得るものは大きい」との考えを示した。当時はそうした発言はできなかったが、幸い協議がうまく運び発言する必要もなかったと主張した。宿泊先のホテルで現地在住韓国人と懇談会を行った席でこのように述べ、北朝鮮が6カ国協議で重油を要求してきた際には、韓国がすべて提供することになるとの懸念と批判的な記事が多かったが、均等分配になって幸いだと説明した。
 盧大統領は、北朝鮮に与えすぎだという非難も多く聞かれるが、戦後に欧州経済に膨大な援助を行い、その利得を最も多く得ているのが米国だと強調した。韓国も開城工業団地事業などで米国以上の成果を得ることができるとし、「これを持って北東アジア市場が効率的な1つの市場に成長する。そのための投資だと考える」と主張した。

 今後の北朝鮮核問題については、「楽観的に見ているほうだ。そうでなければならない」と述べ、核の問題が解決されある段階に至れば、南北間朝鮮半島平和定着に向け業務を進めると方向性を示した。現在は休戦中、見方によっては戦争の延長状態にあるが、戦争を終えて今後の南北平和協力のための法的土台を作るという仕事が残っていると強調した。

 盧大統領はまた、「合意をしても予測が難しく条件が多く厳しい」ため、最も心配されるのは北朝鮮だとし、難しい相手をよくなだめて行かなければならないと強く述べた。



--------------------以上引用-------------------

∧酋∧
< ;‘∀‘>フ <偉大なる将軍様の御為に皆で分担するニダ!
/ つ旦 ノ

         ,,-‐-~ー-、,
           / ⌒   ~ミヾ)-、
          //,/⌒ヾ─-‐" ̄ヾ  i
          l〃i   彡三ミ _  |ミ、}    
         __|,〃   __,,,.ハ、,ー  ヾ,ノ┐ / ̄ ̄ ̄
         |ヽ{   ,´´゚ | | ゚``、  }イノ  | 臭っ!
         `し|    , J レ 、   |J´ ∠____
           | l  /\_,/ヽ i |        _ 
           |   !    │ /       /  \
.           \ │/ーへ│,/      /::\つソ
             _\_`__∠____ζ::::::::.//\ ∬   ブーン
           /|::::|/□\|::::|::::::::::::::::::::::::/ /∧韓∧ ~∞
          /| ;;;;>;;| ノ`l  .|;;<;;;:::::::::::::::./  /< ;`Д´>
          |:::::::::::_|_| __      ∞⌒ (  ∪∪   ~∞
          |:::://:::::::::/  \   ブーン   ∪∪´
          \___|_/ソ               )
                  /ヽ ∬   ブーン      ∞
                  ∧北∧ ⌒∞
                 <丶`Д´>
              (  (  ∪∪  ~∞
              ∞  ∪∪´



 「戦後に欧州経済に膨大な援助を行い、その利得を最も多く得ているのが米国」ってなぁ┐(-д-`;)┌ ヤレヤレ ノムたんはもっと近現代史やマーシャルプランについて基礎的勉強をした方がいいんじゃないかい。

 それにしても既に日米露の主要3か国に梯子を外されているのに未だに気づかないノムたんはまさにお花畑の住民であるがその出来損ないの酋長に率いられる南鮮国民は、如何に自業自得とは言え(´・ω・)テラカワイソス
2007.02.16 Fri l 外交問題とか l コメント (1) トラックバック (2) l top
酋長特別機用太極旗(w


 脳味噌常春酋長ことノムたんが呑気にスペイン等欧州3か国を歴訪している間にようやく纏まった6か国協議に関し北鮮がケンチャナヨ精神を炸裂させ合意履行に早速暗雲が漂っているようである。

「核臨時停止で重油100万t」北朝鮮が勝手な解釈

 北京で開かれていた6か国協議で13日に採択された共同文書について、北朝鮮が同日、自らに都合のいい一方的な解釈を打ち出し、早くも履行に暗雲が差している。

 共同文書は、北朝鮮が核放棄に向けた措置を取らない限り、大量なエネルギー支援を得られない仕組みになっているが、北朝鮮は核施設を「臨時」に停止しただけで100万トン供与の合意を取り付けたと主張しているためだ。北朝鮮が支援規模に文句をつけ、合意を履行しないための布石でないかとの見方が出ている。

 共同文書は、北朝鮮が核放棄に向けて取るべき措置を2段階にわけ、〈1〉60日以内に核施設の活動停止・封印と、国際原子力機関(IAEA)による監視・検証を受け入れれば、他の国は重油5万トンを支援〈2〉さらに核計画を完全に申告し全施設を使用不能にすれば、最大95万トンを支援する――としている。

 だが、朝鮮中央通信は合意数時間後の13日夜「協議で各国は、(北)朝鮮の核施設の稼働臨時中止に関連して、重油100万トン相当の経済・エネルギー支援を提供することにしたと伝えた。

 これについて米国首席代表のクリストファー・ヒル国務次官補は14日、北京のホテルで記者団に、「北朝鮮のメディアは十分な情報を得ていないことがあるが、北朝鮮の代表団は合意内容を十分理解している。あまり心配していない」と述べ、北朝鮮側は核施設の停止を解体に向けた措置と承知しているとの見方を強調した。

 だが、韓国・西江大の金英秀(キム・ヨンス)教授は、〈1〉別の解釈を持ち出すことで合意の拘束力を弱める〈2〉履行にはさらに討議が必要であると米国に思わせる〈3〉北朝鮮上層部に対し有利な合意であるかのように宣伝する――との意図があると分析。「北朝鮮が合意をそのまま履行する見込みは薄い」と見る。

