昨日、日米両国で衝撃的な事件があった。我が國に於いては選挙中の現職市長が中心市街地でヤクザからの銃撃を受け暗殺され、アメリカでは白昼の大学構内で学生やホロコーストを生き延びた教員など32名が射殺され犯人の朝鮮人も銃で自殺した。

 まずは亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族に対し謹んでお悔やみ申し上げます。
 さらにアメリカの事件では15名の方が負傷されておりこの方々の怪我が一刻も早く癒えることを衷心よりお祈りします。




 さて、アメリカの事件であるが、犯人が南朝鮮籍の学生だったことで、南鮮出身の留学生の間で大騒ぎになっているようである。


米大学乱射:報復恐れる韓国人留学生
 米国史上最悪の銃乱射事件を引き起こした犯人が韓国系との事実が広く知られると、韓国人留学生会は大きな衝撃を受け留学生全体が犯罪者と見られないか非常に心配している。当初米国の一部マスコミは犯人が中国人留学生と報じていたことから少し安心していた韓国人留学生たちは、犯人が韓国人という意外なニュースに大きな衝撃を受けた。


 事件が起きたバージニア工科大学には大学院生を含み約2万6000人の学生が在籍しており、そのうち韓国人留学生や韓国系米国人を含む韓国系は合計500人ほどで、中国系は400人から500人、日系は二十数人だとAFP通信は報じた。しかし犯人のチョ・スンヒ容疑者のような学部生には韓国系米国人2世・3世や留学生の双方が数多く在籍しており、大学院生とは異なり特別な横のつながりはないという。


 同大学に在籍する韓国人たちで組織する韓人学生会は17日午前に対策会議を開き、今後の対応について協議した。ある学生は電話インタビューで、「今後は韓国から来た韓国人とは言えなくなった。誰かが尋ねれば当分は中国人か日本人と言うしかない」と語り、韓国人に対する偏見が高まることを心配した。さらに他の学生たちも「こんな大惨事を引き起こしたのが韓国系という事実に驚いた」「今後は米国人学生の冷たい視線に苦しむだろう」「偏見のためにアジアからの留学生が不利益を受けないか心配だ」などと語った。経営学科に通う同大学3年生のキム・ミンウさんは「銃乱射事件について最初は何かの間違いと思っていたが、こんなにひどい事件だとは思わなかった。犯人が韓国人という事実は本当に胸が痛いが、誰であっても誤りは誤りだ」と述べた。


 韓国人会の前の会長だったキム・ヨングン氏はこの日午前、緊急に韓国人会事務所を訪れ韓国人会レベルでの対策会議を開いた。キム氏は「これまで築きあげてきた韓国人への信頼が一気に崩れ去ってしまった。昨日の報道では犯人は中国系とされたのである意味安心していたが、今後は韓国人に対する冷たい視線にどう対応すればいいか分からない」とため息をついた。


 駐米韓国大使館の李泰植(イ・テシク)大使は電話インタビューで、「今回の事件の犯人が韓国人という事実に衝撃を禁じ得ない。現時点では大使館としてあらゆる対策を取りながら対応していくとしか言いようがない」と述べた。駐米韓国大使館は緊急の対策チームを構成し、現地に領事を派遣するなど韓国人学生の被害状況などの把握に努めている。


 一方事件発生直後、韓国人留学生たちは韓人学生会に集まりお互いの安否などを確認し合っている。


 その結果韓国人の被害者は腕に弾が貫通したパク・チャンミンさん(土木工学科博士課程)一人で、命には別状がないことが明らかになった。パクさんは銃弾が胸をかすめ腕を貫通したが、幸い骨には命中せず命にも別状はないという。パクさんは近くの病院で治療を受けている。この日の午後パクさんと十数分にわたり面談したワシントン駐在のチェ・スンヒョン韓国領事は、「幸いパクさんのけがは軽いが、精神的衝撃が大きいようだ。現在二人の友人が世話をして安定を取り戻しつつある」と韓国人取材陣に説明した。


 韓国人留学生たちによると先週も2回にわたり爆破予告があり、この日も試験シーズンでストレスを感じた学生の仕業と思っていたという。



--------------------以上引用-------------------

 (ill゚д゚)ハァ?「誰かが尋ねれば当分は中国人か日本人と言うしかない」だと!イキナリ日本人を騙るのかよ!(#`-_ゝ-)ピキ

 しかも「犯人は中国系とされたのである意味安心していた」などとヌケヌケと語れるこの無神経さ!犯人が朝鮮人でなければどうでも良いというのか!(,,#゚Д゚):∴;'・,;`:ゴルァ!!

 そのような自分勝手で他者の感情に共感出来ない。もしも自分が同じ事をやられたら…という事が考えつかない朝鮮人の民族的悪弊があるからこそ↓のような無神経極まりない漫評が新聞に掲載されるのであろう!