 この背景には、今回の協議で議長国・中国が最初に出した草案と、採択された文書で、文言に違いがある点がある。草案では「第1段階で5万トン、第2段階で95万トン」と完全に区別がつけられていたが、北朝鮮が受け入れを拒否。このため最終的には、「第1段階で5万トン、第1段階と第2段階で計100万トン」と表記された。北朝鮮はこの点を突いて意図的に曲解しているわけだ。

 北朝鮮は2005年9月の6か国協議で共同声明が採択された際も、核放棄後を想定して盛り込まれた「軽水炉の提供問題」という文言について、「軽水炉提供が核拡散防止条約(NPT)復帰の条件」と独自の解釈を翌日に表明している“前歴がある。

--------------------以上引用-------------------

 それ見たことか!言わんこっちゃない!北鮮の意図を見抜けぬ米代表のヒル国務次官補とやらは余程の脳天気なのかそれとも思考が砂糖を塗した蜂蜜漬けになっているようである。

 しかしながら米ロ両大国の本国政府はさすがにヒル国務次官補ほど考えは甘くないようである。

6か国合意で米大統領「重油5万トンは韓国が提供」

 ブッシュ米大統領は14日午前(日本時間15日未明)の記者会見で、北朝鮮が60日以内に核施設の「活動停止・封印」を履行した場合に見返りとして受ける重油5万トンについて、韓国が提供すると述べ、米国など他の関係国は支援に加わらないとの見方を示した。

 <以下略>



--------------------以上引用-------------------

北朝鮮への「重油5万トン支援」、露は加わらず

 ロシアのアレクサンドル・ロシュコフ外務次官は13日夜、北京で記者団に対し、同日採択された6か国協議の共同文書に盛り込まれた「重油5万トンの支援」に「ロシアは加わらない」と語った。
<以下略>


--------------------以上引用-------------------

 梯子外しキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

 。・゚・(´∀`*)゚・・。ヴァノヽノヽノヽノヽノヽノヽノヽ我が國にしてもそうだが、米ロ両政府とも北鮮がまともに約束を果たすとは露ほども信じていないようである。であれば北鮮みたいな世界の厄介者脳味噌常春酋長が率いる同胞たる南鮮に背負わさせて自らは関わりたくないってのが本音な訳だ!

 ノムたんも太陽政策を掲げ続ける以上、同じ民族がしでかした事ぐらいは我が國に責任を押しつけず自分等で最後まで面倒見てやれよな!
2007.02.15 Thu l 外交問題とか l コメント (2) トラックバック (3) l top
 北京で開催されていた6か国協議は、、北鮮が核関連施設の凍結と査察受け入れに応じる一方見返りとして重油年間200万トンに加え電力200万キロワットという大量のエネルギー支援という法外な要求を出して難航していたが、今日になって一定の合意に達したようである。

6か国、共同文書採択し閉幕…日朝正常化へ作業部会も

 北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議は6日目の13日午後、北京の釣魚台国賓館で全体会合が開かれ、北朝鮮の核放棄に向けた初期段階の措置と見返りのエネルギー支援などを盛り込んだ共同文書を採択、閉幕した。

 北朝鮮が60日以内に寧辺の核施設の停止や監視を受け入れる代わりに、他の5か国が重油5万トンを支援し、北朝鮮が施設を使用不能にすれば支援規模も大幅に増やすとしている。

 日朝国交正常化など課題別の5つの作業部会を30日以内に開催することも盛り込まれた。次回協議は3月19日に開催される。

 共同文書は、北朝鮮の核放棄を盛り込んだ2005年9月採択の共同声明の履行を具体化した初めての文書だ。06年10月に核実験に踏み切った北朝鮮の核開発に歯止めをかけられるかどうか注目される。

 共同文書は、60日以内に、北朝鮮が<1>寧辺(ヨンビョン)の再処理施設を含む核施設の活動停止・封印と、監視・検証のための国際原子力機関(IAEA)の復帰<2>すべての核計画のリストに関する協議――を行う代わりに、5か国は重油5万トン相当の経済・エネルギーや人道支援を提供し、米国は北朝鮮のテロ支援国指定解除や敵国通商法の適用終了の作業を開始するとされた。

 共同文書はさらに、北朝鮮がすべての核計画について完全な申告を行い、既存の全核施設を無能力化した場合、重油95万トンを追加支援するとされた。

 さらに、05年の共同声明に盛り込まれた<1>朝鮮半島の非核化<2>米朝国交正常化<3>日朝国交正常化<4>経済・エネルギー支援<5>北東アジアの平和・安全メカニズム――の5つの課題別に作業部会を設置し、いずれも30日以内に第1回会合を開くとされた。

 共同文書は日朝関係については、「平壌宣言に従って、不幸な過去を清算し、懸案事項を解決することを基礎として、国交を正常化させるための措置を取る」としている。

 また、こうした初期段階措置が実施された後、すみやかに6か国の閣僚会議を開くことも盛り込まれた。

 一方、米首席代表のクリストファー・ヒル国務次官補は協議終了後、記者団に、北朝鮮が強く求めてきた金融制裁の解除問題を30日以内に解決すると、中国側に伝えたことを明らかにした。米国が金融制裁の一部解除の方針を明らかにしたのは、これが初めて。

 次官補はまた、共同文書で取り扱われていない北朝鮮のウラン濃縮計画については非核化の作業部会で論議すべきだと指摘。さらに、米朝関係の作業部会の第1回会合をニューヨークで開き、北朝鮮首席代表の金桂寛(キム・ケグァン)外務次官を呼ぶ考えであることを明らかにした。

--------------------以上引用-------------------
 
 シナや南鮮が北鮮を支援するのは勝手だし、ある意味テロ国家北鮮を支援する「テロ支援国家」としては当然であろう。
 ただ拉致問題が解決に向けての進展が殆ど見られない中での今回の合意内容はまさに「盗人に追い銭」ではないか!しかも何故拉致問題の当事者たる我が國までそれに付き合わなければならないのか!

 安倍首相は早速、「拉致進展なければエネルギー支援せず」との方針を表明したが、これを全面的に支持する!
 今回の6か国協議の中で鮮明になったブッシュ政権のヘタレぶりを見る限り、北鮮はいよいよ増長して来るであろう!であれば我が國自身が頑張って拉致被害者の方々の一刻も早い救出を目指さなければならない!そのためにも我が國の政財官界に巣食っている売国奴どもを一掃国内体制を整える必要があろう!
2007.02.13 Tue l 外交問題とか l コメント (3) トラックバック (3) l top
 自尊心だけは過剰の南鮮は最近歴史問題で我が國だけでなく宗主国様にまで文句をつけていますが、国際儀礼を弁えず冬季アジア大会表彰式で政治スローガンを出して大顰蹙を買ったりしています。
 そして自国に都合の悪い歴史は例えそれが国指定文化財であっても南鮮人には許せないそうです。

中国に仕返し? 三田渡碑にスプレーで落書き

 史跡第101号に指定されている「三田渡碑」(ソウル市松坡区石村洞)スプレーがかけられた三田渡碑は丙子の乱(1636年に起きた清による第2回朝鮮侵略)の際、朝鮮が清に敗れた後、清の太宗の要求により彼をたたえる言葉を刻んだ石碑で、「大清皇帝功徳碑」と書かれている。この高さ3.95メートル、幅1.4メートルの石碑の前面と裏面に1メートルほどの大きさで「撤」「去」という文字が赤のスプレーで書かれているのが発見された。

 「撤」の字の下には「370」というアラビア数字が書かれている。丙子の乱が起きた1636年か、三田渡碑が立てられた1639年から現在までの年数を示しているものと思われる。ソウル市松坡区庁のパク・チュンファ文化財チーム長は「今月5日朝に三田渡碑周辺を掃除しようとした公益要員が発見した。日曜日だった4日夜にスプレーで書かれたようだ」と話している。犯人はまだ捕まっていないが、松坡区庁関係者らは、最近の中国との「歴史摩擦」に激怒し、「中国に関する“恥辱的な歴史”は消すべき」という意味でスプレーをかけたものとみている。

こんな物は認めないニダ!


--------------------以上引用-------------------

 ウリナラマンセーキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

アイゴーー!!
((⌒⌒)) ファビョーソ!!    
  ||||
∩#`Д´> < ウリナラは半万年の歴史を誇る国ニダ!! これは日帝の陰謀に違いないニダ!! 謝罪と賠償を(以下略

 え~と、ちなみにこの「三田渡碑」に書いてある要旨は

 ・愚かな朝鮮王は偉大な清国皇帝に逆った。
 ・清国皇帝は、愚かな朝鮮王を窘め、この大罪を諭してやった。
 ・良心に目覚めた朝鮮王は、自分の愚かさを猛省し、偉大な清国皇帝の臣下になることを誓った。
 ・我が朝鮮は、この清国皇帝の功徳を永遠に忘れず、また清国に逆った愚かな罪を反省するために、この石碑を建てることにする。

 な~んだ、結局朝鮮人達はちっとも反省していないだけじゃんポンッ☆_o(´д゚〃)ナットク☆♪

 それにしても朝鮮の歴史から「中国に関する歴史」を省いたら「日本統治下」分しか残らないじゃん( ´,_ゝ`)´`,、´`,、

2007.02.09 Fri l 外交問題とか l コメント (3) トラックバック (0) l top
 旧ソビエトは先の大戦において実に多くの領土を近隣国から奪い取った。
・フィンランドは国土の実に10%を占めるカレリア地方など奪われた。
・ルーマニアはベッサラビア地方を併合された。
・ポーランドは国土の東半分を奪われ国全体が西に移動。
・ドイツはそのあおりを喰らい、東部国境がオーデル・ナルセ線まで移動した上に故地と言える東プロイセンもソビエトに奪われている。

 そして我が國からは1945年8月15日以降に千島及び南樺太に侵攻し武力でこれを奪い取った。

 1951年締結のサンフランシスコ講和条約において、我が國は南樺太及びウルップ島以北の千島列島に関して権利、権原及び請求権の放棄を行った。しかし同条約を旧ソビエト政府は署名しておらず、我が國が放棄したそれらは国際法上はロシア領土ではなく帰属未定である。
 また北方領土は川幕府と帝政ロシアが1855年に締結した日本国魯西亜国通好条約において日本領であることが確定したものである。

 さて、本日2月7日は日本国魯西亜国通好条約が締結されたその日でありそれを記念して「北方領土の日」とされた日である。
 1981年の制定以来東京に於いて「北方領土返還要求全国大会」が開催され首相や外相など政府代表、衆参両院代表や各政党代表らの出席のもと開催されているのだが、対露外交に無関心であったコイズミ政権で、一昨年昨年と行われた全国大会に連続してコイズミ首相が出席をサボり昨年に至っては首相メッセージの代読すら見送り、結果として露助側に「我が國が北方領土を諦めた」との誤ったメッセージを送ってしまった。 そしてこの事がプーチン政権の高圧的な対日姿勢として現れており、この点でコイズミ前政権の罪は万死に値する。

 さて、本日「北方領土返還要求全国大会」が開催され3年ぶりに現職首相が出席北方領土問題解決に向けた意気込みを示したようである。

「粘り強く交渉」と首相 北方領土返還要求全国大会で

 安倍首相は7日、東京都内で開かれた北方領土返還要求全国大会に出席し、「北方四島の帰属の問題を解決して、平和条約を締結するとの基本方針に従い、ロシア側と粘り強く交渉していく」とあいさつした。首相は年内にもロシアを訪問する意向で、領土問題の打開に向けた意気込みを示した。麻生外相は、領土問題の停滞に「誠に遺憾だ。双方が受け入れられる解決策を見いだす努力を行うことで一致している」と訴えた。