想像力の欠片もない漫評byソウル新聞

「一発で33人…これでわが国の銃器技術の優秀性をもう一度…」

 何はともあれ事件の真相解明は捜査当局によるものだが、このような無神経極まりない連中に対し、我が國が入国ビザ免除しているという事実を忘れてはならない!!
スポンサーサイト
2007.04.18 Wed l 犯罪 l コメント (1) トラックバック (0) l top

従軍慰安婦募集 by 南鮮政府


1961年9月1日 東亜日報

【訳文】
UN軍相対慰安婦13日から登録実施
 ソウル市警では市社会局に「国連軍相手慰安婦性病管理士業界」計画によって三日から国連軍相手慰安婦の登録を官下一線署に伝達して実施している。

 ところで今度の登録対象は▲法的婚姻関係がなくただ一人の外国人と同居している女性▲国連軍相手慰安婦などだと言う



--------------------以上引用-------------------

 フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!!NYタイムズ紙やLAタイムズ紙、米下院のマイク・ホンダなどを動員して我が國の事を勝手放題に貶めていた南鮮が、駐留国連軍=米軍相手の慰安婦を募集していた訳ですかニヤニヤニヤ(・∀・)ニヤニヤニヤ

 でやっぱりこれも日帝によって捏造されたものですかね( ´^,_」^)ぷ♪

 ともかく、南鮮が自爆していた事が判明したので、これからは少しは状況が面白くなってくるかもしれないな!wktk
2007.03.21 Wed l 犯罪 l コメント (1) トラックバック (1) l top
 先の「テロ国家」北鮮核問題に関する6ヶ国協議合意においては、まず最初の60日以内に北鮮が寧辺の核施設を閉鎖、封印する事を条件重油5万トン相当の緊急エネルギー支援を行うこととなっていたが、それを待ちきれない「テロ支援国家」南鮮の脳味噌常春酋長ノムたんは、40万ドル(約4700万円)の現金と350万ドル(約4.1億円)の資材提供を決定したようです。

 

政府、「現金禁止」原則破り北の要求に40万ドル支援

政府が離散家族画像再会のための装備購入名目として北朝鮮が要求した40万ドルを現金で直接支援することにした。

政府は10日、金剛山(クムガンサン)で行われた赤十字実務接触で北朝鮮とこのように合意し、3月末、これを北側に渡すことにした。政府が北朝鮮に現金を公式提供するのは初めてだ。政府当局者は11日「北朝鮮が再会行事をするためにはコンピューター・大型モニターを含む画像装備と生死確認作業に必要なバス10台、乗用車6台などが必要だと知らせて来たので購入費用を与えることにした」と明らかにした。

政府はこれまで北朝鮮政府の資金転用を懸念して民間団体などの対北現金支給を厳格に統制してきた。特に政府が交渉過程で北朝鮮がコンピューターと大型LCDモニターなどを要求すると「米国の戦略物資統制にかかる恐れがあるため、中国などで現金で購入するようドルを提供したとし、論議を呼ぶものとみられる。

現金40万ドルのほかに平壌(ピョンヤン)に画像再会センターを建てるのに必要な掘削機、貨物車など装備と建築材料、冷暖房器具、ケーブルなど350万ドル相当の支援も要求した。政府はこれを受け入れ、今月末、対北輸送を始める。

北朝鮮は今回の接触で21日、金剛山離散家族面会所工事を再開するのに合意した際、現金と装備・資材は今月内の提供を約束してほしいと粘ったものと伝えられた。



--------------------以上引用-------------------

  南鮮自身も参加している「通常兵器及び関連汎用品・技術の輸出管理に関するワッセナー・アレンジメント」に抵触しないように、非参加国であるシナでコンピュータ等を購入できるように米ドルで現金を用意するなど、今回の南鮮の行為は確信犯といえよう!

 アメリカもありもしない「従軍慰安婦」問題で北西太平洋随一の同盟国たる我が國を叩く愚行を速やかに中止し、開発の全面バックアップを行うという背信行為を働く南鮮を制裁すべきであろう!


2007.03.13 Tue l 犯罪 l コメント (2) トラックバック (0) l top
 尖閣諸島は無論のこと、南西諸島全体を虎視眈々と狙っている仮想敵国シナヤマハ発動機が軍事転用可能な無人ヘリを無断輸出していた問題で逮捕された3名は容疑を否認し続けているようであるが、ヤマハ発動機はシナから正規代金以外にも多額の資金を売国の報酬として受け取っていたようである。

ヘリ不正輸出のヤマハ発、中国から高額「授業料」得る

 ヤマハ発動機(静岡県磐田市)が産業用無人ヘリコプターを中国に不正に輸出しようとした事件で、輸出先の航空写真撮影会社「北京必威易創基科技有限公司(BVE)」(北京市)側から「役務代」として毎年受け取っていた3000万~5000万円について、ヤマハ発動機が、「操縦の授業料」と説明していたことが25日、わかった。

 国内での受講料は、1人当たり50万円前後で、「授業料」は著しく高額になる。このため、静岡、福岡両県警の合同捜査本部は、ヤマハ発動機スカイ事業部長内山一雄容疑者(58)(外為法違反容疑で逮捕)ら3人を、「授業」の趣旨や内容などについて追及している。

 調べによると、中国側からの送金は、1機当たり約1575万円の無人ヘリの代金とは別で、取引が始まった2001年ごろからあったという。送金の趣旨について、ヤマハ発側は「現地で無人ヘリ操縦を教えた授業料」と説明した。

 一方、国内で系列会社の代理店が開催する無人ヘリ操縦技術の受講料は1人当たり50万円前後という。

 また、スカイ事業部主査の板垣孝文容疑者(57)(同)が技術指導のため数回、中国に渡航していたことも判明しており、捜査本部は、渡航の目的についても詳しい説明を求めているとみられる。

 ヤマハ発動機は、01年以降、BVE社に対し、無人ヘリ9機を輸出したと説明。一方、捜査本部は中国への輸出は11機で、うち1機は別の機種が、中国人民解放軍系の武器製造企業に渡ったとみている。