 首相による出席は、04年の小泉前首相以来。05、06年の大会を欠席した小泉氏に対しロシア国内から「アジア外交で手いっぱいで、北方領土問題を優先課題から外した」との憶測も出た。

 安倍首相の父、晋太郎元外相が日ロ平和条約交渉に力を入れていたこともあり、日本政府内には「政治力のあるプーチン大統領の来年春までの任期中に糸口を見いだしたい」(外務省幹部)との思いが強い。首相はこの日、「日ロ関係の発展が両国に恩恵をもたらす潜在的な可能性は極めて大きい」と強調した。

 日ロ両国は、昨年11月の首脳会談や今年1月の外務次官による初の戦略対話でも領土問題について意見交換。今月下旬に来日するフラトコフ首相との間でも、領土問題を議題にする予定だ。ただ、原油高を背景にロシア経済が好調な中で、日ロ間交渉の最大のテコとなっていた経済支援の効果は乏しく「ロシア側が譲歩する状況にない」との見方も強い。



--------------------以上引用-------------------

 安倍首相の意気や良し!(。・∀・σ)σイイね
 ただ原油高騰を背景にシナとの連携を深め旧ソビエト時代へ先祖返りを進める露助のプーチン政権と如何に対峙していくか。 誠に残念ながら我が國単独で露助と対応するにはあまりにも力不足でありアメリカとの連携が不可欠である。
 然るに久間防衛相の不用意な発言等が原因で現在日米の外交防衛関係者の連携が乱れている。
 北方領土奪還の意気込みだけでなく具体策を明確にしていって貰いたいものである。
2007.02.07 Wed l 外交問題とか l コメント (1) トラックバック (1) l top
4日のエントリで、我が國のEEZ内シナの調査艦が事前通報と異なる箇所で調査していた事を取り上げた。日本政府はこの一件に関しシナ政府に対して回答と謝罪を求めていたが、ようやく回答が届いた。
 だがその内容は全く盗っ人猛々しいものであったようである。


日本が釣魚島調査を騒ぎ立てたことに強い不満を表明

 中国が実施した釣魚島(日本名・尖閣諸島魚釣島)近海での科学調査について日本側が騒ぎ立てた問題で、外交部アジア司の担当者は5日、北京の日本大使館の職員に申し入れを行った。

外交部ウェブサイトによると、同担当者は釣魚島およびその付属島嶼は古来より中国の固有領土であり、中国はこれに対し争う余地のない主権を有する。中国側船舶は釣魚島近海で通常の海洋調査を行っていただけで、これは中国の正当な主権の行使である」と指摘。「中国は日本側がこの件を騒ぎ立てたことに対し、強烈な不満を表明する」と述べた。



--------------------以上引用-------------------

 帝國主義キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

(゜Д゜)ハァ?「争いの余地のない主権を有する」「騒ぎ立てたことに対し、強烈な不満を表明する」だと!他人の庭先を荒らしておいて何たる言い分。ふざけるな(#゜Д゜)ゴルア!!

 それもこれも害務省と歴代政府の事なかれ主義と売国ぶりがこのような事態を招いたのではないか!毛沢東時代の後進国であった時はいざ知らず、現在のシナは帝國主義の本性をむき出しにし月にまでその侵略の手を伸ばそうとしている。
 にも関わらず政府は東シナ海のガス田試掘すら認めようとせず、ひたすら波風が立たないようにしているだけである。このような日本政府の弱腰ぶりが今回のようなシナの舐めきった態度に現れているのではないか!

 安倍首相の持論は「主張する外交」の筈である。であれば今までのような対シナ弱腰外交を早急に改めるべきである。まずは第一歩として尖閣諸島周辺警備のために海自部隊を展開しシナの跳梁跋扈を防ぎ、その上でシナに対峙すべきであろう!
2007.02.06 Tue l 外交問題とか l コメント (1) トラックバック (5) l top
 排他的経済水域(EEZ)とは、国連海洋法条約に基づいて設定される経済的な主権がおよぶ水域である。つまり沿岸国はEEZ内における水産資源および鉱物資源などの非生物資源の探査と開発に関する権利を有しているのである。

 当然他国のEEZ内で何らかの調査を行おうとした場合、その沿岸国の了解が必要になるのだが、中華思想実現に向けまっしぐらの共産シナはそんな国際ルールなどお構いなしのようである。

中国の海洋調査船、尖閣諸島の日本EEZ内で確認

 4日午前9時半ごろ、沖縄県の尖閣諸島・魚釣島(うおつりじま)から西北西約30キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で中国の海洋調査船「東方紅2号」(3235トン、全長96メートル)が調査活動を行っているのを、第11管区海上保安本部(那覇市)の巡視船が確認した。

 中国側は鹿児島県・奄美諸島西側などの東シナ海で、1月18日~2月15日の間に調査を行うと日本側に事前通報していた。しかし、東方紅2号は、通報した海域より南西に約300キロ離れた地点で確認されており、巡視船が無線などで調査中止を求めているが、調査船からの応答はない。

 海保によると、東方紅2号は航行と停止を繰り返し、船尾などから、プランクトン採取用の網や観測機器とみられる機材を海中に入れながら断続的に調査を続けている。

 東方紅2号は昨年7月、事前通報なしに尖閣諸島近くのEEZ内を航行しているのが確認され、政府が中国側に抗議した。



--------------------以上引用-------------------

騙し討ちキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

 今回の東方紅2号による無断調査は、東シナ海に於いてシナ海軍の潜水艦が跳梁跋扈し我が國のシーレーンを脅かす活動に必要な基礎資料を収集していると思われる。

 日本政府はこのような国際信義を踏みにじる共産シナの侵略行為を許してはならない!
 温家宝の訪日など断るべきだしましてや皇太子殿下の北京五輪開会式へのご臨席など以ての外である! 

 一国民が声高に叫んでも、いつもの如く害務省の所謂「チャイナスクール」などといった売国外交官が暗躍して「遺憾の意」表明でお茶を濁すのでは無いかと思われる。しかしこのままではいつまで経ってもシナに舐められぱなしである。ここは一つ海自に威嚇させる程度ぐらいのことをやってみせて我が國の断固たる意志を示すべきではないのか!

2007.02.04 Sun l 外交問題とか l コメント (1) トラックバック (4) l top
 今、アメリカのユタ州で開催中のサンダンス映画祭において、シナ国営テレビ局との共同制作によるなんちゃってドキュメンタリー映画「南京」が公開されているようである。

 産経新聞の記事によると制作者は石原都知事にも取材はしたものの映画の内容には全く反映されずシナの言い分ばかりを代弁したドキュメンタリーの形をしたプロパガンダ映画のようである。

 そしてこのプロパガンダ映画に対し日本政府は今のところ何の反応を見せていないようである。
 個人的には最低でも我が國としての意見を声明として発表すべきだと思う。さもないとシナの思惑通り我が國が国際社会で一方的に悪者扱いされかねない。それこそがシナがこの手の映画製作に協力する目的でもある。

 さて、このような状況下、我が國においても衛星放送テレビ局「日本文化チャンネル桜」の社長である水島総氏を中心にした保守系有志が集って、南京攻略戦の真実を伝える映画の製作を準備中である。

 ところが、シナ政府がこの有志による映画製作に対して公然とイチャモンを付けてきたようである。

日本の右翼の南京大虐殺映画の撮影、外務省がコメント

 中国外務省の姜瑜報道官は25日北京での記者会見で「日本は責任のある態度で歴史問題を適切に処理すべきである」と述べました。

 これは「日本の右翼が南京大虐殺に関する映画を撮影する計画があるが、これに中国はどう思うのか」という質問に答えたもので、姜瑜報道官はさらに南京大虐殺には確実な証拠があり、国際社会において定説となっている。日本が責任のある態度で、歴史問題を処理することを臨んでいる。これはアジアの隣国ひいては国際社会の信頼回復に役立つものであり、また日本自身の利益にも合致する」と述べました。

 姜瑜報道官はまた「両国の国民感情を改善することは中日が直面する共同な課題であり、中国は一貫して『歴史を鏡にし、未来に目を向ける』という精神に基づき、中日友好協力関係を発展することを主張していると述べました。

 東中国海問題について、姜瑜報道官は「中日両国の首相はこのほどフィリピンでの会談でこの問題について共通した認識に達した。新しいラウンドの交渉には中国はオープンな態度を持っているが、詳しいスケジュールについていま双方が調整中である」と述べました。



--------------------以上引用-------------------

 (゜Д゜)ハァ?「南京大虐殺には確実な証拠があり、国際社会において定説となっている」って?確実な証拠って何だよ?しかも何時の間に定説になったのか?ふざけんなよ(#゜Д゜)ゴルア!

 更に、「中国は一貫して『歴史を鏡にし、未来に目を向ける』という精神に基づき、中日友好協力関係を発展することを主張」と言うのは、要するに我が國に対し、「シナによる冊封体制下に入り朝貢すれば恩恵でも与えてやる」とでも言うのか!

 南京攻略戦当時、シナ軍が便衣兵(ゲリラ)戦術を多用したことに加え、多くの住民が居住するシナ大陸における都市攻略戦であった為、一般住民が不幸にも戦渦に巻き込まれたのは想像に難くない。
 ただシナがことさら主張し既成事実化しようと画策している「犠牲者30万人」と言うのはあまりにも眉唾ものと言わざるを得ない。

 以前にも触れたが、旧帝國陸軍は「輜重輸卒が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち」と言われるほど補給が軽視されていた実態がある。その帝国陸軍が虐殺に必要とする大量の軍事物資を一体どう補給したのかという問題がある。
 また政戦両略の観点から南京においてわざわざ30万人の一般市民を虐殺する必要性は全くない。

 そうした点からシナが主張する「定説」とやらはシナ共産党が我が國を永久に批判断罪するために必要であって客観性は皆無である。

 また国策映画ならいざ知らず、有志が集まって製作する映画に外国政府が干渉してくるとは極めて傲慢であり不遜である!よほどシナ共産党が作り上げた「南京大虐殺」という虚像が貶されるのがお気に召さないのか!

 裁国家シナがこのように日本国憲法で保障されている「表現の自由」にまで不当に干渉してくる以上、奴らとの共存はあり得ない!
2007.01.26 Fri l 外交問題とか l コメント (3) トラックバック (4) l top
 退任後はコメディアンとして日本デビューも噂される脳味噌常春酋長ノムたん。国内でのあまりの不人気ぶりに対し一念発起して大TV演説をぶったのですが、見向きされないばかりか、更に国民から大ヒンシュクをかったようです(w

支持率低迷の韓国・盧大統領、「大演説」に抗議相次ぐ

 「今日の演説で支持率はさらに下落」「時間も守れない大統領に、どんな約束ができるのか」。韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が23日夜、テレビ地上波全3局を通じて新年の特別演説を行った。1時間に及ぶ大演説で、人気番組の放送時間が深夜にずれ込んだため、視聴者からの抗議が番組に相次いだ。

 視聴者が楽しみにしていたのは、高句麗建国の過程を描いたMBCテレビの大河ドラマ「チュモン」。毎週月火の午後10時に放送され、50%の視聴率を誇る。大統領演説のため、23日は10時50分に始まる予定だった。

 ところが、演説の原稿は4万字を超す膨大なもの。時間が足りなくなり、大統領は「10時間くれれば」と嘆息しながら、外交や安全保障問題を読み飛ばしたそれでも、「チュモン」の放映が始まったのは11時10分過ぎだった。



--------------------以上引用-------------------

  ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \渾身の大演説がドラマ如きに負けてんでやんの(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!