 BVE社は、軍と関係が深いとみられ、ホームページでは、同社が軍と民間との共同で初めて無人ヘリ操作の実習基地を設立したことを紹介していた。


--------------------以上引用-------------------

 もはやここまで至るとヤマハ発動機の一事業部程度の問題ではなく会社全体の問題であろう!「自分達だけ儲かりさえすれば後は知った事ではない」というヤマハ発動機の企業体質自体が問題であろう!
 このような売国行為を行った企業を決して許してはならない!法に基づき売国行為を行ったヤマハ発動機に対する厳正な処分を望むものである!
 さらには法定最高刑を死刑とした「売国防止法」の早期制定を望む!
2007.02.26 Mon l 犯罪 l コメント (2) トラックバック (0) l top
 トヨタの奥田に代表される「自分達だけ儲かりさえすれば後は知った事ではない!」という悪しき風潮が蔓延している日本の経済界だが、
よりにもよって我が國の仮想敵たるシナに対し軍事転用可能な無人ヘリを密輸しようとした売国奴どもにようやく鉄槌が下されたようである。

 ヤマハ発動機の3人、外為法違反容疑で逮捕

 ヤマハ発動機(静岡県磐田市)の産業用無人ヘリコプターを巡る不正輸出事件で、静岡、福岡両県警の合同捜査本部は23日、経済産業相の許可を得ずに中国の企業に軍事転用が可能な無人ヘリを輸出しようとしたとして、同社執行役員でスカイ事業部長の内山一雄容疑者(58)(静岡県浜松市竜禅寺町)ら3人を外為法違反(無許可輸出未遂)の疑いで逮捕した。

 同社も同容疑で静岡地検に書類送検する方針。捜査本部は同日、同事業部などを捜索した。

 捜査本部は、3容疑者が軍事転用可能と認識しながら輸出していたとみて解明を進める。3容疑者とも容疑を否認している。

 逮捕されたのは、ほかに同事業部主査の板垣孝文(57)(同県磐田市明ヶ島)、鈴木昭彦(49)(同県袋井市梅山)の両容疑者。調べによると、3容疑者は2005年12月21日、外為法で規制品となっている無人ヘリ1機を、中国・北京市の航空写真撮影会社「北京必威易創基科技有限公司(BVE)」に無許可で輸出しようとした疑い。捜査本部は、BVE社について、中国人民解放軍とかかわりが深い企業とみている。

 3容疑者は輸出の際、規制品の「非該当」として申告。捜査本部は押収ヘリの飛行実験を繰り返し、規制対象となる「視認できる範囲を超えた飛行制御」が可能だったと判断した。ヘリは全地球測位システム(GPS)やヤマハ発動機独自の姿勢制御装置を搭載していた。



--------------------以上引用-------------------

 売国奴タイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!

 捜査に時間が掛かりすぎのきらいはあるが、静岡福岡両県警(*^ー゚)b グッジョブ!!
 これを機に経済界が国益についてよく考えるようになってもらいたいものである!
2007.02.23 Fri l 犯罪 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 最近北海道や兵庫に於いて朝鮮総連関係者による脱税事件や税理士法違反事件等で朝鮮総連への強制捜査が続いている。
 これは犯罪国家北鮮への不正な資金の流れを追求するためにも必要不可欠であり、我が國の国内法と証拠に基づき粛々と捜査されていることであるが、ついに北鮮が火病を発症したようである。

朝鮮総聨と在日朝鮮人に対する日本当局の弾圧騒動を絶対に見過ごさないであろう

- 朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマン声明 -

 最近、朝鮮総聨と在日朝鮮人に対する日本当局の悪辣な弾圧騒動が極めて深刻な段階に至っている。

 総聨組織に対する日本当局の弾圧行為は、昨年11月末、総聨東京都本部と祖国訪問事務所新潟出張所に対する強制捜索によっていっそう無謀になり、今年に入ってますます横暴になっている。

 日本の公安当局は今年2月初めまでに、10数回にわたり、重武装した数百人の警官と装甲車まで動員して、総聨支部事務所や朝鮮学校を含む30数ヵ所の総聨関係施設と同胞宅を強制捜索し、同胞たちに暴行を加え手当たり次第に逮捕するという野蛮な暴挙を立てつづけに行った。

 同時に、日本当局は御用報道手段を総動員し、総聨のイメージを傷つける様々な謀略報道を大々的に行い、日本社会に反共和国、反総聨の敵対意識を狂乱的に鼓吹している。

 その結果、現在日本各地では関東大震災の時の朝鮮人狩りを彷彿させる殺伐とした恐怖の雰囲気が醸し出され、半世紀前、日本の反動たちが「朝連」(訳者注:在日本朝鮮人連盟1945.10.15~1949.9.8)を強制解散させた時のようなファッショの嵐が再び吹き荒れている。

 尊厳高きわが国の合法的な海外公民団体である朝鮮総聨とわが民族の一員である在日朝鮮人に対する野蛮な政治的弾圧は、わが国の主権に対する許しがたい侵害行為であり前代未聞の反人倫的犯罪である。

 在日朝鮮人について言うならば、かつて徴兵、徴用、慰安婦などの様々な名目で強制的に日本につれてこられ、際限のない略奪と搾取、奴隷的苦役と屈辱を強いられた直接的被害者とその子孫たちであり、日本当局は当然、彼らを保護すべき歴史的、道義的責任を負っている。

 特に戦犯者の子孫としてその責任当事者のひとりである安倍が、先祖代々朝鮮人に対して犯した罪業について誰よりも深く謝罪し当然の補償をする代わりに、自分が執権する間に総聨を無くしてしまおうという野心をもって、このすべての犯罪騒動の先頭に立っていることについて、われわれは特に注目せざるをえない。

 安倍が「首相」の職分と面子も投げ捨て、常軌を逸した総聨弾圧策動の先頭に立っている目的は、みずからの近視眼的な対朝鮮強硬外交が失敗して、支持率が低下するのを挽回するために「強硬な内閣」を演出し、われわれからなんらかの「譲歩」を引き出そうとすることにあるが、そのような手法でみずからの政治的野心を満たそうとしても、それは愚かな夢想にすぎない。

 わが軍隊と人民は、朝鮮総聨と在日朝鮮人に対する日本当局の憎むべき卑劣な弾圧騒動を絶対に見過ごさないであろうし、安倍一党は必ずやその対価を払うことになるであろう。

チュチェ 96 ( 2007 )年 2 月 19 日
ピョンヤン



---------------以上、犯罪集団の声明より引用---------------

ファビョ~んキタ━━━━━━∩#`Д´>━━━━━━ !!!!!

((⌒⌒)) ファビョーソ!!    
  ||||
  北
∩#`Д´> < これは日帝の不当な弾圧ニダ!! 謝罪と賠償を(以下略

 〃∩ ∧_∧
⊂⌒(  ・ω・)  はいはいわろすわろす
  `ヽ_っ⌒/⌒c
     ⌒ ⌒
 「わが国の主権に対する許しがたい侵害行為であり前代未聞の反人倫的犯罪」ってなぁ┐(´~`;)┌ 国内の犯罪組織を日本の国内法に基づいて捜査し裁いているだけですが何か?( ´゜ω゜)ナニヵ?
 
 そもそも横田めぐみさんを初めとする多くの日本国民を不当に拉致し、麻薬密輸や偽札製造などありとあらゆる不法行為をしておきながら何を戯言を抜かすか(#゜Д゜)ゴルア!!
 日本政府及び捜査当局はこのような戯言やサヨクの妄動など気にせず法と証拠に基づきビシバシと摘発に当たって欲しいものである。
2007.02.19 Mon l 犯罪 l コメント (2) トラックバック (2) l top
 今更言うまでもないが、神道と神社は我々日本人の精神文化の根幹である。何か願い事があれば神社に行ってお参りに行くし、願いが叶えばまたお礼に参拝する。
 一生の買い物である住宅を建てる際にも神主をお呼びして地鎮祭を行う。
 また正月の初詣で参拝客が多いのは明治神宮であり、英霊達を祀っているのは靖国神社と各地の護国神社である。
 このように我々日本人と神道・神社とは切っても切れない関係である。それを事もあろうに、脱税の為に神社を乗っ取り、社務所・石鳥居が撤去した神を畏れぬ不埒者が現れたのである!

以下2chより引用(リンク切れ注意)

"宮司を強迫し、韓国人を新役員に…鳥居も撤去" 脱税目的で京都の神社を乗っ取り! 神社本庁が刑事告発

 神社本庁の役員会が十二月七日に開かれ、平成十九年度一般会計予算大綱などが協議されたほか、本庁業務検討委員会が提出した第一号報告書、京都府内の神社に関して公正証書原本不実記載罪で刑事告発したことが報告された。 (中略)

★ 本庁が刑事告発

 報告事項では、京都舞鶴市内の神社において、宮司を強迫の上、代表役員変更登記が行われた事件が発生したことから、神社本庁が刑事告発したことの説明があった。
 府神社庁の調査によれば、被告発人は「同神社の土地を買い取ったので、神社を潰す」などと言って宮司を強迫。被告発人らが総代会を開き、韓国人三人を新役人に選任している。
 脱税を目的とした神社乗っ取りと見られ、十一月二十二日には、同神社の社務所・石鳥居が撤去されたことが確認されている。

チョンの重大犯罪


--------------------以上引用-------------------

 これほど怒りを覚えたことは「週刊金曜日」の件以来だ!これは我々日本人の伝統と心のを土足で踏みにじった行為である!
 このような暴挙決して許してはならない!これら下司共は可及的速やかに国外追放に処すべきである!さらにコレを弁護するのも同罪である!まとめて半島に永久追放すべきである!
2006.12.19 Tue l 犯罪 l コメント (3) トラックバック (5) l top
 警察庁資料によると、平成18年上半期における来日外国人犯罪者(検挙者数)は9,516人、うちシナ人が3,603人。来日外国人犯罪者全体の実に37.9%がシナ人犯罪者(台湾除く)でありこれは第二位の南鮮人の1,058人11.1%を遙かに超えるダントツトップである。

 また、法務省資料によると、今年1月1日現在で我が國に不法残留する外国人19万3,745人のうち第一位は南鮮人で40,203人、第二位がシナ人で31,074人(台湾除く)という数字がある。

 この二つの数字より、我が國の外国人犯罪を減少させ、治安回復を図る上に於いてシナと南鮮から侵入する犯罪者如何に阻止するかがその鍵であるというのが分かるが、昨日もとあるシナ人が不法残留でタイーホされた。その犯罪者というのが・・・

不法残留で新華社記者逮捕

 兵庫県警鉄道警察隊は12日、入管難民法違反(不法残留)の現行犯で中国国営通信新華社の記者、楊宗友容疑者(46)を逮捕した。

 調べでは、楊容疑者はバレーボールの世界選手権を取材する目的で10月22日に来日。在留期間が今月6日までだったが出国せず、東京都渋谷区の新華社東京支局などにいた疑い

 12日午前、神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で若い女性の写真を撮っている楊容疑者を見た通行人が鉄道警察隊詰め所に「不審な男がいる」と通報。同隊員が事情を聴いたところ不法残留が分かり逮捕した。

 新華社東京支局は「何らかの手違いがあったのではないか」としている。

--------------------以上引用-------------------

 全く、国営通信社の記者が不法残留なんて・・・普通ならあり得ん話だ!ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ
 それに、新華社側の「何らかの手違いがあったのではないか」という言い訳もハッキリ言って信用できん!
 