 「10時間くれれば」ってなぁ~┐(´ー`)┌我慢大会じゃないんだから何処の誰がそんな糞演説聞きたがるんだ!バア──(・∀・)──カ!!


 そもそもノムたんに人を引きつける魅力さえ備わっていれば、民衆から非難囂々される事もないのだが、相変わらずの斜め上ぶりだからこそ創作ドラマにすら負けてしまうだろうな。ノムたん、惨めだね(´・ω・) カワイソス
2007.01.25 Thu l 外交問題とか l コメント (1) トラックバック (1) l top
自分らにとって都合の悪い歴史的事実は国ぐるみで抹殺し無かったことにするか日本に責任を押しつける。一方他国が助けても全て自らの功績としてしまいそれを恥ずかしげもなく堂々と誇ってしまう。それが朝鮮のやり方であり、奴らが度し難い理由の一つである。

 そしてその「都合が悪い歴史的事実」が書かれているのが、李氏朝鮮の王に関しての記録という第一級の一次史料であってもまともに取り合わないのが奴らのやり方である!

『高宗純宗実録』の「気まずい」インターネット公開

 「ここに韓国の統治権を、従前より親しく信じ、頼りに仰いできた隣国大日本皇帝陛下に譲与し、外に東洋の平和を強固にし、内に八域(朝鮮全土)の民生を保全しようとするので、爾(なんじ)ら大小の臣民は…(中略)…煩わしい騒乱を起こさず…」

 『純宗実録』の一番最後となる隆煕4年(1910年)8月29日条。まさに韓日併合当日の記事で、純宗皇帝はこのように語っている。この前後脈絡のない記事は、読む人をただただ驚かせる。韓国の自発的な意志により、国権が譲り渡されたとでもいうのだろうかだが、「決してそうではない」というのが専門家らの指摘だ。

 国史編纂委員会(柳永烈〈ユ・ヨンリョル〉委員長)が、最近朝鮮王朝実録ホームページ(sillok.history.go.kr)を通じ、『高宗実録』と『純宗実録』の原文および翻訳文のサービスを開始した。これは昨年『朝鮮王朝実録』の全文をインターネットに無料公開(本紙2006年1月28日付報道)した事業の後続事業だ。

 国史編纂委員会の努力は称賛に値する。しかし、これが極めて取り扱いに困る史料であることも事実だ。誤読や誤用の危険もある。日帝時代に総督府の影響下にあった李王職の主管で編纂されたものであるため、『朝鮮王朝実録』に含まれていないだけでなく、国宝やユネスコ世界遺産にも指定されていない。

 その上、内容はさらに深刻だ。日帝の侵略と抗日運動に関する内容は大部分が意図的に抜け落とされているため、両実録だけを読んだ場合、大韓帝国が自ら国を日本に譲り渡したかのような誤解をすることもあり得るのだ。

 乙未事変(閔妃暗殺)を記録した1895年8月20日条は「卯の刻(午前5時から7時)に王妃が坤寧閤で崩御した」と記しているだけで、犯人が誰なのかについては徹底的に封印している。

 また、1909年10月26日条を見ると、皇太子が皇帝に伊藤博文の死亡を伝える電報を送り「我が国の者の凶手にかかり、殺害されたことに驚きを禁じ得ない」と報告している。甚だしくは、内閣が伊藤の死を哀悼しようと、4日間にわたりソウルでの音楽と歌を禁止したという記述まである

 しかし、両実録を無視することもできない。原文320万字、翻訳文1120万字にも及ぶ膨大な分量の1次史料がそのまま保存されているためだ。ひと言で言えば「参考になる点は多いが、裏に隠された真実を念頭に置きながら批判的に読まなければならない資料」と評価することができる。『大韓季年史』『梅泉野録』などをはじめとする当時のほかの記録や関連文書とともに、注目しなければならない理由もそこにある。


-------------------以上引用-------------------

ウリナラマンセーキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!

 「大韓帝国が自ら国を日本に譲り渡したかのような誤解」ってなぁ┐(-д-`;)┌ ヤレヤレ ホントの事じゃん!
 帝國なんて呼称するだけでも烏滸がましい連中が、我が國のお陰でようやく独立を果たしたのに、その恩を仇で返し更にロクに政治をしようとせず堕落するばかりであったから、一進会ら100万人もの憂国の士「韓日合邦を要求する声明書」を出す羽目になったのではないか!

 「国宝やユネスコ世界遺産にも指定されていない。」って、内容が朝鮮にとって好ましくない事実が書かれているから国宝指定しないし、ましてやたかが20世紀前半の文書を世界遺産に指定される訳ないだろバア──(・∀・)──カ!!

 「甚だしくは、内閣が伊藤の死を哀悼しようと、4日間にわたりソウルでの音楽と歌を禁止したという記述まである。」ってなぁポカ─(o゜Д゜o)─ン
 
 伊藤公は韓国統監府初代統監として日韓併合については保護国化による実質的な統治で充分と考えていたが、>「ハーグ密使事件」に代表される朝鮮内部の愚行に手を焼き、やむなく併合の承認をしたのである。
 また暗殺当時は現職の枢密院議長という明治帝にとって股肱の臣であった。
 それをロシア蔵相ココフツォフと会談するため訪問していたハルビンにおいてテロリスト安重根凶弾に倒れたのである。

 敵対国ならいざ知らず、当時の大韓帝國(w は我が國の保護化にあり、その政府首脳を暗殺している以上、歌舞音曲を停止し喪に服すのは当時の両国関係を考えると当然であろう!

 それすら無かった事にしてしまいたいのは、朝鮮人にとって理想とする歴史像に沿ってないっていうだけであろう!全くもって度し難い民族である! 
2007.01.23 Tue l 外交問題とか l コメント (0) トラックバック (1) l top
 1910年の日韓併合によって怠け者の政府が治めていた朝鮮半島は名実共に日本領となった。多くの朝鮮人や売国サヨク共は認めようとしないが、これは植民地支配などではない!

 当時の大日本帝国は日清・日露の両戦役に辛うじて勝利はしたものの、日露戦争では賠償金を得ることは出来ず、財政状況はまさに火の車状態であった。しかしながら帝國政府は朝鮮半島を日本の一部分として殖産と教育などの様々な投資を活発におこない、朝鮮半島の経済および人的資源を育成しようとした。 
 
 ほんの一例としては教育面に於いて、現在のソウル大学の前身たる京城帝國大学は1926年に創立されている。これは名大や阪大よりも早いのである。

 つまりは当時の帝國政府が朝鮮半島を可能な限り本土並みに扱おうとした証左である。
 
 然るに敗戦後、「同じ日本人」として共に戦った「戦友」だったはずのであった筈の朝鮮人達は掌を返し、つまりは民族の宿痾である事大主義を炸裂させ「ウリ達は戦勝国民ニダ!敗戦国民のイルボンはウリ達に触れ伏すニダ!」とこの時とばかり日本国内で殺人、強盗、強姦等の凶悪犯罪に励んできた。
 米軍統計によると昭和22年から25年の4年間に発生した朝鮮人犯罪は、殺人と強盗が4656件、強姦が224件、放火が57件、傷害が17552件、窃盗が44494件という莫大な件数である。

 これらの事実は、現在語られる事は極めて稀である。それはアカピーやNHKなどの売国マスゴミが我が國の新聞やTVを牛耳りシナや朝鮮といった特定アジアにとって不利なことは極力報道しないよう日々努めているいるからである。

 ただ欧米となると売国マスゴミの力が及ばないため、現地に侵入している連中が工作に励んでいるようである。

第2次大戦後を扱った日本の小説、米の推せん図書採択に韓人が反発

ある日本人が書いた小説で米国内韓人の保護者らが声を上げている。

問題の小説は20年前、ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ氏が書いた『竹の森遠く(So far from the Bamboo Grove)』。日帝敗亡直後、韓国内の日本人たちの受難を書いた本だ。

第2次大戦以前当時、韓国に住んでいた著者は、日本が戦争で負けて本国に帰るとき、自分が見たり経験したりした悲劇を土台に小説を書いたという。当時11歳だった彼女は韓国人たちによって日本人たちが無惨に殺害、レイプされる場面を目撃したと、小説にはこうした内容が書かれている。

問題はこの小説が数年前から米国の中学校の推せん図書60冊に入っているという点だ。この事実を知ったボストンやニューヨークなどに住む韓人の保護者らが教育当局に強く抗議を始めた。子供たちがこの本しか読まなかった場合、残酷な日本の植民地統治は全く知らず、韓国人に迫害された日本人たちの話だけを知ることになるという論理だ。

誤った歴史認識を持ってしまう可能性のあるこの小説を、学校から退出させようという運動は昨年も起こった。ニューヨーク州にあるライカントリーデイスクールの場合は非常に成功的だった。昨年、この学校の6年生の韓人女子児童が問題の小説が英語の推せん図書に含まれた事実を知り、自ら授業をボイコットした。娘の授業の拒否理由を知った親は学校側に説明し、一理あると判断した学校側はこの本を推せん図書から除外した。

ボストンでは韓人保護者たちの抗議が続くと地域教育委まで出た。マサチューセッツ州ドーバー・シェルボーン地域教育委員会は論議の末、2日、この本を推せん図書に含むかについて投票を実施した。投票の結果、推せん図書から外そうということになった。しかしこうした結果について英語教師らは「戦争の惨酷さをよく表した作品」として反発した。ここに他の人種の保護者たちが加勢し、投票はなかったことになってしまった。

>韓人たちが多く暮らすカリフォルニア州でもサンフランシスコ韓国教育院を中心に最近ボイコット運動が始まっている。教育院は現在、北部カリフォルニア州の学校を対象に実態の調査も並行して行っているということだ。

-------------------以上引用-------------------

ウリナラマンセーキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!

 現在でも我が國における外国人犯罪の検挙人数はシナの10,272人に次いで朝鮮人が7,092人と堂々の2位である。(警察庁資料より)

 我が國に対しては無いこと無いことばかり捏造した挙げ句「謝罪と賠償汁!」と要求するくせに、自らの悪行は闇に葬ろうってか!ホント朝鮮人って奴等は度し難い民族だ! 


2007.01.12 Fri l 外交問題とか l コメント (2) トラックバック (3) l top
 現在西欧諸国を歴訪中の安倍首相が先日英国のブレア首相との首脳会談に於いて、犯罪国家北鮮への圧力強化が必要との認識で一致した。

 それと併せ、1989年の天安門事件以来継続中の対支武器禁輸の解除について安倍首相が反対する考えを表明したことに対してシナが猛反発しているようである。

中国、安倍首相を批判 EUの対中武器禁輸で

中国外務省の劉建超報道局長は11日の定例記者会見で、安倍晋三首相が9日の日英首脳会談で、欧州連合(EU)が検討している対中武器禁輸解除に反対する考えを表明したことについて「関係国はEUの武器禁輸解除を邪魔するような行為をやめるべきだ」と批判した。

 劉報道局長は、安倍首相が禁輸解除について「東アジアの安全保障環境に影響を及ぼす」と指摘したことに関し「道理もなければ、説得力もない」と反論。「中日双方は両国関係の継続発展へ努力すべきで、その反対に向かうべきではない」と牽制(けんせい)した。

 またEUに対しては「中国への政治的差別をやめ、歴史の潮流に従い早急に禁輸解除を決断するよう要求する」と呼びかけた。


-------------------以上引用-------------------

中華思想キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!