 やはりシナからの渡航者は厳しく詮議する必要があるな!
2006.11.13 Mon l 犯罪 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 2年前、奈良で発生した小1少女誘拐殺人事件の判決が奈良地裁であった。今回の被害者が1名ではあったものの、犯罪内容及び犯人が性犯罪者であった事実と所謂「永山基準」と照らしてどういう判決が下るか注目をしていたが、奈良地裁は「死刑判決」という至極当然な判断を下した。

死刑にガッツポーズ 小林被告にんまり 奈良女児誘拐殺人

 口ひげをたくわえた男は、これまでの公判と同じように、無表情でふてぶてしい態度に終始した。奈良小1女児誘拐殺人事件で奈良地裁は26日、小林薫被告(37)に死刑判決を言い渡した。「主文は後回しにします」。厳刑をうかがわせた奥田哲也裁判長の冒頭の言葉には、ガッツポーズをするように右手の拳を小さく数回振り、にんまりと笑みまで浮かべた。一方、被害者の有山楓ちゃん=当時(7)=の両親は、楓ちゃんの遺影を持って傍聴。かけがえのない娘の命を奪った被告をにらみつけ、泣き崩れた。

                ◇

 「主文、被告人を死刑に処する」。開廷から約1時間半後、死刑判決が言い渡された。その瞬間、小林被告は手を組んで、けだるそうに首を左右に2回揺すった。奥田裁判長に「判決は分かりましたか」と尋ねられると、1回だけ小さくうなずいた。
 「自分の犯した罪の重大性をもっと真剣に受け止めるようにしてください」。判決が言い渡された後の裁判長の説諭も、じっと立ったまま聞くだけだった。
 小林被告はこの日、午前10時前、グレーのポロシャツにスウェット姿で、ゆっくりと入廷。無精ひげのような口ひげの生えた顔をうつむき加減にし、憮然(ぶぜん)とした態度で被告席に着席した。
 奥田裁判長から、主文の後回しを告げられた瞬間は、まるでガッツポーズをとるように右手の拳を小さく数回振った。さらに勝ち誇ったように、にんまりと笑みまで浮かべた。 これまで再三にわたり、死刑を望む発言を繰り返してきた小林被告。入廷時のなげやりな態度とは一転したそぶりだった。改めて自らを誇示するようなその態度には、小林被告の「異様さ」が凝縮されていた。
 奥田裁判長が判決を読み上げる間も、みけんにしわをよせたまま口を固く閉じ、無表情のまま。全国各地で子供を狙う犯罪が相次ぎ、判決に注目が集まるのをよそに、これまで通り無気力な様子で大きく足を広げ、深く被告席に腰掛けていた。
 半面、いらつくのか、首筋のあたりをかくなど、落ち着きのないしぐさもみせた。
 これまでの公判でも、小林被告の口からは明確な謝罪の言葉は聞かれなかった。6月の最後の公判では、最終意見陳述の際、奥田裁判長に「何もありません」。だが、結審後には、奥田裁判長あてに、死刑を望んでいることを強調する手紙を2回も出していた。
 弁護人などによると、手紙では「更生する自信がない」などとする一方、仮に無期懲役の判決が出た場合は、恨みのある2人に対し、服役後の仮出所時に復讐(ふくしゅう)することをほのめかし、「必ず実行する」と書かれていたという。
 ふてぶてしい態度を取り続け、最後まで「死刑」にこだわり続けた小林被告。事件を真摯(しんし)に受け止める態度は、ついに一度も見せなかった。

                  ◇

■両親、遺影を抱き涙

 「楓とともに判決を聞きたい」。傍聴席には、楓ちゃんの父、茂樹さん(32)と母、江利さん(30)の姿があった。「決して許さない」と訴え続けてきた茂樹さんは、死刑判決が言い渡された瞬間、深々と息をはき、江利さんは両手に抱えた楓ちゃんの遺影をぎゅっとにぎりしめた。
 茂樹さんは黒のスーツ姿、江利さんは黒のワンピースにグレーのジャケット姿。江利さんは楓ちゃんの遺影をピンクのハンカチに包んで、11回に及んだ公判で初めて法廷に持ち込み、判決の瞬間を待った。
 小林被告が入廷すると、茂樹さんはやや緊張した面持ちで正面をみつめ、江利さんもうつむいていた顔をあげ、小林被告をにらみつけた。

 両親は奥田裁判長が読み上げる判決理由を、目を閉じたり、両手を前にくむなどして静かに聞いていた。読み上げが楓ちゃんの殺害状況に及ぶと、茂樹さんは祈るような姿勢をとり、江利さんも悲しみをこらえきれず、ハンカチで目頭を押さえてすすり泣いた。両親はこれまで欠かさず公判を傍聴し、小林被告の態度に「反省の様子が見えない」とし、愛娘(まなむすめ)を奪われた悔しさをあらわにしてきた。
 小林被告の「死刑」を聞き終えた後、付き添いの職員が、泣き崩れた江利さんの手をさすり続けたが、江利さんは長い間、立ち上がることができなかった。

                  ◇

■「結論ありき」 弁護側が批判

 判決公判終了後、小林被告の弁護団は弁護士会館で記者会見。判決を「まず(死刑という)結論ありきで、極めて遺憾」と批判した。
 会見で、主任弁護人の高野嘉雄弁護士は「事件の背景や被告の人格形成について、極めて表面的な判断だった。何のために情状鑑定をやったのか」と主張。さらに、「事件について社会に考えてもらうのが裁判所の役割。小林(被告)を抹殺するだけでは、第二、第三の小林が出てくる」と述べた。

                  ◇

■小林被告の供述

 法廷で投げやりな態度を見せてきた小林被告。これまでの供述を拾った。

 「(殺害して)自分のものにしたという満足感を持った。悪いことをしたと思うが、心からわびる気持ちはない。第二の宮崎勤(死刑囚)か、宅間守(元死刑囚)として世間に名が残ればいい。小林薫の名を知らしめて満足している」(平成17年4月の初公判で朗読された逮捕後の供述)

 「(いじめられた小学校時代は)この世に存在していない無のような感じ。みじめったらしい過去だからあまり思い出したくない」(同年5月9日第2回公判)

 「(過去のわいせつ事件で服役中は)一種の社会勉強と思った。うわべだけの反省だった」(同月23日第3回公判)

 「(「次は妹だ」とメール送信した理由は)報道が下火になり、面白くないと思った」(同年6月13日第4回公判)

 「(女児に対し)おわびの言葉しかない。就寝前に毎日手を合わせている」「(事件が報道され満足した気持ちは)変わらない」(同年7月4日第5回公判)

 「早く茶番を終わらせ、死刑を言い渡してほしい。生きていても面白くない」(18年3月27日第6回公判)

 「逮捕され楽になった」(5月25日第8回公判)

 「(裁判長から意見陳述を促され)いえ、何もありません」(6月26日の結審で)

--------------------以上引用-------------------
 まずは忌々しい「永山基準」に囚われることなく真っ当な判決を下した奈良地裁に敬意を表したい。

 しかし今更言うまでもなく、我が國においてはどんな犯罪人にさえも公正な裁判を受ける権利があり、国選弁護人すら付くことが可能である。これは民主国家としては当然であるものの、正直言ってこの小林被告にしろオウムの麻原にしろ山口母子殺人事件の福田被告等といった度し難い鬼畜どもにも税金を使って裁判を受けさせる事に耐えられない事もある。

 弁護人は即時控訴したようであるが、このような更正が全く期待できない鬼畜は本人の希望通りにとっとと判決を確定させ、池田小事件の宅間守の如く速やかに処刑すべきであろう!また今日就任した長勢法相には、職務放棄した前任者とは違ってキチンと職務を行って欲しい物である。
2006.09.26 Tue l 犯罪 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 残念なことであるが、我が国においても「地下経済」と呼ばれる闇の経済活動は実在している。その多くを引き受けているのが「暴力団」である。奴等は闇金などで一般庶民を食い物にしているロクでもない集団である。その活動資金の一端を担うのが北鮮から密輸される「覚醒剤」取引であるのだが

覚せい剤:上半期の押収量、最少 北朝鮮ルートが壊滅状態

 今年上半期(1~6月)の覚せい剤の押収量は13.1キロで前年同期に比べ85.6%減り、記録を取り始めた91年以降で最も少なかったことが警察庁のまとめで分かった。警視庁などの捜査本部が5月に北朝鮮籍の貨物船を利用した覚せい剤数百キロの密輸事件を摘発するなど、北朝鮮からの密輸ルートが壊滅状態になり、国内で出回る覚せい剤が減少した影響と、警察庁はみている。
 出回る量の減少で、覚せい剤の密売価格は高騰している。年間約487キロの押収量があった03年ごろは、密売人同士の取引価格は1キロ200万~300万円だったが、最近は800万~1000万円になった。末端価格も1グラム6万~6万5000円になったという。
 価格高騰の影響で、密売現場では1回当たりの取引量を減らしたり、覚せい剤に混ぜ物を入れて純度を下げ、見せかけの量を増やすことなどが行われている。
 覚せい剤密輸事件では、上半期に8件7人を検挙。船舶による大がかりな密輸でなく、航空機の手荷物や国際郵便を使って小口に分けて運ぶ手口が目立つ。3月には中国からの航空貨物の即席めん内に紛れ込ませた覚せい剤1.1キロを成田空港で押収した。
 上半期の覚せい剤事件の検挙人数は6319人で、前年同期に比べ102人減。うち半数を超える3413人が暴力団構成員、準構成員だった。大麻事件でも暴力団構成員ら379人が検挙され、全体の検挙人数1042人の4割近くを占め、暴力団と薬物犯罪のかかわりの深さを示している。

--------------------以上引用-------------------

まことに良いことである。これにより日本国内の犯罪を減少させかつ犯罪国家北鮮を締め上げることが出来るのだから正に「一石二鳥」とはこのことであろう。
ちなみに暴力団対策法で指定された団体の構成員の27万人の内、在日韓国朝鮮人が約7万人もいる。したがって反社会的存在である暴力団を徹底的に弾圧し、かつその構成員たる不良在日を国外追放し、もって我が国の治安回復の一助に為すべきべきであろう。
2006.08.18 Fri l 犯罪 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 1999年、山口県光市で当時23歳の母親と僅か11ヶ月の女児が殺され母親はさらに死後に陵辱を受けるという目を背けたくなる事件があった。犯人は犯行の4日後逮捕されたが、成人であれば当然死刑判決以外下りようが無いのところ、一審二審共に犯人が18歳だということで無期懲役刑という不条理極まる判決が続いた。
 そして今日、上告審判決が下った。