 そもそも民主化運動を武力で粉砕し自国民を虐殺したことに起因した制裁である。しかもその後17年経過しているが、先のチベット少年僧侶銃殺事件で明確に示されているように、共産シナの体質は不変である!
 その自分の悪行を棚に上げ、我が國を非難するとはやはりシナは北鮮と同じ穴の狢と言えよう!

 シナが厚かましくも「両国関係の継続発展へ努力すべき」とほざくのなら、まず東シナ海の中間線周辺でのガス田開発を即刻凍結せよ!
 独裁国家シナ、その程度の事すら行わず我が國や台湾等近隣諸国への軍事的圧力を強化し軍拡に狂奔する以上、EU諸国の武器禁輸措置継続を要請するのは当然であろう!
 
2007.01.11 Thu l 外交問題とか l コメント (3) トラックバック (1) l top
 南北問わず朝鮮人の民族的特質は、シナ等強きに媚びへつらい一旦格下と見るや威張り散らかし言うとおりにさせようとする事大主義である。これは李氏朝鮮時代に国教となった儒教の影響が極めて強い。
 この場合、格下と見ているのが我が國であり、その我が國がいち早く近代化に成功し、格下と卑下していた我が國により併合されてしまった歴史が朝鮮人の自意識過剰の優越感に「火に油を注ぐ」形となって何かにつけ我が國に対しイチャモンを付けてくる。そんな度し難い人間どもの集団が朝鮮人である!

 さてその無理難題大好きな朝鮮人我が國や国際社会に対しイチャモンを付けている問題の一つが「日本海呼称問題」である。
 そもそも「Sea of Japan」と命名したのは我が國ではない。外務省が米議会図書館が所蔵する古地図を調査した結果によると、日本が鎖国下であった時代に発行された19世紀の地図563枚のうち、74%に当たる417枚において日本海と表記されていることが明らかとなり、「日本海」という呼称は、我が國が鎖国下にあって国際的影響力を行使できなかった19世紀初頭から、欧米において定着してきたものであることが確認されている。

 そのため、特に南鮮政府は「国連地名専門家グループ会合」等を通じて「日本海」を「東海」若しくは「韓国海」に変えようと無駄な努力を続けている訳だが、昨年11月の安倍首相とノムたんとの首脳会談の場でノムたん自らそれを覆す発言をしてしまったようである。
 

東海名称を「平和の海に」、物議醸す盧大統領発言

 昨年11月に開催された韓日首脳会談で、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が日本側に対し、東海の名称を「平和の海」または「友誼(ゆうぎ)の海」とすることを提案していたことが明らかになり、問題となっている。

 青瓦台関係者は8日、記者らに対し「大統領の発言は、韓日間の懸案を解決するためには認識と発想の転換が必要だという意味で比喩的に述べた非公式なもの」と説明した。公式議題としていたわけではなく、その後韓日間でこの問題に関する話し合いは一切行われておらず、日本側からの反応もないため現在は言及されることもないとしている。また、政府が東海という名称を放棄したわけではないと強調し、韓日関係の未来志向的発展に向けた努力の1つの例として述べたものと承知していると述べた。

 この関係者はまた、大統領の発言は突発的に行われたものではなく、以前の参謀会議でもアイデアという形で「平和の海」が言及されたことがあると明らかにした。ただ、名称変更を目的としているのではなく、韓日関係を円満に解決しようという、発想の転換を促すための例として挙げたものと説明した。

 別の青瓦台関係者は、盧大統領の発言について「北東アジア諸国は域内平和と共同繁栄を目指す政策を取り協力に向けた秩序を整える必要があるが、日本がそうしないため解決策を模索するという意味合いでの発言」と述べている。

 しかし、東海名称に対する韓国政府の公式姿勢や、国際的に東海表記を主張し続けている市民社会をはじめとする各界の努力とは異なるやや「突出した」提案を、非公式とはいえ大統領が行ったということを問題視する意見が上がる可能性もある。今後、少なからず議論を呼びそうだ。



-------------------以上引用-------------------

斜め上発言またキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

 ちなみに時事通信の報道によると、安倍首相はノムたんの提案即座に拒否したそうである。

ノム<丶`∀´>< 仕方がない。「平和の海」で手を打ってやるニダ!
安倍( ^ω^)< アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ それって新手のコリアンジョークですか?

 みたいに安倍首相に笑い飛ばされたのであろう!

 しっかし「日本海名称問題」なんて我が國と南鮮との間の懸案でも何でもない。単に「ウリナラマンセー」南鮮が

アイゴーー!!
((⌒⌒)) ファビョーソ!!    
  ||||
∩#`Д´> <  「日本海」なんて日帝の陰謀ニダ!チョッパリは謝罪と賠償汁!!

 〃∩ ∧_∧
⊂⌒(  ・ω・)  はいはいわろすわろす
  `ヽ_っ⌒/⌒c
     ⌒ ⌒

ってやっていたのが、南鮮政府の圧力南鮮人ネチズンどものF5攻撃に辟易した各国の地図会社の一部が「東海」に書き換えているに過ぎない。

 しかしここで重要なのはノムたん自らが首脳会談の場で「東海」以外の名前を提案したという事実が残ってしまった事であろう!
 
 さて自ら墓穴掘った既知外酋長ノムたん次はどんな事をしでかして我々を笑わせてくれるのでしょうか!

2007.01.08 Mon l 外交問題とか l コメント (0) トラックバック (5) l top