光市母子殺害:無期懲役を破棄、審理差し戻し 最高裁

 山口県光市で99年に母子を殺害したとして、殺人罪などに問われた当時18歳の元少年(25)の上告審で、最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長・上田豊三裁判官代読)は20日、死刑を求めた検察側の上告を認め、広島高裁の無期懲役判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。判決は「無期懲役の量刑は甚だしく不当で、破棄しなければ著しく正義に反する」と述べた。最高裁が無期懲役判決を破棄・差し戻したのは99年以来、3例目。差し戻し後に死刑が言い渡される公算が大きくなった。
 少年法は18歳未満の被告に死刑を科すことを禁じており、事件当時18歳と30日だった元少年への死刑適用の是非が問われた。1、2審は「死刑を検討すべき事案」としたうえで、最高裁が83年に永山則夫元死刑囚(97年に執行)に対する判決で示した基準に沿って死刑適用の是非を検討。殺害行為に計画性がないことに加え▽前科がない▽発育途上にある▽不十分ながら反省の情が芽生えている--ことなどから更生の可能性があると判断し、死刑を回避した。
 しかし、第3小法廷は殺害の計画性がない点について「強姦目的を遂げるために殺害行為を冷徹に利用しており、特に被告に有利な事情とは言えない」と判断。更生の可能性についても「罪の深刻さと向き合っていると認めることは困難で、18歳になって間もないという点も、死刑を回避すべき決定的な事情とは言えない」と指摘した。そのうえで「1、2審が酌量すべき事情として述べた点だけでは、死刑を選択しない理由として不十分で、量刑を維持することは困難」と結論付けた。
 また、遺体の状況から「殺意がなかった」とする弁護側主張についても「1、2審の認定は揺るぎなく認められる」と退けた。差し戻し審で被告に有利な新事情が認められない限り、死刑が言い渡される可能性が高い。
 今回の判決は、下級審の量刑に影響を与えそうだ。
 1、2審判決によると、元少年は99年4月14日、光市の会社員、本村洋さん(30)方で、妻の弥生さん(当時23歳)を強姦目的で襲い、抵抗されたため手で首を絞めて殺害。傍らで泣き続けていた長女夕夏ちゃん(同11カ月)を床にたたきつけたうえ絞殺した。

 ▽被告の弁護人、安田好弘、足立修一両弁護士の話 殺人及び強姦致死は成立せず、著しく正義に反する事実誤認があり判決は不当。2審の量刑判断を誤りとした点も(判例の)死刑適用基準を大きく逸脱し、死刑の適用を積極的に認めようとするもので不当だ。

 ▽山本修三・最高検公判部長の話 検察官の主張を是認した適正妥当な判決。引き続き差し戻し審で迅速・的確な公判遂行に万全を期したい。

--------------------以上引用-------------------

 今回の判決は当たり前であろう。何の罪もない母子を冷酷無惨に殺したのに実質10年程度で仮出所可能な「無期懲役」では社会正義に著しく反する!最高裁で原判決を破棄し死刑を言い渡しても良いぐらいである。
 また最高裁から原告のエロ餓鬼についた弁護士が出廷をサボったりトンデモナイ内容の記者会見をやったり、全くはらわたが煮えくり返る思いであった。
 差し戻し審でこのエロ餓鬼に一刻も早い死刑判決が下り地獄に堕ちるのを望むばかりである。








※今回のエントリーの引用記事をそのまま掲載することについて正直迷いがあった。なぜなら被害者の方は実名であるのに加害者の鬼畜元少年は「元少年」ということで実名が伏せられているからである。そのため実名部分を削ることもよっぽど考えたが、あえてそのままにしてある。それはとかくこの国は「加害者の人権」ばかりが尊重され「被害者の人権」は無視されることが多すぎるからである。特に少年犯罪においてはその傾向が強いと言わざるを得ない。せめてこのような卑劣勝つ破廉恥な重大犯罪を犯した者については、年齢を問わず実名報道すべきだと思う。
 これに意見のある方は是非コメントを戴きたい。

 最後に被害者の方のご冥福を心よりお祈りするものである。
2006.06.20 Tue l 犯罪 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 マンションなどの耐震偽造が発覚して半年以上。遂にというかようやくというか、この日が遂にやってきた。

ヒューザーの小嶋社長、詐欺容疑で逮捕 耐震偽装事件

≪木村社長ら2人再逮捕≫

 耐震強度偽装事件で警視庁と千葉、神奈川両県警の合同捜査本部は17日、神奈川県藤沢市のマンション「グランドステージ藤沢」をめぐり、耐震強度の偽装を知りながら売買契約を結んだ男性から購入代金をだまし取ったとして、詐欺容疑でヒューザー(東京都大田区、破産)社長、小嶋進容疑者(52)=同区=を逮捕した。
 また、奈良市の「サンホテル奈良」をめぐり、偽装を知りながら工事代金の一部を受け取ったとして、詐欺容疑で木村建設の社長、木村盛好(74)=熊本県城南町=、元専務の森下三男(51)=熊本県八代市=の両容疑者を再逮捕した。
 元一級建築士、姉歯秀次容疑者(48)の構造計算書偽造に始まった一連の事件は、発覚から半年で「本丸」と位置付けた詐欺容疑の立件で最大のヤマ場を迎えた。
 合同捜査本部は今後、マンション販売や工事代金の受け取り、偽装認識の経緯について小嶋、木村両容疑者らを追及する。3人とも「知らない」と容疑を否認しているという。
 東京地検は同日、建築士法違反ほう助の罪で姉歯容疑者を起訴するなど、4月に逮捕した8人のうち5人を起訴した。
 姉歯被告と木村建設の元東京支店長、篠塚明被告(45)=建設業法違反の罪で起訴=は詐欺への関与は薄いとみられる。合同捜査本部は今後、耐震強度を偽装した建築基準法違反容疑について両被告を追及する。
 調べでは、小嶋容疑者はグランドステージ藤沢の耐震強度が低いことを認識しながら昨年10月28日、同マンションの売買契約を結んでいた男性にその事実を告げないまま、代金5千数百万円をヒューザーの口座に振り込ませ、だまし取った疑い。
 木村容疑者らは昨年11月7日、サンホテル奈良の耐震強度が不足していることを認識しながら、ホテルオーナー側から工事代金の約3分の1にあたる約2億2500万円を木村建設の口座に振り込ませ、だまし取った疑い。
 うち約2000万円が同ホテルを開業指導した総合経営研究所(総研、東京都千代田区)にコンサルタント料名目で渡っており、合同捜査本部が関与を調べる。
 姉歯被告が構造計算書を偽造した98棟のうち、木村建設は56棟で建設工事に関与。また、ヒューザーが東京都、埼玉、千葉、神奈川県内で建設したマンション26棟も含まれていた。

--------------------以上引用-------------------
 ようやく4悪(内川、小嶋、木村、姉歯)のうち3人目が逮捕されたか!これで残るは内川のジジイだけである。そうそう、民主党の自爆で忘れ去られているが自民党の伊藤公介の口利き疑惑もあったな。それもハッキリさせないといかんな。
2006.05.17 Wed l 犯罪 l コメント (0) トラックバック (1) l top
 正直言ってσ(^^)はここ最近の「韓流ブーム」とやらには全く興味がないし、「ヨン様」等とか言ってマスゴミに踊らされている連中みたいは、アホそのものだと思っている。しかしもっとイヤな「韓流」があるようである。

新「爆窃団」は韓流? 本国摘発逃れ日本へ 被害5億円

 東京を中心に昨年から全国で相次いでいる「壁を破る」手口の窃盗事件は、韓国人窃盗団による犯行の疑いが強いことが分かった。日韓警察当局の情報交換で浮上した。壁を破る事件は「爆窃団」と呼ばれる中国系窃盗団により、平成四年ごろ多発。今回も中国人グループが活動を再開したとみられていたが、警視庁など警察当局は、韓国人グループの新「爆窃団」が日本で暗躍しているとの見方を強めている。韓国でのITバブルの崩壊による不景気や取り締まりの強化から、日本が狙われているようだ。
 ビルの外壁に穴を開けて店内に侵入、ショーケースや金庫にある腕時計や指輪を根こそぎ奪う手口の事件は昨年四月以降、都内で有楽町や上野で相次いだほか、広島市や兵庫県姫路市、岡山市、福岡市など全国の貴金属店で起きた。
 今年も有楽町で一月に未遂事件があったほか、福島県郡山市の貴金属店や神奈川県相模原市の量販店、川崎市のデパートなどで発生。手口から警察当局が同一犯の疑いがあるとみている「壁破り」は、全国で十五件以上、被害額は五億円を超える。
 警視庁は昨年、有楽町の近接する貴金属店で被害が立て続けに出たことから、平成四年ごろに続発した爆窃団が“復活”したとみて、警察庁などを通じて中国や香港など周辺の警察当局に窃盗団の入国がないか照会を進めたところ、韓国で同一手口の事件が三年前から多発していたことが、韓国警察当局からの情報で判明。同一手口の窃盗団のメンバーが過去、日韓を往復していた事実や、入国時期が日本での被害と一部一致していることも分かった。
 また今年一月、有楽町で起きた事件で現場に残された足跡は、広島市や姫路市の現場で昨年、採取された足跡と類似していたが、有楽町の翌日、銀座の宝石店のガラス戸が壊され、指輪など百五十点が盗まれる全く手口の異なる事件で現場の足跡が有楽町と一致。一連の壁の穴開けでも、油圧ジャッキのほかドリルを使ったケースや換気扇を狙うなど、油圧ジャッキを多用していた香港の爆窃団と比べて手口に統一性がない。
 こうしたことから警視庁などは、新しい「爆窃団」は取り締まり強化などで日本に「市場」を移した韓国人グループの疑いがあるとみている。
 韓国では、ここ数年の景気低迷や富裕層のカード所有が徹底し、多額の現金を持ち歩かなくなっているため、窃盗団は犯行がしにくくなっているという。
 密入国によるすり団の日本への流入も多いが、韓国の警察筋は、「日本人は警戒心が薄く、一回の犯行で稼げる額が大きいため、標的にされている」と指摘している。

--------------------以上引用-------------------

 ま~たく日本にとって朝鮮半島の存在なんてウザイだけだな!人の領土を不法占領しておいて「ウリ達の固有の領土ニダ」等と抜かす一方で犯罪者を輸出するとは・・・。そう言えば先日北鮮の手先として捕まったやつも韓国籍だっけ。
 しかし、「日本人は警戒心が薄く」なんて余計なお世話じゃ!そもそも不法外国人、特にシナ人と南北朝鮮人の犯罪者を一掃すれば我が国の治安もかなり回復するんじゃないのか?その意味でそれらの国に対するビザ免除なんてトンデモナイ話だし、取締りももっと強化すべきであろう!

2006.05.15 Mon l 犯罪 l コメント (0) トラックバック (0) l top